タグ:オオルリ ( 9 ) タグの人気記事
GWの飛島の野鳥
 今年のGWの飛島は好天が災いして野鳥の種類、数共にが少なかったようです。私は5/1~3に行きましたが、アオジ、オオルリ、キビタキばかりでミゾゴイとシラガホウジロ以外は、いわゆる「珍鳥」の類はほとんどいませんでした。種類にして友人と合わせて67種とこの時期にしては非常に少なく感じます。同様に日本海側の島では舳倉島や粟島がありますが、GWの時期はやはり野鳥の数が少なかったようです。(舳倉島はそのあと珍鳥が出ているようですが・・・) 
(撮影日:2012年5月1日~3日)

シラガホオジロ(Pine Bunting)
この種は昨秋舳倉島で撮影していますが、今回は全体に赤みがかかっていましたが尾羽の赤みが少なく聞くところによりますと第1回冬羽の夏羽になりかけと思われます。
d0099854_20172254.jpg


 季節的には桜が満開から散り初めの時期でした。飛島でなくても見られる野鳥ばかりでしたが季節感のでる写真を撮ることに目的を変えてみました。

桜とメジロ(Japanese white-eye)
d0099854_20194460.jpg

桜とキビタキ(Narcissus Flycatcher)
d0099854_20195576.jpg

サッカーゴールポストとジョウビタキ(Daurian Redstart)
d0099854_20201118.jpg

桜の花びらの中のエゾムシクイ(Sakhlin Leaf Warbler)
d0099854_2020229.jpg

桜のオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)♀
d0099854_20203738.jpg

カイドウのオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)♂
d0099854_2020491.jpg

藪の中のマミチャジナイ(Eyebrowed Thrush)
d0099854_20211082.jpg

新緑の中のコサメビタキ(Asian Brown Flycather)
d0099854_20214089.jpg

黄色い花の中のホオアカ(Chestnut-eared Bunting)
d0099854_20215530.jpg

草の中で撮餌するニュウナイスズメ(Russet Sparrow)

d0099854_2022775.jpg


 飛島は徒歩で回るには広すぎて自転車がちょうどいいと思います。舳倉島がコンパクトで野鳥観察ポイントが近接しているのに対して、飛島は広くて野鳥観察ポイントが分散しておりしかも、探しながら回るのであれば自転車で軽装で回る必要があります。500mm/F4レンズと重い三脚を担いで片手運転は不可能です。野鳥を探しながら自転車で回るのなら300mm程度のレンズ程度と三脚を担いで回るが賢明です。そのため画質を求め大口径レンズで撮る場合は機材をバッグに入れて自転車で回りポイントごとで組み立てて撮影します。当然自転車に乗っているときに野鳥が現れても撮影することができません。そのため飛島は野鳥カメラマンよりBIRDER向けの場所といえます。実際、野鳥カメラマンより観察主体でときおり写真を撮るBIRDERが多いと思われました。
 
[PR]
by harada5550 | 2012-05-13 20:17
春の渡りの鳥(マミジロキビタキ)
 今日でGWも終わりです。今年は昨年春に行けなかった舳倉島に行ってきました。GW前半は天気が安定しなかったそうですが、鳥の数は多かったようです。
 私の行った中ごろは初日こそまずまずの出でしたが、二日目からは減った気がします。それでもマミジロキビタキ、ニシイワツバメ、キマユツメナガセキレイ、タイワンハクセキレイ、シベリアアオジ、キマユホウジロ、シロハラホウジロ、シマゴマ、キマユムシクイ、ムジセッカ、ムネアカタヒバリなど舳倉島ならではの鳥たちに出会うことができました。
 しかも二日目にヤマショウビンが目撃されてからは一発狙いでポイントでねばったため、写真の数がさらに減ってしまいました。結局、三日目も目撃できず島を後にしましたがGW後半あたりは、やっぱり来ますね。ヤマショウビンが・・・。
 さて、今回の目的のひとつがライファーのマミジロキビタキです。昨年も出ていたそうですが今年はオス3個体、メス1個体いたように思います。場所もそれぞれ離れた場所ですので別の個体と思われます。一方ただのキビタキは少なかったように思います。人にも慣れてきたのか見かけるキビタキがいつもマミジロキビタキように思えました。


マミジロキビタキ 眉斑が白く、黄色もレモン色っぽいのが特徴です。
d0099854_19402971.jpg

d0099854_19435721.jpg

こちらただのキビタキ 眉斑が黄色く、黄色もオレンジに近く、お腹は白です。
d0099854_20353217.jpg

再び、マミジロキビタキです。胸からお腹にかけても全部レモン色です。
d0099854_1955515.jpg
d0099854_1956293.jpg

d0099854_19563911.jpg
d0099854_19565581.jpg
d0099854_1957946.jpg

ヒタキ仲間はオオルリとコサメも多かったです。ヒタキはこの4種類でした。
d0099854_19583321.jpg
d0099854_19584830.jpg


 ライファーなもので多くの写真が多くなりました。オスの綺麗なレモン色は、普通のキビタキを見慣れた私にとっては実に新鮮でした。
メスタイプもいたと思うのですが、撮れた!と思ったらただのキビメスだったりコサメ。メスタイプは翼に白斑があるのですぐわかります。これは次回にお預けです。
[PR]
by harada5550 | 2011-05-08 19:40
渓谷にてサンコウチョウとオオルリ
d0099854_7274453.jpg 今年も湘南の渓谷にサンコウチョウがきています。昨年は他の場所でもサンコウチョウが見られたみたいですが、今年は少ないそうですね。
 この場所では毎年、4月のオオルリから始まって7月のサンコウチョウまでよく通うのですが、今年は訪れるのも初めてです。知り合いの方も何人かにお会いでき楽しい時間をすごすことができました。
 サンコウチョウは今年も数箇所で森の中を舞っていました。特にオス同士のバトルは長い尾っぽをひらひらさせてまさに舞のようです。ただし暗い被写体でSSもあがらず、写真はとれません。むずかしいですが一度は撮りたいものです。もっとも当事者同士は真剣勝負そのものですね。


いきなり目の前に出てきました。逆光の中、急いでシャッターを切りました。
d0099854_7293597.jpg

尾の綺麗なオスが見られました。
d0099854_7315528.jpg

緑の中のサンコウチョウオス。
d0099854_7325326.jpg

陽の光が差してきました。これも近くて尾っぽが切れました。
d0099854_7341662.jpg

森の中を歩いていると赤く見える鳥が遠くの藪の中に。サンコウチョウメスでした。
d0099854_735234.jpg

遠かったのですが、抜けたところに止まってくれました。
d0099854_738144.jpg

この場所はオオルリも常連です。
d0099854_7385610.jpg

子育て用の虫をくわえています。サンコウチョウより一足先に子育て中のようです。
d0099854_7403427.jpg


 この日のサンコウチョウは鳴いてはいるのですが、出が悪く、撮影も苦労しました。また、カメラを持って歩いていると鳴き声もせずにいきなりサンコウチョウが飛んできたりしました。ただし、カメラをかかまえる前に森の中に消えてしまい見失います。そして、なかなかシャッターチャンスに恵まれず、「次回はもっといい写真を」なんて思ってしまい、また、何回か通うことになります。
[PR]
by harada5550 | 2009-06-21 08:34
ヒタキ類(舳倉島特集その3)
d0099854_1905364.jpg 先週の東京はヤツガシラが出て話題をさらいましたね。私は一歩間に合わずに撮影できませんでしたが、今回は多くの方が撮影できたのではないでしょうか。毎回一日違いで抜けてしまいますので次回は必ず撮りたいものです。できれば、今週は舳倉島特集ではなくヤツガシラにしたかったのですがどうしようもありませんね。
 前置きが長くなりましたが、今週は舳倉島で出会ったヒタキ科の鳥です。今回はムギマキ、キビタキ、コサメビタキ、オオルリの4種類に出会えました。これといった珍しい鳥はいませんが、やっぱりムギマキが撮れるとうれしいですね。秋ではなく春の渡りの時期に撮れるのもいいもんです。夏鳥の常連さんのキビタキ、オオルリも目の前に「ヒョッコリ」出てきて目線で撮れるのも舳倉島のいいところです。


ムギマキオス→
松の間の暗い枝でした。なかなか抜けたところにでてくれません。
お腹の橙色が魅力です。




d0099854_1945198.jpg
ムギマキオス→
同じ位置の右向き写真、前の枝さえなければ前の写真より表情がいいです。



こちらおなじみのキビタキ やっぱりこの鳥は美しいですね。
d0099854_1982292.jpg
 
こちらはノートリです。近すぎました。
d0099854_1993020.jpg

一方、地味なキビタキメス 控えめな美人です。
d0099854_19105640.jpg

コサメビタキ この鳥も舳倉島のあちこちにいました。
d0099854_1911322.jpg

こちらは他の枝どまりです。
d0099854_1912312.jpg

水場のコサメ 目がパッチリが特長です。
d0099854_19125492.jpg

オオルリ 昨年、同じ場所で弱りきった飛べないオオルリを見ましたが今年は大丈夫です。
d0099854_19143086.jpg

湘南の森では木の上の方でさえずっていて、なかなか目線で撮れないのですが、これば目線です。
d0099854_19184046.jpg

オオルリ、幸せの青い鳥です。
d0099854_19201220.jpg

オオルリメス 綺麗に緑の中に溶け込んでいました。
d0099854_19213866.jpg

最後に海岸線のコサメビタキ 前回掲載のジョウビタキオスと同じ海岸線にいました。渡ってきたのかこちらはお疲れモードでした。
d0099854_19233730.jpg


旅鳥の交差点、舳倉島ではヒタキ類が休憩のために立ち寄ります。冬鳥も夏鳥も渡ってきた直後は疲労困憊の様子ですが、島内で栄養補給し、再び大海原へと繰り出していきます。こんな小さなヒタキ類の生命(いのち)の力強さを感じずにはいられませんでした。
[PR]
by harada5550 | 2009-05-17 19:29
夏鳥到来
 4月も半ば。そろそろ夏鳥が来るはずと思い、9か月ぶりに渓谷へ。
今年の冬は昨年は数多く見られた種類がまったく見られずに何となく変な年です。地球温暖化の影響でしょうか? この渓谷には今年も夏鳥が来るのか不安でした。
 そんなことを思いをめぐらしながら現地に着いてみると、そんな思いはまったく不要でした。着くや否やオオルリのきれいなさえずりが渓谷中に響き渡っています。この渓谷には少なくとも6羽のオスが縄張りを主張し始めていました。
 ところが、渡って来たばかりで動きが落ち着かずに、高い木のはるか上の方でさえずっているばかりです。いるのは確認できていますが遠い上に空抜けで写真にはなりません。午前中まったくダメで今日は「見るだけか」とあきらめかけていた所にいきなり目の前でのさえずりが始まりました。

いい声でさえずっています
d0099854_22465528.jpg
d0099854_2247776.jpg
d0099854_22471415.jpg

目の前の枝に飛んできてくれました
d0099854_22472093.jpg

ここでもきれいな声
d0099854_22472782.jpg

それ以上、口が開かないでしょう

d0099854_224733100.jpg


ここではいつも親切に教えていただくSさんとお会いでき、今日もお世話になりました。
これからも夏鳥さがしに通ってみようと思います。
[PR]
by harada5550 | 2008-04-20 23:01
秋のヒタキ類
 この時期になると、毎年、キビタキやエゾビタキが撮りたくなりいつもの場所に出掛けます。
昨年はエゾビタキがほとんど見られなくて残念でした。今年は昨年より多いのですがいいところにとまってくれません。
 そのかわりにオオルリの若が登場。ここでははじめて見ました。羽のいろは見事な青ですが頭はメスとかわりません。そのうちに青くそして顔は黒くなるんでしょうね。
 キビタキもオスも若と成長が両方、お出ましです。特に成長は綺麗な個体でした。胸から腹にかけての黄色の濃さの違いがはっきりわかりました。
 そろそろ夏鳥も終わりです。この夏のヒタキ類も南に渡っていきます。それと入れ替わりにルリビタキやジョウビタキなどのツグミ科の冬のヒタキ類が登場するのもあと少しです。

キビタキ若、胸の黄色が薄め
d0099854_22301974.jpg

キビタキ若、色づき始めた葉っぱの中で
d0099854_2231947.jpg

キビタキ若、突然目の前に
d0099854_22314059.jpg

キビタキ成長、きれいな個体でした おなかの黄色がちがいます
d0099854_22321168.jpg

エゾビタキ、葉がかぶってしまいました。
d0099854_22382892.jpg

エゾビタキ、遠慮気味に地面の枯れ枝どまり
d0099854_22325591.jpg

オオルリ若、メスかと思えば羽が青い
d0099854_22332323.jpg

オオルリ若、成長してきれいな青になるんでしょう
d0099854_22334388.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-10-14 22:48
雨上がりのサンコウチョウ
 雨上がりの昼下がり! サンコウチョウに会いに渓谷に行ってきました。
天気予報のとおりに朝のうちは雨でしたが、10時ごろからやみはじめて、遅くなってしまったものの近所ということもあり出かけてみました。
距離にして7~8キロ。それなのに現地に着いたらまだ雨。しかもその雨の中、既に先客が5人ほどいらっしゃいました。熱心なことだと感心したものの自分もその一人かと自問自答の中、サンコウチョウがやってきました。
雨上がりの渓谷。雨のしずくと木漏れ陽。渓流からあがるモヤ。そんな、とても幻想的で美しい風景。そこにサンコウチョウは現れました。撮影機材にとっては非常に厳しい環境でしたが、梅雨の末期の雨上がりの緑の中、思い切り深呼吸すると日ごろの疲れもとんでしまいますね。
巣作り中のコゲラと今は脇役のオオルリにも会えましたので掲載します。

陽がさす前の枝どまりのサンコウチョウ
d0099854_2158370.jpg


雨上がりの木漏れ陽の中の撮影。あわてて露出補正を大きく上げてみました
d0099854_2159671.jpg


こちらは逆光気味の中、厳しい写真です。
d0099854_2283288.jpg


あのすばしこいコゲラがめずらしく枝先で動きません。
d0099854_2232775.jpg


枝の下に作りかけの巣があったんですね。
d0099854_226854.jpg


すっかり脇役のオオルリ。でもきれいにさえずっていました。
d0099854_22123029.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-07-22 22:20
サンコウチョウとオオルリ
近所の渓谷も少し来ない間に若葉が茂り、
季節は確実に夏に向かっています。

そんななか、今年もやってきましたサンコウチョウ!!
相変わらず、暗い林の中を飛び回っていました。
この鳥は枝にとまってもすぐに飛んでしまい
おまけに暗くてSSもあがらず、ワンショットのみ撮れました。
今年の初撮り個体は、特長のある尾が短くてサンコウチョウらしくないですね。
まあ、ここの渓谷には他の個体もいますから、尾の長い通常の鳥も撮れると思います。
巣についてはかけはじめた様子もあったのですが、実際にかけていません。
少し時間がかかるかもしれません。
今年はなるべく人が近づけないところにかけてくれるといいですね。
遠くから見守りましょう。

d0099854_21495526.jpg


帰りにオオルリが虫をつかまえていました。
こちらは落ち着いていて通りかかる皆さんが撮られていてもいっこうに構わず。
逆にいつになったら飛ぶのか気になりました。

d0099854_21501377.jpg

d0099854_21502720.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-05-18 21:57
オオルリ
先日のリベンジで渓谷に行ってきました。
木のてっぺんでさえずっていたオオルリがやっと下のほうまで降りてきました。
今期初撮りです。
オス・メス追いかけあって巣作り寸前といったところでしょうか。
これでいよいよ夏鳥の季節。今年も期待できそうです。
今日は地元の人が多くいろいろ情報交換しながら楽しく撮影できました。
皆様ありがとうございました。

朝、目の前でさえずっていました。
d0099854_18434660.jpg
d0099854_18435892.jpg


空抜けでつらいところを何とか撮りました。
d0099854_18444179.jpg


見晴らしのいいところでさえずりです。
暗くてSSが上がらずこれも少しつらかったですね。
d0099854_1847285.jpg

d0099854_18472576.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-04-21 18:50