<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ニッコウキスゲとノビタキ
昨年から継続中の花とノビタキシリーズもそろそろ終盤。
昨年秋のコスモス、今年の新緑、そしてレンゲツツジ、今回はニッコウキスゲです。
天気が心配でしたが、おもい切って高原へ出かけてきました。
撮影中の突然のにわか雨にはまいりましたが、朝から夕方まで一日涼しい高原ですごせました。
多数のカメラマンがいましたがほとんどの方が風景写真か花のマクロ写真。大判カメラをもった本格的な方もちらほら。
大勢の観光客にとっても大砲を持ったカメラマンはめずらしいのか、多くの方に話しかけられました。
野鳥目的のカメラマンはごく少数。名古屋からいらした野鳥カメラマンの方と意気投合し
陽が暮れるまでニッコウキスゲとノビタキを楽しませていただきました。

ニッコウキスゲの中にノビタキが埋まっています
d0099854_1354284.jpg
d0099854_1355796.jpg
d0099854_136811.jpg
d0099854_13812.jpg
d0099854_1381046.jpg
d0099854_1381960.jpg


今年の幼鳥でしょうか?
d0099854_1382940.jpg


ノビタキのクロとニッコウキスゲが似合います。
d0099854_13838100.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-07-29 11:18
雨上がりのサンコウチョウ
 雨上がりの昼下がり! サンコウチョウに会いに渓谷に行ってきました。
天気予報のとおりに朝のうちは雨でしたが、10時ごろからやみはじめて、遅くなってしまったものの近所ということもあり出かけてみました。
距離にして7~8キロ。それなのに現地に着いたらまだ雨。しかもその雨の中、既に先客が5人ほどいらっしゃいました。熱心なことだと感心したものの自分もその一人かと自問自答の中、サンコウチョウがやってきました。
雨上がりの渓谷。雨のしずくと木漏れ陽。渓流からあがるモヤ。そんな、とても幻想的で美しい風景。そこにサンコウチョウは現れました。撮影機材にとっては非常に厳しい環境でしたが、梅雨の末期の雨上がりの緑の中、思い切り深呼吸すると日ごろの疲れもとんでしまいますね。
巣作り中のコゲラと今は脇役のオオルリにも会えましたので掲載します。

陽がさす前の枝どまりのサンコウチョウ
d0099854_2158370.jpg


雨上がりの木漏れ陽の中の撮影。あわてて露出補正を大きく上げてみました
d0099854_2159671.jpg


こちらは逆光気味の中、厳しい写真です。
d0099854_2283288.jpg


あのすばしこいコゲラがめずらしく枝先で動きません。
d0099854_2232775.jpg


枝の下に作りかけの巣があったんですね。
d0099854_226854.jpg


すっかり脇役のオオルリ。でもきれいにさえずっていました。
d0099854_22123029.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-07-22 22:20
オオモズ?かと思ったら「高原モズ」でした。
せっかくの三連休。
どこに行こうか候補地を決めていたのにあいにくの雨です。
台風の予想進路にもあたり今後の天気は期待できそうもありません。
さて、そんな雨の中、いままで撮った画像を整理していたら、先日の高原で撮ったモズがいつもの「タダモズ」と違います。
頭が灰色です。先日撮ったチゴモズか・・・・・・と思いましたが、羽も灰色です。
もしやと思って図鑑で調べたら「オオモズ」に似ています。しかしオオモズは冬鳥でしかも北海道でまれに見かけるとのこと。
標高1500m以上とはいえ夏の本州で見られるわけないと思い、ネットで検索してみるとどうやら俗称「高原モズ」という「タダモズ」みたいです。
「高原モズ」とは平地で早い時期に繁殖したモズがときどき高原で2回目の繁殖をおこない、そのときからだの色が灰色になることがあり、
この灰色に変色したモズが俗称「高原モズ」と呼ばれています。
先日のチゴモズといい、今回の高原モズといい、モズにも奥深いものを感じますね。
いつか本モノの「オオモズ」を撮りたいです。

●遠くにいつものモズがいます。(距離にして40m近く)
 しかし、どこか「タダモズ」とは違います。 

d0099854_2141056.jpg

d0099854_21412445.jpg

●でも頭が灰色ですね、羽も灰色、チゴモズではないですね。
d0099854_21425522.jpg

●レンゲツツジをバックに写してみました。俗称「高原モズ」だそうです。
d0099854_21444088.jpg

今後、まずアカモズから、そのうちオオモズ、オオカラモズと順々に撮っていきたいです。
[PR]
by harada5550 | 2007-07-14 21:54
ブッポウソウ
この鳥も前から撮りたいと思っていました。
今日の梅雨前線は西日本では活発でしたが、
ここでは、何度かポツリポツリきたものの何とか最後までもってくれました。
これから夏本番を迎える梅雨の末期。例年だとあと10日あまりで梅雨明けですが今年はどうでしょうか。
さて、ブッポウソウは今が子育てのピーク、食欲旺盛な雛に親鳥が一所懸命、しきりににエサを運んできます。
この鳥は夏鳥として南方から渡ってきて日本で繁殖します。
そんなところを撮らせていただきました。
かつては日本の里山で数多く見られたブッポウソウ。
最近は数が減って日本各地で保全や保護する動きが見られます。
いつかは数多くのブッポウソウが夏空に美しく羽ばたくことを期待したいものです。

●朝のうちは枝にとまる回数も多く、エサもくわえていません。
d0099854_032337.jpg


●気温が上がってエサとなる昆虫の動きが活発になる雛へのエサやりが始まりました。
(連続写真ではありません)
d0099854_0341313.jpg

d0099854_035348.jpg
d0099854_0354452.jpg
d0099854_0355223.jpg
d0099854_03607.jpg


●青緑色の美しいブッポウソウ。夏空に雛とともに羽ばたく姿に期待します。
d0099854_036894.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-07-08 23:52