タグ:コサメビタキ ( 6 ) タグの人気記事
飛島 四谷ダムにて渡りのサメビタキ
d0099854_19311150.jpg  今年の秋はイナバヒタキやアネハヅル、タカサゴモズがBIRDER諸氏の興味を引いております。私も興味があり行きたいと思うのですが、都合がつかず、このところマイペースで撮影を楽しむことが多くなりました。
 秋の飛島には渡りの途中のヒタキ類にも期待していました。コサメビタキ、オオルリの定番種や少し珍しいムギマキやサメビタキに出会うことができました。
 その中でも2羽のサメビタキがダム湖の横の松の枝でフライキャッチを繰り返していたのが被写体として興味を引きました。この日は時折曇るものの太陽が輝き、高速シャッターが切れるため、サメビタキの習性を考慮し、飛び出した枝に戻ってくる時をねらって、置きピンマニュアルフォーカスで撮影してみました。ISO感度を上げて、絞りをマイナス気味にして、レンズは開放より一段下げ被写界深度を若干広げ撮ってみました。晴れといっても夕方で陽が傾きかけていましたが、何とかSS1/2000秒ぐらいまであげられました。
(撮影日:2012年10月7日)

 サメビタキ(Siberian Flycatcher) 
 サメビタキは過去に撮った確たる記憶がありません。当初はコサメビタキかと思いましたが、コサメビタキと比較すると眼の先が暗色で胸から脇が褐色です。初列風切の突出が長いのが確認できないので迷いましたが、サメビタキとします。




 サメビタキ 何度も飛び立ってはフライキャッチを繰り返し同じ枝に戻ってきます。
 (ちなみにこの3枚は連続写真ではありません)
d0099854_21204678.jpg
d0099854_21205623.jpg
d0099854_2121576.jpg

 
 コサメビタキ(Asian Brown Flycatcher)
 こちらはお馴染みのコサメビタキ。やはり全体的にブラウンがかっておらずグレイっぽい感じです。
d0099854_21252796.jpg


 飛びモノを撮るのは面白いです。一枚一枚の写真がすべて違います。ただし、難しいですね。短い時間に百枚ぐらいは撮りましたが、ほとんどが没写真でした。
[PR]
by harada5550 | 2012-10-27 19:34
春の渡りの鳥(マミジロキビタキ)
 今日でGWも終わりです。今年は昨年春に行けなかった舳倉島に行ってきました。GW前半は天気が安定しなかったそうですが、鳥の数は多かったようです。
 私の行った中ごろは初日こそまずまずの出でしたが、二日目からは減った気がします。それでもマミジロキビタキ、ニシイワツバメ、キマユツメナガセキレイ、タイワンハクセキレイ、シベリアアオジ、キマユホウジロ、シロハラホウジロ、シマゴマ、キマユムシクイ、ムジセッカ、ムネアカタヒバリなど舳倉島ならではの鳥たちに出会うことができました。
 しかも二日目にヤマショウビンが目撃されてからは一発狙いでポイントでねばったため、写真の数がさらに減ってしまいました。結局、三日目も目撃できず島を後にしましたがGW後半あたりは、やっぱり来ますね。ヤマショウビンが・・・。
 さて、今回の目的のひとつがライファーのマミジロキビタキです。昨年も出ていたそうですが今年はオス3個体、メス1個体いたように思います。場所もそれぞれ離れた場所ですので別の個体と思われます。一方ただのキビタキは少なかったように思います。人にも慣れてきたのか見かけるキビタキがいつもマミジロキビタキように思えました。


マミジロキビタキ 眉斑が白く、黄色もレモン色っぽいのが特徴です。
d0099854_19402971.jpg

d0099854_19435721.jpg

こちらただのキビタキ 眉斑が黄色く、黄色もオレンジに近く、お腹は白です。
d0099854_20353217.jpg

再び、マミジロキビタキです。胸からお腹にかけても全部レモン色です。
d0099854_1955515.jpg
d0099854_1956293.jpg

d0099854_19563911.jpg
d0099854_19565581.jpg
d0099854_1957946.jpg

ヒタキ仲間はオオルリとコサメも多かったです。ヒタキはこの4種類でした。
d0099854_19583321.jpg
d0099854_19584830.jpg


 ライファーなもので多くの写真が多くなりました。オスの綺麗なレモン色は、普通のキビタキを見慣れた私にとっては実に新鮮でした。
メスタイプもいたと思うのですが、撮れた!と思ったらただのキビメスだったりコサメ。メスタイプは翼に白斑があるのですぐわかります。これは次回にお預けです。
[PR]
by harada5550 | 2011-05-08 19:40
秋の舳倉島にて-3 (マヒワ、アカモズ、コサメ、アトリ)
 今回、私の行った時期には多くのマヒワがいました。海の上を渡ってくるため空腹なのか、種類はわからないのですが草の実に群がっていました。近づいても食べるのに必死で逃げようとしません。ここでは鳥たちの過酷な渡りの本当の姿を垣間見ることができます。こちらもできるだけ邪魔をしないようにしていますが、静かにしていると鳥のほうから近づいてきます。というよりは人など気にしている余裕がないのかもしれません。今回は他に、アカモズ幼鳥、アトリ、コサメビタキを載せます。

マヒワ ノートリです。500F4に1.4テレコンを着けていましたが、こんなに近くで撮れたことはありません。
d0099854_0245556.jpg

同じ場所の別の個体です。
d0099854_0265584.jpg

草に群がるマヒワの群れ
d0099854_028277.jpg

チャキンチョウspのヨコを飛ぶマヒワ
d0099854_02922.jpg

アカモズ幼鳥 雨の中、獲物をねらっていました。
d0099854_0303093.jpg

d0099854_0305562.jpg

アトリ 島にはアトリの群れも多かったです。
d0099854_0314882.jpg

アトリも間近に飛んできました。
d0099854_033218.jpg

コサメビタキ 早朝の海岸の岩の上で。 渡ってきたばかりかもしれません。
d0099854_034445.jpg


 舳倉島に行くと毎回、このような鳥たちの力強さを感じます。春に、道にたたずんで飛ぼうとしないオオルリやキビタキを見たときに、思わず応援したくなったことを思い出しました。
[PR]
by harada5550 | 2010-10-24 00:33
天売島にて海鳥と春の渡り-3(ヒタキ類)
 渡りの人気の小鳥といえばヒタキ類です。春の渡ってくるオオルリ、キビタキ、秋の渡りのエゾビタキ、ムギマキ、コサメビタキ。ここ天売島では両方の渡りのヒタキに会うことができました。
 特にムギマキは昨年秋に戸隠にこの鳥目的で行ったのですが、残念ながら見ることができませんでした。本来、ムギマキはその名のとおり秋の「麦蒔き」の時期の鳥。ところが私は春の「渡り」でしかも日本海側の島でしか見たことがありません。年によっては関東にも現れますが私はそこでも会えていません。今回も期待していませんでしたがやっぱりあのオレンジ色には感動です。

ムギマキ 森を歩いていると黒い鳥が目の前を横切りました。
d0099854_22505041.jpg

ムギマキ 早朝の天売島の森の中での出会いです。
d0099854_2252114.jpg

ムギマキ 森の中に消えていく中で胸のオレンジが強烈でした。
d0099854_22531035.jpg

エゾビタキ この鳥も関東では秋の鳥です。ここエゾではどうなのか?
d0099854_22541447.jpg

コサメビタキ やっぱり目がパッチリです。
d0099854_2255812.jpg

コサメビタキ この鳥に会うと得した気分になります。
d0099854_2256219.jpg

キビタキメス 実はお墓のブロックの上にいます。
d0099854_2257480.jpg

オオルリ オスとメス 離島のオオルリはどうも元気がありません。時にオスは長旅の疲れかが見えます。
d0099854_22582635.jpg
 
オオルリ メス こちらは元気に飛び回っていました。
d0099854_22591265.jpg

オオルリ メス (天売島の中では)街中での撮影です。
d0099854_232795.jpg


 ここ数年、春の渡りの季節は離島を訪れています。少し遠くてもまとめて撮ることができます。あまり効率を求めるのも何ですが、密度の濃い鳥見になること間違い無しです。
 天売島特集、まだまだ続きます。
[PR]
by harada5550 | 2010-05-27 22:39
ヒタキ類(舳倉島特集その3)
d0099854_1905364.jpg 先週の東京はヤツガシラが出て話題をさらいましたね。私は一歩間に合わずに撮影できませんでしたが、今回は多くの方が撮影できたのではないでしょうか。毎回一日違いで抜けてしまいますので次回は必ず撮りたいものです。できれば、今週は舳倉島特集ではなくヤツガシラにしたかったのですがどうしようもありませんね。
 前置きが長くなりましたが、今週は舳倉島で出会ったヒタキ科の鳥です。今回はムギマキ、キビタキ、コサメビタキ、オオルリの4種類に出会えました。これといった珍しい鳥はいませんが、やっぱりムギマキが撮れるとうれしいですね。秋ではなく春の渡りの時期に撮れるのもいいもんです。夏鳥の常連さんのキビタキ、オオルリも目の前に「ヒョッコリ」出てきて目線で撮れるのも舳倉島のいいところです。


ムギマキオス→
松の間の暗い枝でした。なかなか抜けたところにでてくれません。
お腹の橙色が魅力です。




d0099854_1945198.jpg
ムギマキオス→
同じ位置の右向き写真、前の枝さえなければ前の写真より表情がいいです。



こちらおなじみのキビタキ やっぱりこの鳥は美しいですね。
d0099854_1982292.jpg
 
こちらはノートリです。近すぎました。
d0099854_1993020.jpg

一方、地味なキビタキメス 控えめな美人です。
d0099854_19105640.jpg

コサメビタキ この鳥も舳倉島のあちこちにいました。
d0099854_1911322.jpg

こちらは他の枝どまりです。
d0099854_1912312.jpg

水場のコサメ 目がパッチリが特長です。
d0099854_19125492.jpg

オオルリ 昨年、同じ場所で弱りきった飛べないオオルリを見ましたが今年は大丈夫です。
d0099854_19143086.jpg

湘南の森では木の上の方でさえずっていて、なかなか目線で撮れないのですが、これば目線です。
d0099854_19184046.jpg

オオルリ、幸せの青い鳥です。
d0099854_19201220.jpg

オオルリメス 綺麗に緑の中に溶け込んでいました。
d0099854_19213866.jpg

最後に海岸線のコサメビタキ 前回掲載のジョウビタキオスと同じ海岸線にいました。渡ってきたのかこちらはお疲れモードでした。
d0099854_19233730.jpg


旅鳥の交差点、舳倉島ではヒタキ類が休憩のために立ち寄ります。冬鳥も夏鳥も渡ってきた直後は疲労困憊の様子ですが、島内で栄養補給し、再び大海原へと繰り出していきます。こんな小さなヒタキ類の生命(いのち)の力強さを感じずにはいられませんでした。
[PR]
by harada5550 | 2009-05-17 19:29
ヒタキ特集
  舳倉島の鳥たちをいままでペースで掲載していくとかなりの日数がかかると思いますので少しペースアップしていきたいと思います。
 というわけで舳倉島で撮れたヒタキをまとめてみました。初撮りはムギマキだけでしたが、キビタキ、オオルリ、コサメを載せます。ムギマキは昨年秋に首都圏でも撮れたみたいですが私は撮れませんでしたので今回撮れてよかったです。
 キビタキ、オオルリはそこかしこにいて、いつでも撮れるという感覚でした。ただ、渡りの長旅の疲れか少し元気がなく、さえずりも聞こえませんでした。あるオオルリは体力がなく地面でうずくまっていましたが、最後には飛ぶことができました。渡りの厳しさと鳥の生命のたくましさを感じることができました。

ムギマキ 本来は「麦蒔」の時期、秋に多いそうです
d0099854_2215797.jpg
d0099854_222838.jpg

ムギマキ 松についていた虫を食べていました
d0099854_22162952.jpg

コサメビタキ 体の割りに大きな眼がかわいいです
d0099854_223978.jpg

キビタキ 少し若い個体なのかお腹が白いです
d0099854_2210282.jpg

こちらはメス
d0099854_22102316.jpg

地面のオオルリ なかなか飛べませんでしたが、何とか飛んでいきました
d0099854_22104412.jpg

枝にとまるもさえずりませんでした
d0099854_22111545.jpg


 全体的にヒタキ類は多かったです。
 マミジロキビタキは一度だけ見かけましたが、写真は撮れませんでした。綺麗なレモン色が印象的でした。
次の機会にぜひ写真に撮りたいです。
[PR]
by harada5550 | 2008-05-10 22:14