沖縄のやんばるにてアカヒゲ
d0099854_18114518.jpg  「やんばる固有3種」の最後はアカヒゲです。アカヒゲも国の天然記念物です。
 アカヒゲは今回、3種の中でもっとも撮りやすいと思っていましたが、これがなかなか手ごわいのです。遊歩道や林道でさえずるのですがだいたい一度だけ。見つけても薄暗い藪の中。自然のままのアカヒゲはなかなか姿を撮らしてくれません。さえずらない場合もありました。そういう時はいきなり目の前に出てきます。遊歩道上のミミズを採餌しているときは、そっちに気が集中しているのか、多少長く見られるときがありました。
(撮影日:2013年6月22日~23日 国頭村)

 アカヒゲ(Ryukyu Robin)
沖縄本島には亜種ホントウアカヒゲが棲息します。英名はRyukyu Robinで、沖縄のコマドリといったところです。アカヒゲ(正確には亜種アカヒゲ)の学名がE.k.komadoriで、本当のコマドリの学名がE.a.akahigeと間違ったまま登録されていることもよく知られています。なかなか直す機会がないんでしょう。

 



 このときも一度だけさえずり、探していたらいいところに止まっていました。ただしこちらを振り向かずに飛んでしまいました。
d0099854_18174684.jpg

 さえずりが聞こえたので探してみたら真横の藪の中。羽づくろいしていて長い間見られたのですが、枝が被って撮れる状況ではありません。あまりに長い時間羽づくろいしているので、こっちも無理やり撮ってみたら顔だけ被らずに撮れました。亜種アカヒゲの額が黒いのに対して、亜種ホントウアカヒゲは額も赤茶色です。
d0099854_18211483.jpg


 メスタイプと思われる個体が目の前のロープに止まりました。遊歩道のミミズをねらっていました。
d0099854_1824369.jpg
d0099854_1824925.jpg

 
  餌を食べたあとは私の目の前の枝で羽づくろい。観光客がやってきて飛ばれました。
 
d0099854_18255017.jpg


 辺野喜ダムの周辺でノグチゲラを探していると、突然アカヒゲの鳴き声が。谷川の枝に止まってました。
d0099854_18274222.jpg
d0099854_1827531.jpg


 沖縄の陽射しは強烈です。台風一過で夏至の日の沖縄は写真を撮る条件としてはかなり辛いものがありました。アカヒゲもカメラマン泣かせで辛い条件のところばかりに出てきてくれました。
[PR]
by harada5550 | 2013-07-07 23:52
<< 夏の湘南の野鳥(アオバト、サン...  沖縄のやんばるにてノグチゲラ >>