タグ:オオタカ ( 4 ) タグの人気記事
冬の葦原にて(猛禽特集・一気に掲載)
 今日は風が強かったですね。車もカメラ機材も服も体も砂埃だらけになりながら河川敷で猛禽を狙いました。この冬、猛禽ねらいで撮影に行くのは何度目になるんでしょうか。結構足を運んでいるような気がします。
 今日の風は猛禽にとっても強過ぎたせいかホバをしているのか風に逆らっているのかわからないような状態でした。当然のごとく出はよくありません。今日は残念ながら不作でして、チュウヒとノスリのみ撮影できました。
 そんな訳で、今回はいままで撮りためていて未掲載の今年の猛禽たちを一気に掲載してみます。撮影日時等は省略させていただきます。


チュウヒ  さすが猛禽 鋭い顔してます。ハイチュウメスに似てますがある方のご指摘では大陸型では、とのことです。
d0099854_23102844.jpg

d0099854_23104937.jpg
d0099854_2311152.jpg
d0099854_231114100.jpg


こちら、ハイイロチュウヒオス 今年は多いみたいですね。
d0099854_2311364.jpg

d0099854_2313383.jpg
d0099854_23131751.jpg


チュウヒオス 顔や体が全体的に黒く大陸型かもしれないとのことです。(本日撮影)
d0099854_2313402.jpg


チュウヒ幼鳥 虹彩が黒いのが特徴です。
d0099854_23173649.jpg


チョウゲンボウ 光が辛いのですが綺麗な鳥です。
d0099854_23174658.jpg


オオタカ 都市公園で小鳥を撮影中、いきなり飛びました。
d0099854_23184213.jpg
d0099854_23185080.jpg


ノスリ 葦原の常連です。複数の個体がいてよく現れてくれました。(本日撮影)
d0099854_23213484.jpg
d0099854_23214220.jpg

d0099854_23214927.jpg
d0099854_23215744.jpg


今日は他の猛禽も狙っていたのですが、残念ながら撮れませんでした。
冬の葦原や農耕地の猛禽狙い。しばらく続きそうです。
[PR]
by harada5550 | 2009-02-08 23:28
鷹の渡り(ハチクマとオオタカ)
 先週のリベンジを近所の鷹見ポイントで果たそうかと思いましたが、再度信州行きを敢行してしまいました。前日の天気予報は「晴れのち曇り」。前回よりかなりいい予報でしたので今回は期待しました。
 現地に5:30着。思っていたより空いており車も登山口の真横に置けました。はやる気持ちのせいか、日頃の運動不足もまったく関係なく、急坂と思われる山道もこの日は楽々登れました。「たか見の広場」は東斜面のため、朝日をまともに受け前日までの雨が一気に蒸発していくかのようでした。
 ここは他の鷹見ポイントと違い、鷹の飛びはじめが比較的遅く、昼ごろがピークとのことでそれまで睡眠時間にあてようかと思いました。ところがこの日は7:10ごろに飛び始め朝から数羽の鷹柱ができていました。

ハチクマ成長オス 比較的近くを飛びます。
d0099854_18501888.jpg

ハチクマ成長オス 朝日に向って旋回。
d0099854_1852682.jpg

ハチクマ成長メス 羽の先が傷ついていました。
d0099854_18555618.jpg

ハチクマ幼鳥 早朝は天気がよかったのですが 早くも雲が出てきました。
d0099854_18574539.jpg

ハチクマ成長メス この日に一番近くを飛んでくれましたが残念ながら曇り空です
d0099854_19109.jpg

ハチクマ成長オス これも近かったのですが・・・。曇り空です。
d0099854_1922487.jpg

オオタカ幼鳥 最初はサシバかと思いましたがオオタカ幼鳥だと思います。
d0099854_1935425.jpg

オオタカ幼鳥 大きく旋回 少し青空が見えてきました。
d0099854_1951039.jpg

オオタカ幼鳥 ここは真横にタカが見られます。
d0099854_1963379.jpg

ハチクマをモビングする小型のタカ ツミかハヤブサか? 遠くて確認できません。
d0099854_199075.jpg

ハチクマ成長オス 餌を食べたばかりか、「そのう」が膨らんでいます。
d0099854_19105347.jpg

ハチクマ成長オス この日最後のカットも雲がバックでした。
d0099854_19143221.jpg


 「信州ワシタカ類渡り調査研究グループ」によるとこの日は総数450羽の鷹が渡り、内訳はハチクマ321羽、サシバ86羽、ツミ24羽 他19羽でした。数としてはまずまずでしたが、そんなに多いとは思いませんでした。天気は昼ごろから回復し、逆に良過ぎたぐらいでした。そのためか鷹が跳ぶ位置が高くて気がつかないものもかなりあったからかと思います。
 今回はハチクマの写真ばかりになってしまいました。サシバも確認できましたが高くて写真はダメでした。
 ここは初めて訪れましたが、間違いなく癖になると思います。今年中にまた訪れたいのですが、ダメなら来年、必ず行きます。


 
[PR]
by harada5550 | 2008-09-28 19:34
ふたたびオオタカ
 先日の撮ることのできたオオタカですが、このところ出没回数も多く、なんとかとまり物の立派なモノを撮りたいと、出会う確立の高いポイントに行ってきました。ここは猛禽類のほかに、カワセミやジョウビタキ、モズやサギ類、カモ類も豊富で一日中いても飽きません。オオタカがとまっている木のすぐ横でカワセミがダイブしていたり、オオタカの採ってきたコジュケイをノスリが横取りしたり、はたまた油断して魚を採っているコサギがオオタカにねらわれたり様々な場面を目撃できました。(でもなかなか瞬間は撮れませんが・・・)
 肝心のオオタカはというとこれがオスメス2羽は確認できました。常連の方によると3羽はいるそうです。この日はサービスがよくほとんど一日中、どこか見えるところに出ていてくれました。枝どまりでもマッタリして落ち着いて2時間もとまってました。地元の人も「こんな日は珍しい」とのことで真冬にしては暖かな一日をのんびりとすごすことができました。

オオタカ枝どまり、コサギを狙っています。
d0099854_0425796.jpg


飛び立ちますが、このときは失敗しました。
d0099854_0442347.jpg


オオタカ ハトを追っていきましたがこれも失敗
d0099854_045287.jpg

d0099854_0462100.jpg


お気に入りの枝でくつろぐオオタカ
d0099854_0471688.jpg

夕陽をあびて
d0099854_0474692.jpg

[PR]
by harada5550 | 2008-02-12 23:56
オオタカ
 今週末は寒い雪です。「雪のヤマセミ」なんか誰か撮りにっているんだろうな。なんて思うものの、愛車はスタッドレスタイヤも履いていないもので、今日一日暖かい部屋の中でのんびりしていました。我が子は雪遊びに夢中。午前中から昼ご飯をはさんで午後まで元気に外で遊んでいました。一方私は家内と雪かき。我が家の前は坂道。明日の朝、誰かが転んで怪我をしたら大変です。
 そのようなわけで今週は先週撮ったオオタカを載せてみます。
 最近、いろいろなところで目撃され数も増えているオオタカですが、レッドデータブックの掲載からもはずれ絶滅危惧種ではなくなりました。そうはいっても簡単に撮れる鳥ではありません。私もはるか上空を飛んでいるオオタカは撮ったことはありますが、枝どまりや飛びもの等は見たこともありませんでした。今回は影のかぶった枝どまりとピン甘の飛び出しを撮ることができました。まずはこんなもんからでしょうか。
 いつの日か、オオタカがコサギを捕らえる瞬間の写真とか、すばらしいオオタカの飛翔写真などを撮りたいものです。

オオタカ枝どまり 背景も悪いし、顔のかげも残念です。
d0099854_1838823.jpg

しばらくすると、飛びました。後ピンですがご容赦を!
目つきがさすが鋭いですね。
d0099854_18391497.jpg

d0099854_18392547.jpg

d0099854_18393688.jpg


大空を舞うオオタカ やっぱり風格があります
d0099854_18403384.jpg

何か横を気にしていました
d0099854_18405028.jpg


今回はワンチャンスのみで飛んだ後は何処かへ消えてしまいました。
カメラを観察小屋のマドにセットしていたので横にふれず飛び出した後は撮れませんでした。
オオタカ、またどこかでねらってみたいですね。
 
[PR]
by harada5550 | 2008-02-03 18:52