北海道で出合った夏の野鳥たち
 蒸し暑い夏の日が続きます。そろそろ、シギチの本格的な渡りのシーズンですが今年は少なく出かける気がしません。8月も最後で北海道の野鳥特集もいつまでもやっているわけにもいかず、締めくくらなければなりません。
 今回の北海道旅行は現地にまるまる6日間でしたが、天気に恵まれず、時期的にも草原の鳥は少し遅かったものの、私にとっては満足いく旅になりました。サロベツ原野から宗谷岬を経てオホーツク海沿いの海岸線を南下するルートで、途中、大雪に寄り道しましたが最後は根室に到達しました。完全に天気にまわせてマイペースで回りましたが、毎年7月のこの時期の北海道は天候が安定するはずですが梅雨のような天気で雨具と長靴の出番が多くなりました。今回は、それぞれの写真でのコメント形式にまとめています。
(撮影日:11年7月10日~15日)

オオジシギ(Latham’s Snipe)
記念撮影みたいになりました。ここでは4羽があの独特なディスプレイフライトを繰り広げていました。
d0099854_2156066.jpg


アカエリカイツブリ(Red-necked Grebe)
この時期は木道のすぐ脇で抱卵していました。抱卵の交代時には毛を逆立て、鳴きあい、独特な儀式が行われます。
d0099854_2255085.jpg
d0099854_226035.jpg


オオタカ(Northen Goshawk)
アカエリカイツブリの営巣していた場所の近くを飛んでいました。急降下して小鳥を襲っていましたが失敗していました。アカエリカイツブリの雛が無事であることを願います。
d0099854_223941.jpg


ホオアカ(Chestnut-eared Bunting)
エゾカンゾウをバックにはるか遠くでさえずっていました。
d0099854_225156.jpg


ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)
シオマオジを待っていたら、いきなり飛んできた夏羽のベニマシコは鮮やかな赤い鳥でした。いままで冬羽はお目にかかっていますが、今回は濃い赤が印象的でした。
d0099854_2294130.jpg


チュウヒ(Eastern Marish Harrier)
関東では冬鳥のチュウヒも北海道では夏鳥です。エゾカンゾウの上を堂々と飛び獲物を狙っていました。
d0099854_22125325.jpg


コヨシキリ(Black-browed Reed Warber)
ご存知!草原のジャズシンガー 賑やかに元気に歌っていました。

バン(Common Moothen)
早朝の沼で、水草の上を走ってました。
d0099854_22164297.jpg


カワラヒワ幼鳥(Orienntal Greenfinch)
幼鳥のカワラヒワが雨の中、親が運んでくる餌を待っていました。きつい顔のカワラヒワも幼鳥はマイルドです。
d0099854_221922100.jpg


ヒバリ(Eurasian Skylark)
晴れた日にヒバリは騒々しいぐらいに飛びながらさえずります。いろいろなところで見かけました。早朝の木道では餌をくわえていました。
d0099854_22223769.jpg


オジロワシ(White-tailed Eagle)
通年を通して見られますが、今回はあまり出会えませんでした。冬に期待したいです。
d0099854_22242598.jpg


タンチョウ(Red-crowned Crane)
北海道の代表的な野鳥、タンチョウです。今回の目的ではありませんでしたが、やはり撮っておかないわけにはいきません。運転中、道路脇で見かけてあわてて車を止めて撮りました。
d0099854_22271837.jpg

こちらのペアは、海岸沿いの湿地の奥深くまで探して撮りました。
d0099854_2228274.jpg


 夏の北海道でもまだまだ出会えていない鳥がたくさんいます。森林性のクマゲラ、ヤマゲラなどキツツキ類や鳥ではありませんがナキウサギです。今回、これらも撮りたかったのですが、それは無理というものです。魅力的な野鳥の楽園「北海道」ですが今度は冬に訪ねてみたいです。
[PR]
by harada5550 | 2011-08-30 21:46
<< 休耕田の水鳥たち(チュウジシギ... 大雪の野鳥(ギンザンマシコ、カ... >>