<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
海岸にてアジサシ類とオグロシギ、ツバメチドリ
 北海道シリーズの連載中ですが、近況報告も!
 気がつくと7月も最終日になっていました。この時期、アジサシ類は雛が育ち早くも渡りの準備にはいり、干潟には多くのコアジサシが集結します。シギチも渡りの開始時期です。この日は数箇所の海岸沿いを回りました。コアジサアシ、クロハラアジサシ、オオソリハシギ、オグロシギ、メダイチドリ、コチドリ、ツバメチドリが見られました。

 アジサシ類は関東ではコアジサシのコロニーがいくつかあります。この時期、すでに雛が巣立ちヨチヨチ歩きで餌を親鳥にねだっていますが、飛ぶことはできます。雛はカメラを持った私が静かに低い姿勢で身構えているとどんどん近づいてきます。こっちがビックリして後ずさりするほどでした。コアジサシに混ざって夏羽のクロハラアジサシも2羽確認できました。

クロハラアジサシ(Whiskered Tern)
 夏羽のクロハラアジサシを身近で撮ることができました。砂浜に下りている場合は警戒心が強く、近づくと飛ばれます。このときは採餌のために同じ場所を何度も行き来して飛んでいるため、マニュアルフォーカスでアジサシに焦点が合うのを待ちました。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_16383662.jpg

d0099854_16393151.jpg


コアジサシ(Little Tern)
 幼鳥です。どんどん近づいてきます。足をよく見るとなんとバンディングされていました。関東ではポピュラーですがやはり絶滅危惧種のため、調査対象になっているのでしょう。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_16493684.jpg

こちらは成鳥の後姿
d0099854_16503546.jpg

潮が満ちてくると干潟の杭に上っています。
d0099854_16512449.jpg

d0099854_16515637.jpg


オグロシギ(Black tailed Godwit)とオオソリハシシギ(Bar tailed Godwit)
 7~8羽程度のオオソリハシシギの中にオグロシギが混じっていました。早くもシギチの渡りが始まっています。7月のこの時期は、繁殖に失敗した成鳥が渡り始め、今年の幼鳥や繁殖した成鳥はもう少し後で渡っていくそうです。
 オグロシギとオオソリハシシギは大きさはほとんど同じ(体長39cm)で、嘴がそっているか否かで見分けますが、英名ではBlack tailed とBar tailed の違いで尾でも見分けがつきます。通常、尾羽は風切羽の下に隠れていますので見にくいです。その他に、オグロシギは腹部上部に目だった縦縞がありますが、オオソリハシシギはありません。
(撮影日:2011年7月24日)
写真の左は夏羽の少し残るオグロシギ、右はオオソリハシシギです。
d0099854_17524694.jpg

これは二羽ともオオソリハシシギ
d0099854_1754593.jpg

オグロシギが貝をつまんでいます。
d0099854_1754497.jpg


ツバメチドリ(Oriemtal Pratincole)
この日は、ツバメチドリもお目当ての鳥でした。わくわくしながらポイントへ。向かってみるといま、飛んでいってしまったとのこと。しばらくすると2羽戻ってきました。ところが夏羽を期待していたのですが、すでにほとんど冬羽でした。昨年は5月でしたので夏羽だったのかと思います。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_21143931.jpg
d0099854_21145358.jpg

夏羽のツバメチドリ(撮影日:2010年5月2日)
d0099854_21163667.jpg


 北海道から帰宅後、翌週に関東の海岸を数箇所まわってみました。やっぱり確実に季節がかわっていることが実感できました。これからのシギチの秋の渡りに期待したいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2011-07-31 16:28
道北の草原の常連達-その2(シマセンニュウ、コヨシキリ、マキノセンニュウ)
 道北の草原にはムシクイ系の夏鳥も元気にさえずっていました。シマセンニュウ、コヨシキリ、マキノセンニュウ、エゾセンニュウです。特にシマセンニュウは北海道の夏鳥の代表格といったところです。ただし、見た目はやっぱりムシクイ系。鳴くか囀ってくれないと確信がもてません。テープレコーダーを逆早回ししたような囀り声を聞いて、尾の先端の白斑を確認するとようやくこれはシマセンニュウということになります。その点コヨシキリはわかりやすいです。「チョチョチョチョ、ビビビビ、ギョギョギョギョ、ガガガガ」と一部の人は草原のジャズシンガーと呼びますがとにかく賑やかです。一方のマキノセンニュウは秋の虫が鳴いているように「チリリリ、チチチ」とか細く繊細に鳴いています。そして一番鳴き声が大きいのはなんていってもエゾセンニュウ。「チョッピン、チピチョ」と下手なウグイスのように囀ります。ところがこれが見れないんです。囀り声は大きくいつでもわかるんですが姿は滅多に見せません。最後まで写真には撮れませんでした。

シマセンニュウ(Middendorffs Grasshopper Warbler)
意外と最初は出会えず、ベニヤ原生花園でやっと出会えました。力の限りの囀りです。
d0099854_22562578.jpg

d0099854_2257480.jpg

d0099854_22572115.jpg

d0099854_22574469.jpg


コヨシキリ(Black-browed Reed Warbler)
とにかく賑やかです。道北の草原にはどこでも居るという感じです。泣き声と黒い頭側線で見分けがつきます。
d0099854_23356.jpg

d0099854_2342546.jpg
d0099854_2343411.jpg


マキノセンニュウ(Lanceolated Warbler)
これはなかなか繊細な鳴き声です。初夏に秋の虫が鳴くわけがありません。虫のような声がしたらこの鳥がいるか可能性があります。この写真ははるか遠くで鳴いる証拠写真です。
d0099854_238318.jpg

と思いきや、いきなり目の前に出てきました。このときはあわてました。
d0099854_2383238.jpg


 コヨシキリは富士山の裾野など本州でも見られますが、シマセンニュウ、マキノセンニュウ、エゾセンニュウはやっぱり北海道ならではの野鳥です。
 今回は目一杯その囀りを満喫することができました。
(撮影日:2011年6月11日 7月10,11日)
[PR]
by harada5550 | 2011-07-27 22:53
道北の草原の常連達(ツメナガセキレイ、オオジュリン、ノビタキ)
 北海道シリーズ、まだまだ続きます。今回の旅で訪れた草原は、サロベツ原生花園、幌延ビジターセンター周辺、メグマ沼湿原、ベニヤ原生花園、オムサロ原生花園、シブノツナイ湖、野付半島、春国岱です。
 黄色がキレイなツメナガセキレイは今年も舳倉島で撮りましたがそのときは岩の上でした。やっぱり夏の北海道の草原にいると背景が違います。オオジュリンも冬鳥として利根川流域で出会いますが北海道で夏羽でさえずっている姿はやはり活き活きとしています。ノビタキは渡りの時期にコスモス畑で撮ったり、夏は富士山周辺や霧が峰で撮っていましたが、北海道のエゾカンゾウと一緒に撮ると嬉しいものがあります。雛も育って子育てのために積極的の餌を運んでいました。

ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail) 
道北にいるのは主に亜種のキマユツメナガセキレイです。この写真ではよくわかりますが、名前の由来のように足のツメが長いのがわかります。
d0099854_22542624.jpg

エゾカンゾウの中のツメナガセキレイ
d0099854_22551166.jpg

d0099854_22553882.jpg

ハナウドの上のツメガナガセキレイ
d0099854_22565539.jpg


オオジュリン(Reed Bunting)
夏羽は関東では見られません。冬の葦原の鳥というイメージでした。元気にさえずっていました!
d0099854_22593696.jpg

エゾカンゾウにとまります。
d0099854_230337.jpg

オオジュリンメス ハナウドにて
d0099854_2304087.jpg

シシウドにて。大きな虫をくわえています。
d0099854_2312417.jpg


ノビタキ(Common Stonechat)
ノビタキは北海道にやはり多かったです。エゾカンゾウの花にとまってくれます。
d0099854_2361739.jpg
d0099854_2365439.jpg
d0099854_23762.jpg
d0099854_2372663.jpg

ノビタキ幼鳥 今年のヒナです。親の帰りを一所懸命待っていました。
d0099854_2383810.jpg


 今年の北海道は冬が厳しかったせいか花が咲くのが遅く、エゾカンゾウも7月の初旬がピークだったみたいです。黄色い花が咲くと虫たちが一斉に現れ、それを狙う鳥たちがやってきます。しかも子育てのピークとも重なっているため草原は野鳥たちで賑やかな季節を迎えていました。
(撮影日:2011年7月10日~12日)
[PR]
by harada5550 | 2011-07-23 22:55
道東の清流にてシマフクロウ
 今回の旅の目的の一つがこのシマフクロウでした。シマフクロウがよく見られるポイントに夜の7時半にセッティング。車の中から三脚をたてカメラを構えてを待ちました。この日は私のほかに車が2台。人の姿がするとシマフクロウは警戒して出てきません。車の中から顔を出してもすぐに飛んでいきます。
 カメラを構えて40分。「ボー、ボー」とかなりの低音の迫力ある鳴き声が聞こえてきました。普通の「ホーホー、ゴロスケ、ホーホー」とはずいぶん違います。やはり日本のフクロウ類では最大のシマフクロウは迫力があります。鳴き声がして数分で白っぽく見えるシマフクロウが木に止まりました。周囲を警戒して川の中州に下り餌の岩魚を採ります。それは「アイヌの人々の崇拝の神」のように立派な姿でした。

シマフクロウ(Blakiston's Fish Owl)  
国の天然記念物であり絶滅危惧ⅠA類です。現在120羽程度の棲息数です。翼長180cm。まさに森の神という風格です。
(撮影日:2011年7月13日)
d0099854_23331777.jpg

d0099854_23341573.jpg
d0099854_23342856.jpg
d0099854_23343910.jpg
d0099854_23344827.jpg


この日のシマフクロウはオスメス夜8時から11時半の間に2回づつ計4回出現しました。オスは標識調査用の足環をはめています。時にはオスメス鳴き交わしていました。今の時期はまだ巣立ち前の雛に餌を運んでいます。その雛がいる巣は本来は大きな幹の樹洞です。ところが近年、その大きな幹が少なくなり、環境庁が保護用に人工的に巨大な巣箱を設置しています。完全に自然とはいえませんが生息数が増え人の手に頼らずに繁殖できる日が来ることを願っています
[PR]
by harada5550 | 2011-07-21 23:33
道北の原生花園にてシマオアジ
 今回の目的の一つがシマアオジでした。時期的には雛に餌を運ぶ6月がベストシーズンと思われますが都合がつかず、7月に、それも10日に訪れました。現地の人に聞くと「雛が巣立ちするとパタッといなくなるのでその時期はなんとも言えない」とコメントいただいていたので、とにかく早く行こうと苫小牧にフェリーで着くとそのまま夜通し走り明け方4時に現地にはいりました。ところがあいにくの土砂降り。車の中から探すも簡単には出てきてくれません。仕方がないので周辺を回っていると9時ごろには雨はやみ、10時ごろから晴れてきました。12時に再度ポイントに行きました。そこには地元北海道のBIRDERご夫婦が一組。朝から雨の中、待っていたら2回出て帰るところだと言われます。期待に胸をふくらまし私は待つことにしました。「帰る」と言われていたご夫婦もやはり粘ることにされ、3人で待ちました。2週間前は木道にかなり多くのカメラマンが並んだということをお聞きしましたが、この時期は3人。やっぱり遅いからでしょうか。時折、か細いシマアオジの泣き声が聞こえてきて期待しますが姿は見せず。ただし必ずいるはずです。待つこと4時間半。シマオアジはいきなりソングポストに現れました。

シマアオジ(Yellow-breasted Bunting)
常連のソングポストだそうですが距離約50m。体長15cmほどですからやはり遠いですね。結局この日はこれ一回だけ、一回さえずり、飛んで行きました。(大きくトリミングしています)
(撮影日:2011年7月10日)
d0099854_23375812.jpg


あくる日、明け方4:30にセッティングし待つこと2時間。6:30に今度は第一回夏羽のワカが出てくれました。
(撮影日:2011年7月11日)
d0099854_23434194.jpg

エゾカンゾウの上ですがすでに咲いた後でした。
d0099854_23435663.jpg

少し離れたブッシュにとまって。
d0099854_23443334.jpg


 この日は7:00から宿の朝食です。しかもその後は移動しなければなりません。昨日と今朝と2回のシマアオジとの出会いでしたが道北の原生花園を後にしました。季節としては少し遅い時期。雛はすでに巣立った後のようでしたがシマアオジに会うことができました。
 シマアオジはかつてはオホーツク沿岸の各原生花園に渡ってきて営巣したようですが、ここ数年はこの原生花園のみになったそうです。地元の方が来年、営巣してくれるかわからないと言ってきたのが気になりました。 
[PR]
by harada5550 | 2011-07-19 23:36
ユルリ島、モユルリ島沖にてエトピリカ
d0099854_19225033.jpg まとまった休暇が取れたため、6月の天売島に続き7月も北海道に行ってきました。今回の目的はこの時期の北海道の野鳥を撮ることです。
 具体的には海鳥ではエトピリカ、ほかにシマフクロウ、シマアオジ、ギンザンマシコの4種の撮影です。草原の鳥のピークは6月なのでやや遅くベストシーズンとはいえない時期ですが、楽しむことができました。


 まずは、海鳥のエトピリカです。主な繁殖地は千島列島からアリューシャン諸島にかけてとベーリング海で日本では根室付近のユルリ島、モユルリ島付近で少数が繁殖しています。両島とも入島は禁止されており、船上からの観察になります。この日は寒く気温は12℃。海上の波は1.5mでやや高く、風も予想されるため7月なのにダウンジャケットと雨具を着込み、船に乗り込みました。
 港ではオオセグロカモメが営巣しており、盛んに巣材を運んでいました。港からポイントまで30分程度かかります。この日は、「野鳥を中心としたネイチャー系フォトグラファー」のT.G氏と一緒になり、楽しく談笑しながらポイントに向かいます。その間にフルマカモメ(暗色、白色)トウゾクカモメ、ウトウ、ケイマフリ、ウミウ、オオセグロカモメが確認できました。ユルリ・モユルリ島沖に来るといきなりエトピリカが船の前から後ろに飛んで行きました。ここで停船です。海は白波も立ち小さな漁船は揺れて、何かに掴まらずに立っているのは厳しい状態です。しかも霧が出てきて島影も見えません。待つこと数分。舳船に対して2時の方向、距離約50mエトピリカを発見。撮影は厳しくすぐに潜ってしまいました。一度潜ると5分ぐらい出てきません。すると船尾の7時の方向で浮上。すぐに潜行。この後3回浮上しましたが、最至近距離で30m強。エトピリカは出るものの条件はよくありませんでした。




エトピリカ(Tufted Puffin)
大型のウミスズメ類です。アイヌ語で「エト」は「くちばし」、「ピリカ」は「美しい」という意味です。(「日本の野鳥590」から引用)絶滅危惧ⅠA類。
d0099854_955422.jpg

d0099854_964226.jpg


成長夏羽では目の上から後ろに黄白色の美しい飾り羽が垂れ下ります。
d0099854_985058.jpg

d0099854_991999.jpg


ケイマフリ(Spectacled Guilemot)
天売島のほかユルリ・モユルリ島でも繁殖していて、エトピリカよりこちらの方が多かったです。
d0099854_9114476.jpg

d0099854_9115729.jpg


結局この日は4回見られて終了。何とか観察できましたが、できればもう少し近くで、も少し回数も多く、海も穏やかで霧も晴れて欲しかったです。T・G氏も悔しがっていました。帰りにはコアホウドリ、ヒメウ、ウミウのコロニーである岩というか島を見ていきます。はじめてのエトピリカはやっぱり手強かったですね。機会があればそのうちもう一度訪れてみたいと思います。
(撮影日:2011年7月15日)
[PR]
by harada5550 | 2011-07-17 08:38
天売島にてウトウ
 天売島はウトウの繁殖地として有名です。その数実に60万羽。島の人口は378人(2011年6月11日現在)ということですので、主な島民は完全にウトウという事になります。
 ウトウはちょうど今が子育ての時期です。ウトウは例年4月ごろ卵を1個だけうんで、雛がかえる6月から育てます。日没後に1日1回、餌を巣穴に運びます。7月に入ると巣立ちが始まり、8月初旬までに大部分が天売島から沖合に姿を消してしまうそうです。
 昨年訪れた5月中旬はまだ、雛がかえる前で親鳥が餌をくわえて帰巣することはありませんでした。今年はそれも意識して6月に行きました。この時期の餌はマイワシです。魚が大きいいため、イカナゴをくわえてくるときのように多くはもってかえってきません。この日は霧が濃く立ち込める日。この日の夕暮れ時の帰巣ポイントは雨が降りそうで暗い上に視界も悪く、コンディションとしては最悪!と思っておりました。ところがこのような日がウトウは魚もなかなか取れずに一度に戻ってくる絶好の状態とのガイド氏の言葉を信じて向かいました。そのことばとおりウトウの群れは束になって帰巣してきました。あまりの多さにビックリ。集団の羽音が台風の風音のように感じられました。巣の周りにはウトウの餌を横取りしようとするウミネコが待っています。ウミネコに追われてせっかくの餌を奪われてしまうものもおりましたが、多くは何とか逃げ延びてうまく巣穴にはいります。このすさまじい光景は決して写真でもビデオでも表現できないと思います。その場に居合わせないとこの数の迫力を感じることはできないでしょう。
(※ストロボ撮影は自主的判断にゆだねるいうことで禁止はされていません)

ウトウ帰巣時 繁殖期には独特の突起物がくちばしにでき、また目の後ろとあごに白い飾り羽ができます。くわえているのはマイワシです。
d0099854_2115628.jpg

d0099854_2121445.jpg
d0099854_2122556.jpg

d0099854_2132280.jpg


ウトウ 昼間の海上にて
d0099854_214637.jpg

手前の1羽がもぐったところに面白い水の軌跡ができました。
d0099854_215062.jpg

海上を飛ぶウトウ
d0099854_2152528.jpg
d0099854_2153527.jpg


ウトウウォッチングツアーは午後7時から8時までの一時間です。それ以上遅くなると道路がウトウだらけになってしまい、帰れなくなってしまうそうです。かつてはウミガラスも数多く繁殖していたそうですが、今多く繁殖しているのはウトウとウミネコだそうです。ウミネコも数を減らしているそうですが、ウトウは減らずにいるそうです。ガイドし曰く、「そのうちウトウが減って、なにかが増えるかもしれない」そうです。ウミガラスのようにはなって欲しくないですね。
[PR]
by harada5550 | 2011-07-03 20:50