タグ:ウミアイサ ( 2 ) タグの人気記事
県内の河川にてコウライアイサ、カワアイサ、ウミアイサ
 県内にコウライアイサが飛来していると聞いていましたが、基本的に用心深い鳥とのことですのでBIRDER諸氏のほとぼりが冷めるのを待って、そろそろ大丈夫かと思い出かけてきました。ここの河川ではウミアイサ、カワアイサはよく見られますが、コウライアイサは初めてではないかと思います。コウライアイサは昨年、県内の別の川にメスタイプが現れて(後日、オスタイプか?との噂もあり)そのときも行きましたが警戒心が強く、一度飛んで行くのを見ただけでした。
 ここのコウライアイサは朝から午前中にかけ活発に採餌し、日中は中州で寝てしまうため、朝と夕方に撮影できました。日中はいつものカワアイサ、ウミアイサポイントに向かいましたが、今年もカワ、ウミともに健在でした。今日はコウライ、カワ、ウミとアイサ3種類をまとめて撮ることができました。
(撮影日:2011年11月27日)

コウライアイサ(Scaly-sided Merganser)  
 アジア大陸東部のみに分布する世界的希少種(「日本の野鳥590」から)だそうです。特徴は英名のとおり横腹にウロコ模様があり、ウミアイサやカワアイサと明確に区別できます。大きさはウミアイサよりやや大きく、カワアイサよりひとまわり小さいくらいです。このオスのコウライサイサはメスのカワアイサ2羽とよく一緒にいました。

d0099854_0112478.jpg
d0099854_0113874.jpg


ウミアイサのようにコウライアイサもボサボサ頭です。
d0099854_0375747.jpg



夕方、かなり遠くにいましたがこちらに飛んできてくれました。
d0099854_0172350.jpg


カワアイサ(Goosander)
同じ川の別の場所のカワアイサオスです。ここにはカワアイサオス1羽とメス3羽、ウミアイサオスのエクリプス1羽がいました。この場所のアイサ類は警戒心が強く常に一定の距離を保つのですが、今回は人がいなかったせいか、完全にリラックスしていました。
d0099854_0155531.jpg


3羽の揃ったカワアイサメスです。
d0099854_029404.jpg


ウミアイサ(Red-breasted Merganser)
ウミアイサエクリプスです。この時期にはエクリプスはもういないと思いましたが、季節的にはまだまだいても不思議ではないそうです。カワアイサと比較すると小ささがわかります。
d0099854_0211181.jpg


 この川は毎年、多くのカワガモ類が飛来します。普通種が多いのですがアイサ類も以前からよく来ていました。今年はついにコウライアイサまで来たという感じです。
[PR]
by harada5550 | 2011-12-01 00:10
ウミアイサ・カワアイサ・他(2月の湘南で見られた野鳥たち)
 今週末は天気がはっきりしなかったため鳥撮りはお休みです。湘南地方には津波警報が出て海岸沿いにはパトカーと消防車が待機していました。サーファーも全く見当たりません。
 今日は2月の最終日。旬がすぎてしまわないように湘南で2月に撮った水辺の鳥を中心に掲載します。湘南の川にはウミアイサとカワアイサが来ていました。オアメスあわせて10数羽のカワアイサの中に1羽だけオスのウミアイサがいました。カワアイサ、ウミアイサは警戒心が強く、なかなか岸辺の近くに寄って来ません。ただしこの日はポイントに着くと割と近くに居るではありませんか。あわててカメラをセットしできるだけ身をかがめて撮りました。同日、撮ったミサゴやカモ類。県内で撮ったルリビとミヤマホオジロも一挙に掲載します。

ウミアイサ(中)、カワアイサのオス(右)とメス 比較写真のようになりました。ウミアイサとカワアイサの虹彩の色が全く違うのとウミアイサのボサボサ頭がわかります。
d0099854_19384668.jpg

カワアイサメス飛翔写真 ずいぶんスマートに飛びます。 背景の黄色いのは重機です。
d0099854_19395857.jpg

ウミアイサオス カモの中でもアイサ類を見ると得した気分になります。
d0099854_1941837.jpg

ウミアイサオス 今回はメスは見当たりませんでした。カワアイサのメスに求愛していたのがかわいそうでした。
d0099854_19424094.jpg

ミサゴホバリング ここはミサゴポイントなのか3羽が同時に見られました。見えないところでしたが狩も行ないました。
d0099854_1944488.jpg

ミサゴ飛翔 猛禽はやっぱりカッコいいです。
d0099854_194634100.jpg

オナガガモとコガモ この日は急に昼から風が強くなり川でも波打っていました。
d0099854_1948469.jpg

オカヨシガモ ヒドリガモの奥にシックなオスと嘴の鮮やかなオレンジのメスがいました。
d0099854_19501539.jpg

コガモ コガモの頭は緑に見えたり青に見えたり不思議な色です。
d0099854_19511150.jpg

ハシビロガモ 割とポピュラーですがこれも綺麗なカモです。
d0099854_19521525.jpg

ヒドリガモ飛翔 カモが飛び出すととにかくカメラを向けてしまいます。
d0099854_1953611.jpg


 このところ、水辺の鳥の掲載が多くなってしまいましたが、野鳥カメラマンとして欠かせない冬鳥はやっぱり、ルリビタキとミヤマホウジロでしょう。毎年撮らないわけにはいきません。今年も湘南ではありませんが比較的近場で撮ることができました。

ルリビタキ 久しぶりのルリビタキ。冬鳥の定番です。私の鳥撮りの原点です。バックが抜けていい感じで撮れました。
d0099854_21102383.jpg

今度は、常緑樹の中のルリビタキ 冬でも暖かな感じがします。
d0099854_21123317.jpg

ミヤマホオジロ 漢字では「深山頬白」と書きますが、まさに「深山(シンザン)」の鳥のイメージです。ですが我が家から比較的近場で撮れました。
d0099854_21161663.jpg


 週末BIRDER(週末野鳥カメラマンかもしれません)の私にとって土日ともに天気がぐずつくと「寂しい」ですね。シャッターを一回も押せないで月曜に入るのはつらいものがあります。ただし、そんなときはいままで未掲載の写真を整理してみるのもいい時間になるかもしれません。
[PR]
by harada5550 | 2010-02-28 19:42