タグ:イワヒバリ ( 2 ) タグの人気記事
槍ヶ岳(槍沢から) 梅雨明けの北アルプスにて
 梅雨明けの週末。連休を利用して北アルプスの槍ヶ岳に行ってきました。上高地から梓川沿いの登山道を北上。残雪の残る槍沢からのメインルートで行きました。
 今回は野鳥撮影が目的ではなく登山そのものが目的です。そのため重たい望遠レンズは持っていきませんでした。
 上高地からの森の遊歩道は、そこ彼処でコマドリとミソサザイがさえずっていました。少し標高が高くなるとあの「ジョロジョリジョリ」といったメボソムシクイの鳴き声がしてきます。さらに登ってハイマツ帯になるとカヤクグリが。そして樹林限界をこえて雪渓の岩の上にはイワヒバリがさえずっていました。
 途中、雷雨にも見舞われましたが天候にも恵まれ、残雪の北アルプスの風景と野鳥観察、高山植物を満喫することができました。

上高地 河童橋と穂高岳
d0099854_23343780.jpg

上高地から梓川沿いを歩くとミソサザイの声が聞こえます。
(野鳥の写真はすべて今回の山行で撮ったものではありません。今回、鳴き声を聞いた野鳥の過去の写真を載せています。)
d0099854_23375647.jpg

同じくコマドリがそこ彼処でヒンカララとさえずっています。コマドリの棲息密度の濃さは驚くほどでした。
d0099854_23392382.jpg

「ジョリジョリジョリ」とメボソムシクイも鳴いています。
d0099854_2340135.jpg

ハイマツ帯になるとカヤクグリが出現です。
d0099854_23411265.jpg

樹林限界を超えた雪渓の岩にはイワヒバリのカップルが飛び交います。
d0099854_23421536.jpg

雪の残る斜面とミヤマキンポウゲ。高山植物も豊富でした。
d0099854_23435986.jpg

槍ヶ岳山頂直下で黄色のミヤマキンバイのなかにシロツメクサが控えめに咲いていました。
d0099854_23452993.jpg

花の咲く前のイワベンケイ? だと思います。
d0099854_23463471.jpg

華麗なハクサンイチゲも豊富でした。
d0099854_23471139.jpg

ここからは山の写真です。槍沢を登るとき雷雨に会いましたが、晴れ上がると虹がかかりました。
d0099854_23484947.jpg

槍ヶ岳山荘からの槍の穂先です。
d0099854_2350594.jpg

槍ヶ岳山頂にて。時間は朝の5時です。近くは穂高連峰。はるか遠くに富士山が望めます。
d0099854_23515299.jpg

下山途中の槍沢の雪渓です。今年は例年になく雪が多いそうです。
d0099854_23525784.jpg


d0099854_2359422.jpg今回の山行では野鳥は撮りませんでしたが、野鳥の密度は濃かったです。写真は載せませんでしたが、オオルリ、キビタキ、ウグイスの鳴き声やイワツバメも確認できました。特にイワヒバリとイワツバメは山頂付近を飛び回っていました。イワヒバリは近くに止まるのですが、18-70mmズームレンズしかもっていませんでしたので、とってもゴマ粒のようです。以前の北岳には18-200mmズームを持っていったので次回は少し重くなりますが、それを持っていこうと思います。
[PR]
by harada5550 | 2010-07-19 23:55
北岳にてホシガラス、イワヒバリ
d0099854_22422415.jpg
 今週末はは南アルプスの北岳に行ってきました。今年の夏は、機会があれば登ろうと思っていたいのですが晴天に恵まれずのびのびになっていましたが、週末は天気が良さそうでしたので前の日に決心して出かけてきました。(当ブログは撮影場所は基本的に明記しないのですが、簡単に行ける所ではないので今回は明記します。)
 北岳は日本で富士山の次に高い山で標高3192mあり、ホシガラス、イワヒバリ、運がよければライチョウに期待して出かけました。標高差約1700mを登りますのでさすがに500F4レンズは持てません。今回は、景色と花の写真も撮るので18~200mmのズームレンズ一本のみ持っていきました。

出発地の広河原(南アルプス市)から見た北岳⇒



ホシガラス 標高約2800m ハイマツの実を盛んにたべていました。富士山以外では初めて見ました。
くちばしが被っていますがご勘弁を。北岳にはホシガラスはかなりの数が生息していると思われます。そこかしこに飛んでいました。
d0099854_22514014.jpg

ハイマツの上を飛ぶホシガラス SSがあがらすブレブレです。
d0099854_22531853.jpg

ハイマツの中に降りるホシガラス
d0099854_22542066.jpg

そして飛び出し
d0099854_22545765.jpg

イワヒバリ ここは北岳の南側斜面で標高3000mぐらいでした。ここには数羽のイワヒバリがいました。
d0099854_23475222.jpg

イワヒバリ ここは高山植物の宝庫として有名な場所 9月に入ってもかなりの花が咲いていました。
d0099854_2258441.jpg

紫色の花は北岳固有のキタダケトリカブトです。
d0099854_2301778.jpg

イワヒバリ 奥にもう一羽います。手前は幼鳥みたいです。
d0099854_2323881.jpg

イビキジャッコウソウ、キタダケトリカブト、タカネイブキボウフウ、トウヤクリンドウの咲く中のイワヒバリ
d0099854_2364541.jpg

ここから山の写真を数枚
まずは朝の北岳山頂から はるか遠くに雲海に浮かぶ富士山
d0099854_23112890.jpg

北岳から間ノ岳(3189m)をのぞむ
d0099854_23125233.jpg

仙丈ケ岳(3033m)から見た北岳と富士山
d0099854_23142367.jpg

高山植物を二枚
9月になっても咲いていたシナノキンバイ
d0099854_23162271.jpg

ミヤマクワガタ クワガタといっても昆虫ではなくクワガタ草という花の仲間です。
d0099854_23213267.jpg


d0099854_2323641.jpg
毎年、夏山には登っているのですが、撮影目的は景色と高山植物です。野鳥は500F4レンズを持って行けないのであきらめていました。今回はライチョウこそ会えませんでしたが、樹林限界上ではホシガラスとイワヒバリがよく飛んでいました。ただ、さすがに200mmの手持ちでは辛いですね。樹林帯の中ではメボソムシクイがジョリジョリジョリと鳴いていました。ただしコチラは見ることができませんでした。平地での野鳥撮影の合間に、また山に出かけたいと思います。
 
[PR]
by harada5550 | 2009-09-06 22:51