タグ:アカショウビン ( 4 ) タグの人気記事
 宮古島 大野山林にて亜種リュウキュウアカショウビン
d0099854_8473690.jpg この時期の宮古島はこの鳥抜きには語れません。空港に着いたら車ですぐに直行。大野山林にある青少年の家の駐車場に車を止めてまずは散策開始です。勝手がわからないのでまずは双眼鏡と300mmレンズとミラーレス一眼を持って偵察です。サンコウチョウの記事にも記述したように最初は、鳥の気配が少なく不安になりました。まずはポイントである池を見つけようとするも地図をみながら進むのですが3箇所の池がなかなか見つかりません。人に聞こうにも誰にも会いません。ほんとにここは探鳥地なのか疑りながら進むと池がありました。ただし樹木に覆われ日中でも暗い場所でした。さらに奥へ進むともうひとつの池がありました。ここも意外と静かです。と思った瞬間目の前を音も無くアカショウビンが横切りました。戸隠など本州のアカショウビンは大きな声でさえずり森じゅうに響きますが、亜種リュウキュウアカショウビンのさえずりは比較すると静かでいきなり飛んできます。自分が周囲の環境に順応したのか鳥が見えてきました。そこかしこでアカショウビンとサンコウチョウが鳴いています。池にはアカショウビンとサンコウチョウ、ヒヨドリやメジロが頻繁に水浴びに来ます。リュウキュウコノハズクとズアカアオバトの声も聞こえます。このときはブラインドも無く300mmレンズとミラーレス一眼しかもっていなかったのでとりあえずそれで撮って、翌日出直すことにしました。その後3日間で大野山林には3回行きましたが、すばらしい探鳥地であると実感できました。
(撮影日:2012年6月22~24日)


 亜種リュウキュウアカショウビン(Rubby Kingfisher)  
水浴びの合間に池のカエルを捕らえました。間近でブラインドをかぶって撮影しました。




亜種リュウキュウアカショウビン 本州のアカショウビンと比較し全体的に紫がかっているのが特徴です。さえずりも静かです。
d0099854_912279.jpg
d0099854_9121320.jpg


亜種リュウキュウアカショウビン 水浴びの場合、この枝が大好きみたいです。(300mm+1.4テレコン+V1)
d0099854_9144670.jpg


亜種リュウキュウアカショウビン 場所が暗くてSSが上がりません。水浴び中は撮れませんでした。
d0099854_9161022.jpg
d0099854_9161769.jpg


 今回の宮古島の目的の鳥のうち、撮れたのはアカショウビンとサンコウチョウ、キンバト、オオクイナ、エリグロアジサシ、ベニアジサシ、ムラサギサギ、ミフウズラでした。撮りたかくて撮れなかったのはリュウキュウコノハズク、カラズバト、ズアカカオバト、クロアジサシ、マミジロアジサシなどです。アジサシ類は岩礁に渡れる時期的に後のほうがよかったかもしれません。
 渡りの時期ではなかったので種類は少なかったのですが、その分バードウォッチャーは皆無で会ったのは3日間で1回だけ。情報交換が全くできない不便さはありましたが、静かな探鳥が楽しめました。機会があれば、サシバやアカハラダカの渡りの時期にでもまた訪れてみたいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2012-07-22 08:47
森林にてアカショウビン
d0099854_20515847.jpg 今週末は天気が心配でしたが予報では現地は陽も射すとのことでした。今年はまだアカショウビンに出会えていないため、思い切って出かけてみました。この日はBW歴約30年の友人と遠征です。雨の降る夜半過ぎに出発。途中は雨が降ったりやんだり。路面が乾いているところもあるかと思うとザアザア降りのところもありにわか雨が心配な不安定な天気でした。ところが、明け方、現地についてみると気のせいか雲が少し薄くなってきたような気がしました。天気予報が当たってくれるといいのですが・・・。駐車場でカメラのセッティングをしているときに早くも「キョロロロロロ~」と鳴き声が。期待に胸をふくらませ歩き始めました。
 さて、アカショウビンですがこのところ定番ポイントがあるそうで、来れば90%以上の確率で止まる枯れ木があるそうです。カメラマンが皆、そこのポイントに向けて構えていますが、枝被りでなかなかいい場所がありません。そうはいっても天気のせいか野鳥カメラマンの数は少なめで10数人。少し逆光気味ですが場所は確保できました。待っている間にゴジュウカラやコサメビタキにサメビタキ、アカゲラ(頭部の赤い部分が大きかったのでオオアカゲラかも)がいますが、撮っても暗くてSSが上がらず、ブレブレ写真の連続でした。ところが、肝心のアカショウビンは鳴き声はするものの2時間待っても来てくれません。しびれを切らしてカメラを担いで探しに行くことにしました。

←定番ポイントの枯れ木にて


 アカショウビンを探して歩き始めて10分ぐらいで「キョロロロロロ~」と鳴き声が。鳴き声の方へ足が早まります。鳴き声が大きくなってここらあたり?と思うと「キョロロ、キョロロ」と鳴きながらまた、遠くへ飛んでいきます。そのたびに追いかけいつも翻弄されます。でも必ずどこかにいるはずです。すると樹間に何かが止まりました。双眼鏡でのぞくとアカショウビンでした。

この日最初のアカショウビン。
d0099854_2213896.jpg

後ろ向きですがいいところに止まってくれました。腰の水色がわかります。
d0099854_2235741.jpg

これもかなり遠いのですがなんとか撮れました。気がつくとアカショウビンは二羽で縄張り争いのようでした。
d0099854_2251718.jpg

少し移動したので追ってみると、近くの木の高いところにいました。全身がやっと見えるところをみつけて撮りました。
d0099854_2262242.jpg

この後、アカショウビンは皆が待っている定番ポイントの方向へ飛んでいきました。
最初の場所にもどると、今朝カメラを構えた場所が空いていました。カメラマンが増えていません。そろそろ来るんじゃないと思っていると何やら目の前の横枝にいます。距離は10数メートル。双眼鏡で見るとアカショウビンでした。
d0099854_2211726.jpg

しばらく横枝にいましたが、やっぱり定番ポイントに移動です。何かくわていますが不明です。
d0099854_2213199.jpg

皆がここに向けてカメラを構えているのがかわります。
d0099854_22134267.jpg

「キョロロロロロ~」と鳴いて飛び去りました。
d0099854_22143192.jpg


 この日はとまりもののシャッターチャンスには恵まれましたが飛び出しが撮れません。タイミングが合ってもSSが上がらずブレブレの幽霊写真です。なんとか飛び出しが撮れないものか、今朝初めて見つけたところに戻ってみました。が鳴き声は全くしません。一般のハイキング客も多くなり、昼間は期待できないとのことで早々と別の場所に向かいました。アカショウビンといい先日のサンコウチョウといい、暗い森が住みかですので仕方がないのですが、バシッとした飛びモノをいつかは撮りたいものです。
[PR]
by harada5550 | 2009-07-05 20:54
アカショウビン
d0099854_21175752.jpg 
 このところ週末は天気が悪いですね。今週は昨日は雨が降りませんでしたが、青空は望めず今日は一日雨でした。梅雨の時期なので、まあ、いた仕方ないことです。
 今回は、少し前の遠征で撮影したアカショウビンです。昨年に引き続き今年も会うことができました。
 ただ、アカショウビンがいる場所が遠くて枝かぶりしておりオートフォーカスが効かずマニュアルフォーカスで撮りました。光も逆光で条件が厳しく絞り、シャッタースピードともにマニュアルで撮影。写しては補正を繰り返す連続でした。アカショウビンが枝にとまっている時間が長かったせいか数多く撮りましたが、ほとんどの写真が証拠写真レベルです。今回掲載するものも大きくトリミングしているものがほとんどです。

アカショウビン オスメス2羽を同時に写せました。ほぼノートリです。


上の写真の場所の上にいるほうです。逆光ですがぬけています
d0099854_212224.jpg

次も同じ場所のカットです。マニュアルフォーカスですがなんとか・・・
d0099854_21233478.jpg

わずかですが背面、腰の水色がわかります
d0099854_2115874.jpg

朝一の写真。ここは暗かったですね
d0099854_21243285.jpg

少し前の在庫写真ですが、未公開なので載せさせてください

d0099854_21273035.jpg


 多くの方が間近で撮られていますが、私は残念ながらそのチャンスにめぐりあいませんでした。ただ、今年も撮影でき、いることが確認できたことだけでも幸運だったと思います。そんなことを思いながら、少し未練が残りましたが撮影場所の高原を後にしました。
[PR]
by harada5550 | 2008-06-29 21:32
アカショウビン
この鳥が昨年GWに横浜市内で観察されたと聞いて
「チャンスがあれば撮りたい!」と思ってました。
今回は残念ながら近場ではありませんが、「出てる」と聞いて撮りに行ってきました。
この鳥は東南アジアで冬をすごすせいか南国風です。
初夏の強い木漏れ日の中、深い森の中で赤い鳥は舞っていました。

オスは胸から腹にかけての赤褐色が濃いですね。
d0099854_1511516.jpg

遠景では山深い感じがします。
d0099854_1525483.jpg

そんな中、いい枯れ枝にとまってくれました。
d0099854_1512959.jpg

別の枝でメスがキョロロロロと鳴いています。
(ここから3枚は光が悪くてすいません)
d0099854_15121799.jpg

なんと、オスがやってきました。でも雌雄間に距離があり超望遠では焦点があいません。
d0099854_15122678.jpg

そんな中でオスが飛び出し、火の鳥のようなシルエットになりました。
d0099854_153812100.jpg


アカショウビンの特長である背中の下部の水色。ピンアマですがお許しを。
d0099854_15124361.jpg

緑の中の赤い鳥!
d0099854_15125025.jpg

こころに強く刻まれたアカショウビン!
また、どこかで会いたいですね!
d0099854_15125783.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-06-17 15:42