タグ:ウミネコ ( 2 ) タグの人気記事
台風の忘れ物 コシジロウミツバメ ヒバリ ウミネコ
 南からの台風が駆け上がった後の日曜日。台風が連れてきた珍鳥を期待して海鳥メジャーポイントを散策してきました。これまでも台風が来るとその後に「何か」が出るので、今回も期待して訪れましたが、結果は「遅かった・・・!!」の一言です。今回の台風は金曜日朝に小笠原、土曜日中に関東を抜け、日曜日はいい感じになると思っていたのですが、土曜の午前のうちに関東をぬけてしまい、速度が早かったみたいです。知人に聞くと台風の直後の港には外洋性のコシジロウミツバメが数百羽、シロハラミズナギドリやクロトウゾクカモメ等の普段見られない南方系の海鳥も港内で見られたとか。ただし、台風が引くとともに鳥もひいてしまったようです。数箇所を探していると、コシジロウミツバメが一羽だけいるとの情報がはいりました。何かの事情で群れとはぐれてしまった個体がいるようです。まるで台風が忘れていってしまったようでした。

コシジロウミツバメ 初見初撮りです。外洋性のウミツバメが間近に見られるのはこのようなタイミングだけです。
d0099854_0115023.jpg

怪我をして群れからはぐれたのか。一羽だけ残っていました。
d0099854_0144119.jpg

後ろから見ると腰の白さがよくわかります。
d0099854_0162452.jpg

ウミネコ 天気は台風一過で快晴でしたが、海は大荒れでした。
d0099854_0191930.jpg

ワカドリはグレーぽくて別種のようです。
d0099854_0202487.jpg

ヒバリ 海岸近くの草原を歩くと驚いて飛び出してきます。
d0099854_0211635.jpg

ヒバリ 飛び出し
d0099854_0214873.jpg


以前、私の出会った台風の置き土産はハイイロヒレアシシギなど、ヒレアシシギの仲間でした。その時は数日いましたが、今回のように外洋性の海鳥はすぐに戻ってしまいますね。今回はいい教訓になりました。今度同じようなチャンスがあれば、(十分注意する必要がありますが、)台風直後にできるだけ早く駆けつけたいですね。
[PR]
by harada5550 | 2010-09-30 00:11
休耕田にてシベリアオオハシシギ
d0099854_051821.jpg 連日、暑い日が続いています。先週末は毎年この時期になると出会うことができるタマシギを探しに湘南の休耕田に行きましたが目撃情報はあるものの見つけることができませんでした。今夏のシギチは「ダメかな」などと思っていましたら、遠地の休耕田でシベリアオオハシシギの幼鳥が出ているとの情報。翌朝、急遽出動です。
 この日は、海岸でアジサシを探した後、そのあとその休耕田に向かうプランです。海岸では珍しいアジサシはいませんでしたが、ウミネコの第一回(すなわち今年生まれた)幼鳥がいました。全体に暗色で黒褐色が強く全く別の鳥かと思うくらいです。またコアジサシも例年より遅めの子育てを行っており雛のかわいい姿を見ることができました。
 さて、海岸での長居は禁物、お目当てのシベリアオオハシシギの場所に向かいます。ポイントに着くと知合いの方がおられました。「朝は居たのに、昼にオオタカが出て逃げてしまった」とか。その場所にはなんとツバメチドリがいますが、皆仕方なく、撮っているというかんじで完全に脇役になっていました。真夏の炎天下、長期戦を覚悟したところに別の休耕田にいるとの情報が・・・。急行です。
 ところが、その場所に着く飛ばれて、着地地点をおって、訪れるとまた、飛ばれて・・・。「こりゃ警戒心が強くて手ごわいぞ」と警戒していくと先ほどの元の場所に・・・。距離もあったせいか、鳥のほうも落ち着いて餌探しを始めました。

←シベリアオオハシシギ 幼鳥です。日本では非常にまれな旅鳥です。シベリア内陸部で繁殖し東南アジア方面に渡ります。比較的に間近で撮ることができました。



シベリアオオハシシギ 大きさはオオハシシギ(28cm)とオオソリハシシギ(39cm)の中間ぐらいの35cmです。
d0099854_0102632.jpg

特長はクチバシと足が長く黒いことです。
d0099854_094748.jpg

遠くに居たときの採餌中の写真です。距離は60mぐらいでしょうか。
d0099854_0334414.jpg

参考までに今春のオオハシシギ夏羽の写真です。クチバシは黒くて同じですが足が緑黄色です。向きがよくないですが特長がでています。
d0099854_034652.jpg

シベリアオオハシシギ 田圃の畦にのり上がりました。
d0099854_0152127.jpg

時間は夕方でした。この後、腰を落として寝てしまいそうでした。ネグラでしょうか。
d0099854_0163229.jpg

今日の脇役、ツバメチドリ。逆光でしたがこれだけでも儲けものです。
d0099854_0211389.jpg

他の場所でのツバメチドリ
d0099854_021587.jpg

この日に最初に訪れた海岸でウミネコ幼鳥(黒くてまるで別の鳥です)
d0099854_022454.jpg

コアジサシの親子 無事巣立ってくれるといいのですが・・・。
d0099854_0243747.jpg


 この日はもうひとつ、大きな目的がありました。最初に訪れた海岸に前日までコシジロアジサシがいたのです。同行のベテランバーダー氏がきれいに写真に撮られてました。そのため、タメ元でその海岸へ。居たら幸運でしたがそんなに簡単にはいきませんね。
 もっとも帰りの車中の雰囲気は、みんなでシベリアオオハシシギを間近で見ることができ、満足感に溢れたものになっていました。
[PR]
by harada5550 | 2010-08-04 00:04