<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
森林公園にて(ムギマキのはずが・・・・)ゴジュウカラ
 今週末は天気を期待していたのですが、金曜日の予報からあやしくなって結局、曇りか雨になってしまいましたね。そろそろ秋の高原でムギマキが撮れる頃かと期待していました。まえまえから土曜日には行こうと思っていましたが、事前情報を集めてみると「今年はダメだ!」とのこと。なんでもツルマサキの赤い実が熟するのが遅れてムギマキが通過する時期とタイミングが合わず、すでに抜けてしまっているような状態だとか。まあ、それでもとにかく行ってみようかと思い午前3時出発で出かけてみました。
 現地着7時半。すでにかなりの車が駐車場に止まっていました。中には知合いのカメラマンと思われる車も止まっています。ツルマサキポイントに向かうとまず出迎えてくれたのは何とサルの群れ。まだ紅葉見物の観光客もほとんどいないためか我が物顔で木の実を食べていました。ツルマサキポイントに着くやいなや、今度はエナガを中心としたカラ類の混群が出迎えてくれました。中にはアカゲラ、アオゲラ、コゲラなども混じっておりかなり大きな混群でした。このときは「期待できる」と思い双眼鏡で鳥を追っているだけでした。カメラマンは10人ぐらいでしょうか。なんとその中の一人がムギマキのワカを撮っていました。今の混群に混じっていたみたいです。それから混群を待つ長い一日が始まりました。
 結果はタイトル通りムギマキは撮れず。その他の小鳥もゴジュウカラばかり。たまに来るマミチャジナイ、アカゲラやアオゲラも空抜けどころかシルエット。10時頃にもムギマキオスの成長を撮った人が一人いましたがそれ以降も結局ダメでした。おまけにほぼ丸二年使用しているD300が調子不良。せっかくのシャッターチャンスにエラー表示でシャッターが切れません。予備でもってきたD70sに切り替えての撮影でしたが、お目当ての鳥が出てこないのではどうしようもありませんね。

ゴジュウカラ この日は主役でした。まあ、これもあまり撮れる鳥ではありませんので良しとしましょう。
d0099854_19215283.jpg

ゴジュウカラ 秋の森林公園の雰囲気が出てると思います。
d0099854_19242196.jpg

イナバウアー(もう既に死語かもしれませんが・・・)です。
d0099854_19244749.jpg

もう一枚 イナバウアー
d0099854_19333575.jpg


これではさびしいので、ここから未公開のムギマキの在庫写真を4枚。
季節は春でした。秋のムギマキはないので季節的には合わないのですが・・。ご了承ください。

ムギマキ ツルマサキの実とコレ!の組み合わせが目的でした!
d0099854_19295178.jpg

d0099854_19313344.jpg

d0099854_19315347.jpg

d0099854_19321566.jpg


 今年の秋のムギマキの時期は終わったようです。来年の春秋の渡りに期待しましょう。
 ムギマキの英名は Mugimaki Flycatcher だそうです。何と学名もFicedula mugimakiだそうで、秋の麦蒔の時期に日本を通過することが名前になっています。夏は中国北東部やシベリア南部で繁殖し冬は東南アジアに渡り、その通過するわずかな期間の日本での名前「ムギマキ」が英名や学名になっているのも興味深いものですね。
[PR]
by harada5550 | 2009-10-25 19:19
山の水場にてヒタキ類
 今週末の日曜日はすがすがしい気持ちのいい日でした。この時期は一年のうちでもっとも過ごしやすい時期ですね。そんな日に久しぶりに山の水場を訪ねてみました。目的はエゾビタキです。やっぱりこの時期になるとエゾビタキを撮っておかなくては!と思います。今年はエゾビタキを舳倉島でも撮りましたが、曇天の空抜け。先週のマミチャポイントでも、いたのですが日没でアウト。ならば定番ポイントで!ということで、時期的には少し遅いのですが「何とかなるだろう!?」と思い出かけました。
 現地に着いて驚いたのですが、水場のすぐ横に地デジの中継局の建設工事をしているではないですか。かなり立派な施設で野鳥に影響が無いか心配でした。さて、ここはメジャーポイントのせいか、朝7時前に着くとすでに多くの方がカメラを構えていました。しかし、待つこと1時間。カラ類すらやってきません。さずがに待ちくたびれたころに桜の木の上の方にエゾビタキがやってきました。

エゾビタキ やっぱり秋の定番です。舳倉島もいいですがここで撮りたいです。
d0099854_17372183.jpg

d0099854_17404442.jpg


エゾビタキ 今回は空抜けでも秋晴れの気持ちのいい空抜けです。
d0099854_1739342.jpg

d0099854_17394914.jpg


キビタキオス 夏鳥のキビタキもそろそろ終わりですね。枝被りですがやっぱりオスは魅力です。
d0099854_17422062.jpg

お腹の黄色も、今年は見納めかもしれませんね。
d0099854_17425260.jpg

キビタキメス 地味ですが、これもうつろな瞳がかわいいです。
d0099854_17444456.jpg


ジョウビタキメス 何とこの時期にもうジョウビタキに会うことができました。
d0099854_17473926.jpg

ジョウビタキメス もうすぐ11月ですので居てもおなしくなかもしれません。オスもいたのですが撮れませんでした。
d0099854_17492165.jpg


アサギマダラ 渡りをする蝶として有名です。昨年、タカの渡りポイントで見ましたが、今日も盛んに栄養補給していました。これから渡るのでしょうか?
d0099854_17533986.jpg

目の前のいい場所でアザミに止まってくれました。盛んに蜜をすっていました。
d0099854_1825634.jpg


 エゾビタキとキビタキは予想していましたが、ジョウビタキが出てくるとは思いませんでした。(ジョウビタキはツグミ科ですが)夏、冬、秋のヒタキが一堂に会するのも面白いです。また、渡りの蝶の代表選手であるアサギマダラも撮れました。今日は渡っていく鳥、渡りの途中の鳥、渡ってきた鳥、渡っていく蝶と「渡り」を堪能することができました。
[PR]
by harada5550 | 2009-10-18 17:33
低山の森にてマミチャジナイ
d0099854_22254732.jpg 三連休は初日は少しぐずつきましたが、後半2日は秋晴れのとても爽やかな日でしたね。この連休は北アルプスの西穂高岳登山と近所の低山で鳥見、最終日は休日出勤と趣味と仕事を両方こなした休みになりました。
 鳥見ですが、秋の渡りの鳥がいるのではないかと思い、昨年もエゾビタキやコサメビタキを撮った県内の低山に出かけました。この日は午前中の出勤のため午後3時過ぎから日没までの短期決戦となりました。現地に到着して、「おそらくここだろう」と思って探していると、地元のBIRDERの方が、「今年は昨年より少し下の場所がいい」というので、双眼鏡だけもってついて行きました。キビタキ、エゾ、コサメなどのヒタキ類がさかんに飛び回っていました。マミチャもいるとのことなのでさらに期待して探していると、何かが枝の中で動きました。



マミチャジナイ メスか一年目の若鳥と思われます。枝が被った中でマニュアルでピントを合わせました。
d0099854_22313845.jpg

マミチャジナイ 西日が当たりはじめた午後遅くなって写真が撮れました。
d0099854_2232339.jpg

マミチャジナイ 前枝被りですが飛び出しです。
d0099854_2237450.jpg

マミチャジナイ いいところにとまってくれました。 ここから3枚同じ枝の写真ですが、枝被りも無くスッキリ撮れました。
d0099854_22433055.jpg
d0099854_22435972.jpg

d0099854_22553627.jpg

 マミチャジナイは旅鳥として日本にやってきますが、ちょうど今頃の10月上旬が一番多いそうです。オスと比較しメスは全体的に色が薄いとのことです。春の舳倉島でも見られて喜びましたが、秋に県内でマミチャジナイが見られるとは思いませんでした。


 さて三連休を利用しまたもや山に登ってきました。夏以来3回目になります。今回は北アルプスの西穂高岳です。
飛騨側の樹林帯(標高2150m付近)から見た槍ヶ岳です。朝は天気が澄み切っています。
d0099854_2363477.jpg

西穂山荘から稜線へ出て西穂高岳に向います。
d0099854_238640.jpg

稜線上からは遠くに乗鞍岳、近くに焼岳、遥か下には上高地大正池が見えます。
d0099854_2310142.jpg


d0099854_2311059.jpg 今年の無雪期の山のシーズンもそろそろ終盤です。この時期は麓は紅葉の時期ですが、尾根上の稜線ではすでに雪が降ったみたいです。この日も朝は冷え込んで霜が降りていました。
[PR]
by harada5550 | 2009-10-12 22:32
里山公園にてアリスイ・モズ
 週末土曜日の湘南地方ははっきりしない天気でした。朝起きてみると天気予報の予想に反して青空が広がっていました。ただしNHKの天気予報では午前中は雨が降るとのこと。天気はだいたい予想より前倒しでよくなることが多いと思いますのでこの日は山の水場に行こうと思いました。しかし、家で準備をして出かけようとしたらいきなり本降りの雨。さすが日本の誇る気象庁。天気を当ててくれました。午前中は断続的に雷のなる雨が降ったりやんだり。午後になりようやく止むかに思え、仕方がないので近くの里山公園に行きました。ここは冬になるとよく行くところでヤマシギやアオシギが毎年訪れることで有名です。
 ここの公園は夏鳥終盤のキビタキと渡りの途中のエゾビタキに期待したのですが、顔見知りの方によるとこの日は全くダメとのこと。かわりに早くもアリスイがはいっているということで、今年は随分早いなと思いながらも水車小屋前の定番スポットでカメラを構えることにしました。すると夕方、暗くなりかけてから・・・・。

アリスイ いいところに止まってくれました。
d0099854_2131144.jpg

アリスイ すぐに向きを変えて飛び立とうとしています。
d0099854_2153280.jpg

アリスイ 最初はこんなややこしいところにいました。
d0099854_225121.jpg

アリスイ 枝を上に方に上っていきました。
d0099854_2261230.jpg

モズメス この日はモズも高鳴きしていました。
d0099854_2233122.jpg

モズメス 秋の訪れを感じます。
d0099854_2293552.jpg

モズメス ここでも高鳴きです。
d0099854_2210928.jpg


 今年は、八月末からツツドリが見られたり、秋の渡りが早くも始まっていましたが、この時期のアリスイはかなり早いと思います。モズの高鳴きは秋の里山の風物詩としては定番ですね。

 さて、今週末の日曜日は相模原の米軍相模補給廠(ほきゅうしょう)にて東日本国際駅伝大会が開催され、会社の仲間と参加してきました。今年は6月にも米軍横田基地の駅伝に参加しましたが、そのときのほうがお祭り色が強く、今回は本格的なレースで場違いなところに来てしまったような気がしました。順位はともかくなんとかゴールすることができました。また、普段は入れない身近なアメリカを訪れることができました。
 携帯で撮った数枚のスナップを掲載します。なんと米軍基地であるためカメラ持ち込み禁止です。ただ不思議なことに携帯写真はOKだそうです!? 何が違うの?という感じです。

d0099854_22271947.jpgd0099854_22274770.jpg


d0099854_22282471.jpgd0099854_22284634.jpg
[PR]
by harada5550 | 2009-10-04 21:05