<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
休耕田にてケリ、アオアシシギ
 来週から9月だというのに暑い日が続きます。そのせいでしょうか。今年は秋のシギチの渡りが遅いような気がします。遅いうえに珍しい鳥が少ないといったほうがいいでしょうか。
 今日も県内の4箇所の水田を回りましたが、去年は休耕田であったところが軒並み作付けされていたり宅地開発されてしまっていたりしてシギチ棲息ポイントは確実に減ってきています。300mmF4レンズを付けたカメラを持って探した休耕田で見られたのはケリ、アオアシシギ、ムナグロ、コチドリ、イソシギ、チュウサギ、ツバメぐらいで。強い陽射しにも耐え切れず昼には帰途につきました。
 ケリとアオアシシギだけでは寂しいので、今回はGW(5/2)に撮ったものの掲載するタイミングをはずしてしまったツルシギとシマアジを載せてみます。

ケリ飛翔 毎年群れでいますが今年は撮っていませんでした。
d0099854_19272973.jpg

d0099854_19274725.jpg
d0099854_1928069.jpg

ケリ 実りつつある稲穂の上を飛びます。
d0099854_19331559.jpg

ケリ着地。警戒心の強いケリを割りと間近で見ることができした。
d0099854_19315535.jpg

アオアシシギ 1羽だけケリの中に混じっていました。
d0099854_19342667.jpg

d0099854_19345089.jpg

以上が本日の野鳥です。

以下、GWの5月2日に撮ったツルシギ夏羽とシマアジ繁殖羽を載せます。
ツルシギ夏羽 ブログに載せるタイミングをはずしていました。
d0099854_19382020.jpg
d0099854_19383437.jpg
d0099854_19385298.jpg

シマアジ繁殖羽 昨年のこの時期は非繁殖期のシマアジの写真を撮っていたのを思い出します。
d0099854_19411617.jpg

シマアジ オスメス仲良く一緒にいました。
d0099854_19414172.jpg


 毎年、8月の終わりのこの時期になると渡りのシギチに期待して三番瀬を訪れますが、今年は「これっ!」といった鳥が入ってきません。県内は休耕田自体が減っており野鳥の棲息環境自体が悪化しているように思われるのが残念です。
[PR]
by harada5550 | 2010-08-29 19:31
湘南の森にてサンコウチョウ
d0099854_2231029.jpg 今年は、彼の地のサンコウチョウにとって静かな子育てができたのではないでしょうか。数年前は新聞に載りBIRDERやカメラマンが殺到しましたが、春先に崖崩れがおこり、林道が寸断されしかも営巣時期も遅れ、場所もかなり遠かったため、訪れる人も少なく静かだったと思います。
 毎年4箇所程度の営巣を確認していますが、今年は2箇所でした。しかも1箇所は林道の入り口から1時間程度歩かなくてはなりません。例年営巣している場所の倍ぐらい山の奥です。営巣場所もかなり木の上でしたので写真を撮るには距離がありましたが、その分鳥にストレスを与えないと思え気楽に撮影できました。
 また、もう1箇所は、例年営巣している場所のすぐ近くで、短尾(尾の短い)オスの営巣が確認できました。ただし、尾が短いため人気がなくここはひっそりとしており多いときでも3~4名ぐらいしかいませんでした。
私が通ったのは林道を1時間ほど歩くポイントでここでは尾が長いものの片方が短いオスの個体が営巣していました。ここ数日は確認していませんが、無事巣立ってくれたことと思います。
(撮影日:6/13~7/4)



サンコウチョウオス ことしのオスは律儀でメスのほうがズボラでした。
d0099854_2243468.jpg

サンコウチョウオス 短尾のこのオスはたびたび現われ、営巣を邪魔しましたが自分でも営巣したようです。
d0099854_2261932.jpg

サンコウチョウオス ここから枚数が多いのでコメント抜きで掲載します。
d0099854_228156.jpg
d0099854_2281423.jpg

d0099854_2295753.jpg

d0099854_22101445.jpg

d0099854_22104028.jpg
d0099854_22112899.jpg
d0099854_2211474.jpg
d0099854_22122215.jpg


 ここのポイントを見つけたのは偶然でした。サンコウチョウが鳴いているので探してみると、木のはるか上で逆光の中ヒラヒラ舞っています。と、いきなり消えてしまうのです。メスが来てもいきなりどこかに消えてしまいます。その正体はそこで営巣しており巣の中に消えるのでした。
 ここの営巣場所のツガイはオスが生真面目でメスがズボラといったところでしょうか。抱卵時にオスはメスと入れかわるときに必ずすぐに代わりますが、メスはオスが出て行ってもなかなか巣に入りません。卵が冷めてしまうかと思いましたが・・。無事ヒナがかえり餌やりも確認できました。
 私も通ったのは1か月前まで出、巣立ちまでは確認しませんでしたが、無事巣立ってくれていることと思います。

少しだけ営巣写真を載せます
[PR]
by harada5550 | 2010-08-08 22:08
休耕田にてシベリアオオハシシギ
d0099854_051821.jpg 連日、暑い日が続いています。先週末は毎年この時期になると出会うことができるタマシギを探しに湘南の休耕田に行きましたが目撃情報はあるものの見つけることができませんでした。今夏のシギチは「ダメかな」などと思っていましたら、遠地の休耕田でシベリアオオハシシギの幼鳥が出ているとの情報。翌朝、急遽出動です。
 この日は、海岸でアジサシを探した後、そのあとその休耕田に向かうプランです。海岸では珍しいアジサシはいませんでしたが、ウミネコの第一回(すなわち今年生まれた)幼鳥がいました。全体に暗色で黒褐色が強く全く別の鳥かと思うくらいです。またコアジサシも例年より遅めの子育てを行っており雛のかわいい姿を見ることができました。
 さて、海岸での長居は禁物、お目当てのシベリアオオハシシギの場所に向かいます。ポイントに着くと知合いの方がおられました。「朝は居たのに、昼にオオタカが出て逃げてしまった」とか。その場所にはなんとツバメチドリがいますが、皆仕方なく、撮っているというかんじで完全に脇役になっていました。真夏の炎天下、長期戦を覚悟したところに別の休耕田にいるとの情報が・・・。急行です。
 ところが、その場所に着く飛ばれて、着地地点をおって、訪れるとまた、飛ばれて・・・。「こりゃ警戒心が強くて手ごわいぞ」と警戒していくと先ほどの元の場所に・・・。距離もあったせいか、鳥のほうも落ち着いて餌探しを始めました。

←シベリアオオハシシギ 幼鳥です。日本では非常にまれな旅鳥です。シベリア内陸部で繁殖し東南アジア方面に渡ります。比較的に間近で撮ることができました。



シベリアオオハシシギ 大きさはオオハシシギ(28cm)とオオソリハシシギ(39cm)の中間ぐらいの35cmです。
d0099854_0102632.jpg

特長はクチバシと足が長く黒いことです。
d0099854_094748.jpg

遠くに居たときの採餌中の写真です。距離は60mぐらいでしょうか。
d0099854_0334414.jpg

参考までに今春のオオハシシギ夏羽の写真です。クチバシは黒くて同じですが足が緑黄色です。向きがよくないですが特長がでています。
d0099854_034652.jpg

シベリアオオハシシギ 田圃の畦にのり上がりました。
d0099854_0152127.jpg

時間は夕方でした。この後、腰を落として寝てしまいそうでした。ネグラでしょうか。
d0099854_0163229.jpg

今日の脇役、ツバメチドリ。逆光でしたがこれだけでも儲けものです。
d0099854_0211389.jpg

他の場所でのツバメチドリ
d0099854_021587.jpg

この日に最初に訪れた海岸でウミネコ幼鳥(黒くてまるで別の鳥です)
d0099854_022454.jpg

コアジサシの親子 無事巣立ってくれるといいのですが・・・。
d0099854_0243747.jpg


 この日はもうひとつ、大きな目的がありました。最初に訪れた海岸に前日までコシジロアジサシがいたのです。同行のベテランバーダー氏がきれいに写真に撮られてました。そのため、タメ元でその海岸へ。居たら幸運でしたがそんなに簡単にはいきませんね。
 もっとも帰りの車中の雰囲気は、みんなでシベリアオオハシシギを間近で見ることができ、満足感に溢れたものになっていました。
[PR]
by harada5550 | 2010-08-04 00:04