タグ:クロハラアジサシ ( 3 ) タグの人気記事
海岸にてアジサシ類とオグロシギ、ツバメチドリ
 北海道シリーズの連載中ですが、近況報告も!
 気がつくと7月も最終日になっていました。この時期、アジサシ類は雛が育ち早くも渡りの準備にはいり、干潟には多くのコアジサシが集結します。シギチも渡りの開始時期です。この日は数箇所の海岸沿いを回りました。コアジサアシ、クロハラアジサシ、オオソリハシギ、オグロシギ、メダイチドリ、コチドリ、ツバメチドリが見られました。

 アジサシ類は関東ではコアジサシのコロニーがいくつかあります。この時期、すでに雛が巣立ちヨチヨチ歩きで餌を親鳥にねだっていますが、飛ぶことはできます。雛はカメラを持った私が静かに低い姿勢で身構えているとどんどん近づいてきます。こっちがビックリして後ずさりするほどでした。コアジサシに混ざって夏羽のクロハラアジサシも2羽確認できました。

クロハラアジサシ(Whiskered Tern)
 夏羽のクロハラアジサシを身近で撮ることができました。砂浜に下りている場合は警戒心が強く、近づくと飛ばれます。このときは採餌のために同じ場所を何度も行き来して飛んでいるため、マニュアルフォーカスでアジサシに焦点が合うのを待ちました。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_16383662.jpg

d0099854_16393151.jpg


コアジサシ(Little Tern)
 幼鳥です。どんどん近づいてきます。足をよく見るとなんとバンディングされていました。関東ではポピュラーですがやはり絶滅危惧種のため、調査対象になっているのでしょう。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_16493684.jpg

こちらは成鳥の後姿
d0099854_16503546.jpg

潮が満ちてくると干潟の杭に上っています。
d0099854_16512449.jpg

d0099854_16515637.jpg


オグロシギ(Black tailed Godwit)とオオソリハシシギ(Bar tailed Godwit)
 7~8羽程度のオオソリハシシギの中にオグロシギが混じっていました。早くもシギチの渡りが始まっています。7月のこの時期は、繁殖に失敗した成鳥が渡り始め、今年の幼鳥や繁殖した成鳥はもう少し後で渡っていくそうです。
 オグロシギとオオソリハシシギは大きさはほとんど同じ(体長39cm)で、嘴がそっているか否かで見分けますが、英名ではBlack tailed とBar tailed の違いで尾でも見分けがつきます。通常、尾羽は風切羽の下に隠れていますので見にくいです。その他に、オグロシギは腹部上部に目だった縦縞がありますが、オオソリハシシギはありません。
(撮影日:2011年7月24日)
写真の左は夏羽の少し残るオグロシギ、右はオオソリハシシギです。
d0099854_17524694.jpg

これは二羽ともオオソリハシシギ
d0099854_1754593.jpg

オグロシギが貝をつまんでいます。
d0099854_1754497.jpg


ツバメチドリ(Oriemtal Pratincole)
この日は、ツバメチドリもお目当ての鳥でした。わくわくしながらポイントへ。向かってみるといま、飛んでいってしまったとのこと。しばらくすると2羽戻ってきました。ところが夏羽を期待していたのですが、すでにほとんど冬羽でした。昨年は5月でしたので夏羽だったのかと思います。
(撮影日:2011年7月24日)
d0099854_21143931.jpg
d0099854_21145358.jpg

夏羽のツバメチドリ(撮影日:2010年5月2日)
d0099854_21163667.jpg


 北海道から帰宅後、翌週に関東の海岸を数箇所まわってみました。やっぱり確実に季節がかわっていることが実感できました。これからのシギチの秋の渡りに期待したいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2011-07-31 16:28
浜辺にて(ハジロクロハラアジサシ、クロハラアジサシ、ほか)
 浜辺にはアジサシが来る季節になりました。ここの浜辺は幸いにも東北太平洋沖地震の津波の影響も受けなかったせいか、例年通りコアジサシの繁殖地となりそうです。繁殖地は柵で囲われて大事に保護されていて安心です。
 さて、ここはコアジサシのコロニーのほかに、時々渡りのアジサシが入るので楽しませてくれます。今回は夏羽のハジロクロハラアジサシとクロハラアジサシを撮る事ができました。旅鳥のため東南アジア方面からモンゴル、中央アジア方面に渡っていきます。両方とも沼アジサシのため、内陸の沼で見ることがありますが、距離が遠くて被写体としてあまりいいものではありませんでした。今回は砂浜でアジサシの群れの中にまぎれており、比較的近距離でとることができました。


ハジロクロハラアジサシ 初撮りです。夏羽では見間違うことはありません。右にいるただアジサシも「足の赤いタイプ」で少しうれしくなります。
d0099854_21563263.jpg

d0099854_21584599.jpg

ハジロクロハラアジサシ 飛んでいるときもすぐにわかります。
d0099854_2201179.jpg
d0099854_2202440.jpg


クロハラアジサシ こちらもアジサシの群れにまじっていました。ハジロクロハラアジサシに比べると普通ですが、アジサシと比較すると明らかにお腹が黒いです。
d0099854_2211978.jpg

d0099854_2231119.jpg

d0099854_2235478.jpg


コアジサシ 求愛給餌です。メスのとぼけた表情が微笑ましいです。
d0099854_2251173.jpg
d0099854_2252292.jpg


アジサシ 夏の海をバックに飛んでいました。
d0099854_226140.jpg
d0099854_2261036.jpg


 湘南の海もかつてはアジサシが来ていたようですが、いまでは酒匂川の河口付近のコアジサシに限られるようです。小田原市の鳥もコアジサシなのですがさびしい限りです。夏の浜辺の風物詩のアジサシが湘南の海にも戻ってくれることを願います。
[PR]
by harada5550 | 2011-06-05 21:58
砂浜にてアジサシ類(ベニアジサイ、クロハラアジサシ、アジサシ、コアジサシ)
d0099854_1851328.jpg 太平洋に臨む広い砂浜にアジサシ類を見に行ってきました。ここはコアジサシの繁殖しで地元自治体をはじめ保護に努めています。もちろんコアジサシの繁殖地は縄が張ってあり立ち入り禁止です。明確に場所を区分して立ち入り禁止にしているほうが安心です。ただしアジサシのほうは立ち入り禁止区域に関係なく、波打ち際まで出てきます。私が訪れた日はコアジサシのほかアジサシ、ベニアジサシ、クロハラアジサシも観察することができました。
 内陸性で沼などでよく観察されるクロハラアジサシがいたので写真を撮っているとコアジサシがしきりに鳴いています。気がつくと何と私を威嚇しています。営巣地の立ち入り禁止区域ではないですし、足元にも営巣は確認できませんでしたが、コアジサシの重要な場所と思われますので早々に退散しました。釣り人が数人いるほかは私だけでしたのが、コアジサシが威嚇してくるのは初めてでした。

ベニアジサシ⇒



ベニアジサシ アジサシの中に足が赤い胸がほんのりピンク色がかったベニアジサシがいました。
d0099854_1855375.jpg

d0099854_18564451.jpg

d0099854_1857712.jpg

クロハラアジサシ 本来内陸性で海岸ではあまり観察されないと聞いています。全体的に色が濃い印象です。
d0099854_18581016.jpg

クロハラアジサシ 飛び出しです。ライファーでしたので感激しました。
d0099854_1859963.jpg

コアジサシ 給餌しようとしてましたが、この時は失敗でした。
d0099854_1901369.jpg

コアジサシとアジサシ 曇り空でしたが海がバックが似合います。
d0099854_191272.jpg

アジサシ 本当は晴れた海バックで撮りたいですね。
d0099854_1921960.jpg

アジサシ 飛び出しです。コアジの成鳥と幼鳥と一緒に。
d0099854_1932588.jpg

オオソリハシシギとオバシギ 多くのアジサシの中に3羽だけいました。
d0099854_1944873.jpg


 アジサシというと晴れた日の海をバックに飛翔姿という印象ですが、この日は小雨もぱらつく生憎の天気。そのせいか釣り人以外は人も少なくのんびりと観察できました。ただ、気になるのが「海岸への自動車の乗り入れ!」。アジサシの群れの中を4WD車が突っ切って行きます。地元自治体のたて看板でも「自動車乗り入れ禁止」と書かれていますが、お構いなく数台の車が砂浜に乗り入れています。釣り人やレレジャーの人でしたが、自然保護の観点ではもちろん、モラル違反ですので止めていただきたいと思いました。
[PR]
by harada5550 | 2010-07-11 18:51