<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
冬の農耕地にてハギマシコ
 冬鳥といえば赤いアトリ科の鳥を連想します。高原の農耕地には毎年、ハギマシコの大きな群れが飛来します。そんな期待を胸にポイントへ。ハギマシコは群れで飛びますのですぐにわかります。地上に降りたと思われる地点へ向かうと地面でさかんに餌をついばんでいます。車の窓から飛ばさないようにそっと望遠レンズを延ばします。気温はマイナス2度。フリースの手袋をしていても緊張感と寒さで凍えるような痛さを感じました。まずは地上の群れをゲット。その後、マニュアルフォーカスにし、ISO感度を上げて群れの飛びものを狙います。200羽以上の群れが飛んだ瞬間!シャッターを押し続けました。

ハギマシコ アトリ科の冬鳥で北日本に飛来します。雪が残る草地で餌をついばんでいました。
d0099854_18475248.jpg

こちらは雪の無い農地で。オスのほうが色が綺麗です。
d0099854_1849194.jpg

何かのタイミングでいっせいに飛び立ちます。
d0099854_18502185.jpg

アトリ科の鳥はマヒワ、アトリと大きな群れで飛びますが、ハギマシコも同じです。
d0099854_18512270.jpg

木の無いところでは電線にもとまります。
d0099854_18521495.jpg

木の枝に止まって警戒していました。が静かにしていると地面の餌場に降りてきます。
d0099854_18544656.jpg

雪の中で餌をついばみます。特長であるM尾がよくわかります。
d0099854_18562496.jpg



d0099854_18564917.jpgこの日のもうひとつの目的はフクロウでした。一昨年に二回撮っていますので夕暮れからその場所をまわりますが、今年は見当たりません。別の場所で遠くに見かけましたがすぐ飛ばれました。最後に行ったところは日没後。やっと見つけたフクロウは杭の上。ISO3200で撮りましたが、シャッタースピードは1/8秒。3枚撮ったらすぐに飛ばれました。フクロウは名残惜しかったですが、これ以上は無理です。時間は4時半、明かりの無い農耕地には暗闇が迫っていました。
[PR]
by harada5550 | 2010-12-18 18:52
農家にてホシムクドリ
 先日出かけた某所において柿の木がある農家にホシムクドリが出ているという情報を得ました。ポイントと思われる農家付近にムクドリと混じって3羽もいるということでした。時間は正午近くでしたが、とにかく行ってみました。が、ホシムクドリどころかムクドリもいません。柿の木に何か居る!と思いましたがツグミでした。
 仕方が無いので別の場所に行き、午後少し遅くなってから再度、行ってみることにしました。今度は農家付近の電線にただのムクドリが数羽来ていましたがホシムクではありません。しばらく待つことにしカメラをセットし、車の中に入っていると電線に何かが止まりました。ポツンと1羽止まったのはホシムクドリでした。

ホシムクドリ冬羽 電線どまりですが感激しました。
d0099854_19354153.jpg

柿の実を食べに柿の木に行くのですが、いいところに出てきてくれません。無理やり撮ったら顔だけ写りました。
d0099854_19382380.jpg

柿の木ではなかなか全身が撮れなくてもどかしいばかりです。
d0099854_19391529.jpg

全身を現したのは、電柱の碍子付近でした。ムクドリは電線が好きです。
d0099854_19403566.jpg


 この後、再び柿の木に止まりましたが、それからどこかに飛び去りました。日本ではホシムクドリは西日本に多いそうです。繁殖地は中東からヨーロッパで冬には南に降りてきます。4年前には我が家の近所の藤沢の畑に出て、そのときはあわてて原付バイクで撮りに行ったのを思い出しました。
[PR]
by harada5550 | 2010-12-04 19:35