<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ジョウビタキ 冬鳥の季節になりました
 つい先日、キビタキとオオルリを掲載しましたが、各地から冬のヒタキであるジョウビタキの目撃情報が聞かれるようになりました。季節は確実に冬に向かっていますね。
 ここ数日、昨年同様、旅の途中で首都圏を通るノゴマやムギマキなどを捜し求めましたが、撮ることができませんでした。これらの鳥はよほど熱心に探さないと、そんなに簡単に写せるものではないですね。来年の今頃、また探してみようと思います。
 少し気落ちしたのですが、気を取り直してジョウビタキを撮りに向かいました。そこでは元気に夏を過ごしてきたジョウビタキのオスに出会えました。冬になれば我が家の庭でも見られたジョウビタキも久々に会えると思わず、「久しぶり、今年もよろしく」と声をかけてやりたくなります。

久々に会えたジョウビタキオス
d0099854_2342638.jpg

石の上でたたずむジョウビタキオス
d0099854_2124478.jpg

オスとは別の場所ですが、ジョウビタキメスとも会えました。
d0099854_21254440.jpg

ジョウビタキオス 枝でたたずむ
d0099854_21274688.jpg

なんとキビタキオスも同じ場所に居ました。昨年や一昨年よりも遅くまで居ると思います。
d0099854_21313633.jpg

同じくメスです。そろそろ旅立ちでは? 温暖化のために遅くなっているのか?
d0099854_21332374.jpg

見返りも凛々しいジョウビタキオス これからの季節!よろしくネ!

d0099854_21425761.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-10-28 21:43
ツツドリ
 秋の渡りの季節。ツツドリはこの時期になると必ず話題になる鳥ですね。
 夏鳥として山地の森林に飛来し、秋は市街地へ降りてきます。この時期、市街地の樹木はエサとなる毛虫が豊富。今日のツツドリはこの毛虫が食べ放題。しかもまったくのマイペース。ほとんど警戒心がなくいきなりバードウォッチャーやカメラマンの目の前にも飛んできたりします。そのためなかなか撮影しにくいカッコウやホトトギスなど同じ仲間のなかで一番ジックリ撮影できるのはこの鳥です。
 昨年も毛虫がボロボロ落ちてくる森でこの鳥を撮ったのを思い出しました。エサが豊富すぎて渡らなくていいのかとも思いましたが、余計なお世話でした。
 今年のツツドリもお腹いっぱい食べて渡っていくんでしょうね。

色づいた樹木の中で
d0099854_250390.jpg


青空をバックに
d0099854_2505656.jpg


目の前にトンボがいても興味なし
d0099854_2515486.jpg


やっぱり毛虫じゃないとね
d0099854_39116.jpg


満腹だ! 少し体でも動かすか 
  (おいおいでもそんなに近づくな。ノートリじゃないか)
d0099854_393136.jpg



やわらかな秋の夕陽の中で
d0099854_395441.jpg


[PR]
by harada5550 | 2007-10-21 22:28
秋のヒタキ類
 この時期になると、毎年、キビタキやエゾビタキが撮りたくなりいつもの場所に出掛けます。
昨年はエゾビタキがほとんど見られなくて残念でした。今年は昨年より多いのですがいいところにとまってくれません。
 そのかわりにオオルリの若が登場。ここでははじめて見ました。羽のいろは見事な青ですが頭はメスとかわりません。そのうちに青くそして顔は黒くなるんでしょうね。
 キビタキもオスも若と成長が両方、お出ましです。特に成長は綺麗な個体でした。胸から腹にかけての黄色の濃さの違いがはっきりわかりました。
 そろそろ夏鳥も終わりです。この夏のヒタキ類も南に渡っていきます。それと入れ替わりにルリビタキやジョウビタキなどのツグミ科の冬のヒタキ類が登場するのもあと少しです。

キビタキ若、胸の黄色が薄め
d0099854_22301974.jpg

キビタキ若、色づき始めた葉っぱの中で
d0099854_2231947.jpg

キビタキ若、突然目の前に
d0099854_22314059.jpg

キビタキ成長、きれいな個体でした おなかの黄色がちがいます
d0099854_22321168.jpg

エゾビタキ、葉がかぶってしまいました。
d0099854_22382892.jpg

エゾビタキ、遠慮気味に地面の枯れ枝どまり
d0099854_22325591.jpg

オオルリ若、メスかと思えば羽が青い
d0099854_22332323.jpg

オオルリ若、成長してきれいな青になるんでしょう
d0099854_22334388.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-10-14 22:48
畑の中のノビタキ
 今年はノビタキをテーマに4回ブログの記事を作りましたが、いずれも春や夏の高原で、繁殖期に撮影したものでした。そんなノビタキも秋になると平地に降りてきますね。今回は畑の中のノビタキを撮りに行きました。
 本当はコスモス畑とノビタキを撮りたかったのですが、近くの別の畑が定宿(テリトリーではないと思いますが・・)らしくなかなかコスモス畑には来てくれません。たまにやってくるとエサの虫が地面にいるためか、いきなり急降下しコスモスの群落の中へはいってしまいます。その後はなかなか出てきません。やっと出てきた!と思ったらそのままいつもの畑に飛んでいってしまいます。
 コスモスはあきらめてソバやサトイモの畑にいるノビタキを撮ってみました。撮ってみるとこのノビタキという鳥は意外と里山の風景とマッチすることに気がつきました。昔からヒトに近くにいるためか、「野良犬」「野良猫」と同じように「野ビタキ」という名前がついたんでしょうか?(ノビタキ君ゴメン!ゴメン!)

ソバ畑をバックにサトイモの大きな葉にのるノビタキ
d0099854_1827729.jpg

ソバ畑の切り株のノビタキオス。冬羽になりかけています。
d0099854_18303684.jpg

たまにソバにもとまります。
d0099854_1832281.jpg

害獣よけの網のさおの上で
d0099854_18335893.jpg

ハイビスカスに似たオクラの花にもよくとまります。
d0099854_1834526.jpg

キクとソバを背景に
d0099854_1836756.jpg

キク畑のノビタキオス
d0099854_1837207.jpg



(番外)
ノビタキの代わりに「元祖ヒト里の鳥」である「スズメ」がコスモスにとまってくれました。
気分だけでも・・・・!?  やっぱり少し厳しいですかね。

d0099854_18443378.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-10-08 18:50