タグ:イスカ ( 3 ) タグの人気記事
秋の舳倉島にて
d0099854_19365454.jpg

 秋の舳倉島に行ってきました。10月中旬の連休に行く予定でしたが、天候悪化で船が出ませんでしたので、今回は渡ることができてほっとしました。
 今回、二日間で我々が確認できたのは56種類でした。この時期になると渡りもすっかり冬鳥になります。オオマシコ、イスカ、シベリアジュリン、オオジュリン、ヤマヒバリ、ムネアカタヒバリ、ミヤマホオジロ、クロジ、ホオアカ、オジロビタキ、クロジ、ヒレンジャク、ミソサザイ、キクイタダキ、ノゴマ、ジョウビタキ、ルリビタキ・・・等。  舳倉島は、最寄の輪島港まで我が家から約600kmあります。夜通しのドライブでかなり辛いのですがやっぱり行くだけの価値がある探鳥地であることを実感しました。
(撮影日:2013年11月2日~3日)


 ベニヒワ(Redpoll)
ベニヒワは基本的に北日本や日本海側でしか見られません。今回も見たいと思っていました。ベニヒワとはいままで縁がなく、今回は初めて見ることができました。秋の舳倉島は数回行っていますが、今まで見ることはできませんした。
 数日前は群れも見られたですですが、今回出会いは二回だけでした。初めて見るベニヒワは、顔つきが何となく悲しそうでマヒワとはずいぶん違うように思えます。しかもベニヒワは一羽でポツンと居ましたので、マヒワが通常群れて飛んでいくのに対して、いっそう寂しさが感じられました。被写体まで距離があり大きくトリミングしています。







 このうつろな眼差しが何とも・・・・・・。いい感じに思えます。
d0099854_1941319.jpg


  オオマシコ(Pallas's Rosefinch)
オオマシコは関東でも当たり年は見られますが、赤い鳥の中でも色鮮やかさがダントツです。渡り途中の舳倉島では初めての出会いです。

d0099854_194746100.jpg
d0099854_19475788.jpg
d0099854_1948640.jpg



  イスカ(common Crossbill)
 このほかに赤い鳥としてはイスカがいました。イスカは鳴きながら飛ぶのですぐにわかります。4羽から10羽程度の群れが頭上をよく通過していきました。私はなかなか撮影チャンスがなく、この飛び出しだけしか撮れませんでした。大きくトリミングしています。

d0099854_206970.jpg


海岸沿いにイスカが水を飲みに来るところがあります。私は島を離れる直前にそこに居合わせたのですが撮影チャンスを逃してしまいました。そのイスカの群れは松の木にとまった後に大海に向かって飛び立っていきました。
[PR]
by harada5550 | 2013-11-04 19:05
冬の森にて小鳥
 今週末は3連休。皆様、それぞれ有意義におすごしかと思います。山には雪も積もり本格的な冬鳥の撮影シーズンになったと思います。
 私も年末年始に雪の中の小鳥が目的に少し遠出をしました。お目当てはイスカ、オオマシコです。ところが2回でかけましたが、運悪く撮れませんでした。今回はそのときに撮りました森の冬鳥を載せてます。
 イスカは撮るのが難しい鳥ですね。ポイントは広いし、どこに止まるかも運しだい。仮にとまっても松の枝のかなり高いところで背景がぬけません。チャンスはだいたい午前中一回あるかないかで、そのときにとまったところが悪いとその日はそれで終わりです。
 イスカをあきらめた後は、雪の中でウソ、ルリビタキ、アトリ、カシラダカ、コゲラを撮ることができました。ウソはその後、別のところでかなり赤いオスを撮りました。アカウソかも知れませんが、不明です。

ウソ 雪の森で木の芽(実?)を食べていました。こういうときは樹木に詳しくなりたいです。
d0099854_893029.jpg

ウソのオス この個体は胸から腹にかけてかなり赤いように思います。
アカウソであれば、冬鳥として渡来する亜種アカウソです。
d0099854_811868.jpg

光の加減で「目」が出ません。
d0099854_8113960.jpg

目が出るところにとまったときはかなり枝かぶりでした。距離が近いのに残念です。
d0099854_8124313.jpg

ルリビタキ オスの若でしょうか。
d0099854_8155156.jpg

メスは人なつこくて、ほんのすぐソコまで出てきました。雪の上でないのが残念です。
d0099854_817201.jpg

アトリ 私が通りかかると地面から枝の上に上がりました。枝かぶりですが・・・
d0099854_8184368.jpg

カシラダカ 気がつくと遠くにカシラダカがいました。
d0099854_820421.jpg


イスカ
難しい鳥です。これが目的でした。
高い木の上のほうに10数羽の群れで飛んできます。ところが松の枝の中に入ってどこにいるか見えません。光線のあたり具合も厳しいです。
証拠写真を二枚載せてみます。かろうじてくちばしが交差しているのがわかります。
この2枚はそれぞれ別の日ですが、時間はいずれも9時10分ごろです。その後はいるのですがほとんど上空通過です。イスカは飛びながら鳴くのですぐわかるのですがこればかりは仕方ないですね。
d0099854_823526.jpgd0099854_8234271.jpg


このポイントでは今年はイスカの当たり年だそうです。冬の間はいると思いますので、気が向けばまたチャレンジしようと思います。
あんまり気合入れて出かけますと撮れない時がつらいので、撮れたらいいやぐらいの軽い気持ちで行きましょう。
[PR]
by harada5550 | 2009-01-11 23:50
イスカ
 舳倉島シリーズ、今回はイスカです。
 舳倉島シリーズもずっと続けてますが、いつまで続くのか自分でもわからなくなってきました。でもまだ、掲載できない鳥がいろいろあります。
 本来冬鳥ですが、舳倉島には数は少ないもののオスメスのペアがいました。松の上のほうにいて目撃はするのですが、なかなか撮らせてくれません。あきらめかけているとメスが下に下りてきて枝どまり、その後水場で水浴びしてくれました。今回は残念ながら赤くて綺麗なオスは取れませんでしたが、イスカ特有のくちばしはよく撮れたと思います。

イスカのメス 松の上のほうにはよく飛んできます
d0099854_0301292.jpg


油断していたら 枝にとまっていました
d0099854_0304898.jpg


さらには水場に降りてきて ウソを威嚇していました
結構、強気ですね
d0099854_0313770.jpg


次回は是非、赤いオスを撮りたいですね。
[PR]
by harada5550 | 2008-05-16 00:33