タグ:オオヒシクイ ( 2 ) タグの人気記事
冬の使者たち(ハクガン、コハクチョウ、オオヒシクイ、マガン
 北からの冬の使者たちに会いたくて、日本海側の飛来地に行ってきました。ここは多くのオオヒシクイとマガン、白鳥の飛来地として有名です。しかも毎年少数のハクガンも飛来します。関東でのガンの飛来となると小数のオオヒシクイの飛来があるくらいでなかなかお目にかかれません。数年前には埼玉でカリガネ4羽が迷い込みましたが、そのときは一足違いで見ることができませんでした。
 今回はハクガンが17羽着ているという情報を期待して夜半過ぎからベテランBIRDER氏と出発。夜が明けてしまった飛来地に到着したのは7時過ぎでした。池には多くのオオヒシクイが餌場へ次々と飛び立っていましたがすでにハクガンの姿はありません。先に来ていた知り合いのご夫婦によると明け方は霧が濃くてハクガン餌場へ向かうのは確認できなかったとこと。午前中には一度帰ってくるということで期待して待っていました。そうしていると9時前の割と早い時間に3羽のハクガンがオオヒシクイの群れに混じって戻ってきました。

ハクガン 日本にはごく少数が渡ってきます。英名はSnow Goose。白鳥とは違った美しさがあります。
d0099854_2346693.jpg

比較的間近な上空を飛びます。
d0099854_23465060.jpg

三羽そろって着水です。できればもう少し近くに着てほしかったです。
d0099854_2347501.jpg

多くのオオヒシクイの中にいると白さが目立ちます。
d0099854_23484388.jpg

こちらはおなじみコハクチョウ ハクガンよりサイズはかなり大きいです。
d0099854_2351643.jpg
 
華麗なる!? ステップで水上を走ります。
d0099854_235285.jpg

飛翔もビッグです。
d0099854_23523885.jpg

長い助走のあとの飛び出しです。
d0099854_2354899.jpg

オオヒシクイ 関東では天然記念物ですが、ここではもっともポピュラーです。
d0099854_2355617.jpg

オオヒシクイ 餌場から次から次へと帰って来ます。
d0099854_23561297.jpg

こちらはマガンの群れの帰還。大きさはオオヒシクイより小型で、クチバシが違います。
d0099854_235743100.jpg

カワアイサ この池はカワアイサの数は比較的多かったです。
d0099854_23584816.jpg

オオヒシクイの間をおよぐカワアイサ
d0099854_23592450.jpg


 ハクガンのその後の帰還はありませんでした。前日は17羽ということでしたが、この日は結局3羽のみ。どこへ行ってしまったのかわかりませんが少し残念でした。しかし、距離もありましたが、見ることができただけでも「よし!」としたいと思います。いつかは、もう少し多くの距離も近いハクガンを撮りたいものです。
[PR]
by harada5550 | 2010-11-27 23:43
刈田にてオオヒシクイ
d0099854_18393745.jpg 今年もオオヒシクイがやってきました。
 もちろん、湘南ではありません。ここは関東で唯一のオオヒシクイの越冬地。地元の方によると昨日時点で今年は49羽。昨年の最大羽数は66羽でしたので17羽ほど少ないとのことです。
 オオヒシクイは日本で冬を過ごすために、シベリアからやって来るガンの1種です。国の天然記念物に指定され、法的にも保護された鳥です。地元の方々に手厚く保護されています。観察や撮影も指定された堤防の上からと決められています。
 オオヒシクイは朝から夕方までの九割の時間を刈田で過ごし、エサを食べたり休んだりしています。塒(ねぐら)は別にあり、飛翔姿は朝か夕方にしか見られないそうです。この日も夜明けには間に合いませんでしたので、現地に着いたときには休息中でした。
 昨年も訪れましたが、とにかく被写体として遠くて、しかも休んでいるだけでとても写真にはなりませんでした。 ただし、今回は「いる場所」は昨年よりかなり近いです。





d0099854_18452066.jpg



オオヒシクイ 昼間はほとんど休息です。
d0099854_18361262.jpg


いつもは刈田の中にいます。今回は畦道にいたので全身が撮れました。
d0099854_18441276.jpg


幸運なことに突然の飛び出し
d0099854_184846100.jpg

d0099854_18491520.jpg


貴重な昼間の飛翔姿
d0099854_18495436.jpg
d0099854_1850970.jpg
d0099854_18502083.jpg
d0099854_18503078.jpg


着地点はいつも休息している刈田です。
d0099854_1852473.jpg


d0099854_18545297.jpg
 この日は「オオヒシクイが見られればいい」ぐらいの軽い気持ちで行きましたので目の前でいきなり飛翔姿が見られて幸運でした。ガンの飛翔は伊豆沼のマガンが有名ですが、ここでも明け方と夕方は綺麗な列を作った飛翔が見られるそうです。次回はそんなオオヒシクイを撮りたいです。
[PR]
by harada5550 | 2008-12-14 19:05