<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
 霞ヶ浦にてソリハシセイタカシギ
d0099854_16565893.jpgソリハシセイタカシギ(Avocet)が出ているという情報をいただき、先週出かけてきました。この鳥は繁殖域、棲息域ともに日本から大きく外れているためごく稀にしか見ることができない貴重な鳥です。沖縄の先島諸島では見かけられているものの首都圏では数年前に三番瀬と葛西臨海公園で見られただけだと思います。いずれの場合も飛来して数日で旅立ってしまい、私は間に合いませんでした。
 当日、現地につくとすでに多くの方が集まっていました。初めてみるソリハシセイタカシギは岸から50mほどの浅瀬で2羽が頭部を羽に埋めて寝ていました。天気は曇天でソリハシセイタカシギも全体的にモノトーンであるため、何とか色をつけて撮りたかったです。時々寝覚めて頭部をあらわしますが、直感的に顔つきがヒレアシシギに似ていると思いました。

(撮影日:2012年12月23日)


 ソリハシセイタカシギ(Avocet) L42-46cm    
 地中海から中東、中央アジアで繁殖しアフリカから東南アジアに渡るそうです。日本に飛来するのは東南アジアにわたる個体が迷ってくるものと思います。




 ソリハシセイタカシギ 逆光の中で モノトーンとはいえ綺麗な鳥です。
 寝ている時間がほとんどで撮餌していませんでした。餌は昆虫や甲殻類で、くちばしを左右に振りながら食べるそうです。今回はそのような仕草を見られませんでした。
d0099854_1619276.jpg

 寝ているかと思えばいきなり飛びますので油断できません。
d0099854_16202816.jpg
d0099854_16204063.jpg
d0099854_16204846.jpg
d0099854_16205732.jpg


 泳ぐときは長い足が邪魔だとは思いますが、上手に泳ぎます。泳いでいる姿もそっているくちばし以外はヒレアシシギに似ている気がします。
d0099854_16351416.jpg
d0099854_1635387.jpg

 
 このソリハシセイタカシギは翌日は確認できなかったそうです。今回も発見されてから数日で旅立ちました。餌を採っていなかったため短期駐在となったのではという方もいます。鳥見をするときにはそのような点も考えながら観察するとより興味が深まります。
[PR]
by harada5550 | 2012-12-29 15:56
伊豆沼のオオハクチョウ
d0099854_19245950.jpg 12月に入って今年一番の寒気が入り日本海側では大雪ということです。今年は雪の無いうちに新潟の朝日池に行ってハクガンを見たい!と思っていました。せっかく12月のはじめにハクガンが飛来したとの情報をいただきましたが、雪が降っては難しくなりました。ハクガンの飛来がもう少し早ければと思うと残念です。
 11月に行ってきました伊豆沼にもハクガンならぬハクチョウが飛来していました。マガンの多さに圧倒されましたが、オオハクチョウも数多く飛来していました。関東では旧本埜村のハクチョウ飛来地にてコハクチョウやアメリカコハクチョウはなじみが深いのですが、オオハクチョウの飛来地に行った記憶がありません。
 夜明けのマガンの合間にオオハクチョウも撮ることができ、ガンとは違う優雅さに気づきました。世間一般的にガンより白鳥のほうがポピュラーなのも理解できる様な気がします。
(撮影日:2012年11月3日)

 オオハクチョウ(Whooper Swan)  
 コハクチョウ同様に冬に飛来しますが、繁殖域のシベリアはコハクチョウよりやや南よりになります。家族同士で旅をします。






 夜明けの伊豆沼の風景を撮ってみました。
d0099854_19302994.jpg
d0099854_19302645.jpg
d0099854_19305265.jpg
d0099854_19305177.jpg

d0099854_1931338.jpg


 11月初旬の伊豆沼はまだ、暖かでしたが、今頃は厳しい寒さになっていることでしょう。

 
[PR]
by harada5550 | 2012-12-08 19:20