タグ:コジュリン ( 4 ) タグの人気記事
早春の農耕地と葦原にて(ハイイロチュウヒ、コチョウゲンボウ、コジュリン、オオジュリン、カシラダカ)
d0099854_20573742.jpg なぜか今年はハイイロチュウヒオスと縁があります。前回もコチョウゲン目的に行った時に間近に撮ることができました。今回もコチョウゲン狙いで行ったのですが、ここでもハイイロチュウヒオスに出会ってしまいました。
 2週続けて鳥撮りに行けなかった週末。今週は念願の晴れの天候を期待しわくわくしながら土曜日を迎えました。ただし晴れたことは晴れましたが、風が強くて参りました。今年は何とかコチョウゲンを「バシッ」と撮りたい!という気持が強くこの日もフィールドに向かいました。着いて早々ハヤブサやノスリが出てきて、ノスリを撮っているとコチョウゲンが横切りました。相変わらずすばしこくて撮れません。
 そんな中、チュウヒワカ、ハイチュウメスが現れ、なんとハイチュウオスが現れました。葦原の貴公子然とした表情が魅力です。季節は早春。もう春の花が咲いていました。
 


葦原の上を悠然と飛ぶハイチュウオス
d0099854_20584591.jpg
d0099854_20591071.jpg
d0099854_20593778.jpg


コチョウゲン幼鳥 偶然とは面白いものです。コチョウゲン若がハイチュウオスを撮っていると画面を偶然、横切っていました。しかもそのとき、ハイチュウオスにピントが合わずに後ろの畦に合ってしまったとき、何とそこをコチョウゲンが飛んでいたのです。撮った後に写真を確認しているときに気づきました。
d0099854_2145987.jpg

コチョウゲン幼鳥 ハイチュウオスにピントが合っていないので危うく消してしまうところでした。
d0099854_2164823.jpg

コチョウゲンボウ幼鳥 地面におりて振り向いてます。用心深くてすぐに飛ばれました。
d0099854_22283812.jpg

カシラダカ この葦原にはチュウヒやコチョウゲンの餌となる小鳥も沢山います。
d0099854_22313380.jpg

コジュリン 頭が黒くてもう夏羽になりかけています。カシラダカの少し後ろにいました。
d0099854_223245100.jpg

オオジュリン コジュリンの近くにいました。識別ポイント胸はのまだら模様があるのがオオジュリン、無いのがコジュリンだそうです。
d0099854_22364863.jpg


 この日は風が強いためアクシデントが発生してしまいました。なんと愛用の機器(レンズトカメラ)を倒してしまったのです。車の中の荷物を取りに行ったた時のことですが、突然、強風が吹き三脚につけたカメラはものの見事に倒れました。レンズフードの一部が破損しましたが、幸い土のところに倒れたためためか、レンズと本体は無事でした。500mmF4レンズやD300はプロも使用する機器だけに、割と頑丈に作られていますね。
[PR]
by harada5550 | 2010-03-14 20:59
沼辺の草原の鳥たち(コジュリン、サンカノゴイ、ヨシゴイ他)
 今年は8月になっても天気がすっきりしません。この日も朝、不安定な天気でしたが、ベテランBIRDRERお二人と小遠征に出発です。目的は晴れた海辺の夏のアジサシ、休耕田のツバメチドリ、葦原のコジュリン、オオセッカ、そして沼辺のサンカノゴイ、ヨシゴイと盛り沢山でした。
 最初のアジサシポイントに到着。曇天の空の下、コアジの親子の微笑ましい給餌は見られましたが晴れた海辺の珍しいアジサシはいません。その後、葦原でオオセッカとコジュリンをねらいましたがコジュリンのさえずりのみ撮影成功。次に休耕田でツバメチドリを探しましたがこれは見事にはずれ。昨年いたところには今年はいませんでした。そして最後の沼辺ポイントには午後も遅くなって到着。「サンカノゴイは田んぼの中に飛んでいった」とのことでヨシゴイが飛ぶのを撮りながら待つことに。すると夕方になって大きなサンカノゴイが田んぼの中から沼辺の草原に飛んできました。サンカノゴイはもちろん、ヨシゴイも初撮りでした。

コジュリンさえずり 夏羽は順光でないと目が出ません。何度もトライして撮りました。
昨年の今頃にも撮りに行ったのを思い出しました。
d0099854_1715236.jpg

別の場所のさえずり
d0099854_17165833.jpg

ヨシゴイ 沼辺の草地の中からいきなり飛んでいきます。
d0099854_17203557.jpg
d0099854_17204981.jpg
d0099854_1721912.jpg

サンカノゴイ 夕方近くになって田んぼから沼地へ帰ってきました。
ヨシゴイと比較すると大きさが大きいのがわかりす。今回は1回の飛びモノチャンスのみでした。
空抜け飛びモノのみの撮影です。着地はシャッターを切りすぎてバッファフルで撮れずに失敗。
d0099854_17243034.jpg
d0099854_17244052.jpg
d0099854_1724569.jpg

沼辺を飛ぶアオサギ
d0099854_172845.jpg

チュウサギでしょうか。緑の中に綺麗な白が舞っていました。
d0099854_17301989.jpg


最後に今回のタイトルからずれますが、一番最初に訪れた海岸のコアジサシの給餌
d0099854_17341880.jpg

ヒナには「少し大きいんじゃないか!?」なんて思っていましたが、心配無用でした。
d0099854_17354141.jpg


 昨年まで水辺の鳥は興味がわかずに、中でもゴイサギ類はどうも好きになれずにいましたが、今日のサンカノゴイとヨシゴイ撮影は興味深いものでした。家に帰って調べたのですがサンカノゴイは有名な鳥だと思っていましたが絶滅危惧ⅠB類で数少ないんですね。しかも日本野鳥の会のハンディ図鑑「水辺の鳥」にも載っていないのが驚きでした。その他の日本の230種程度の図鑑にも掲載がなく、「日本の野鳥590(平凡社)」にはさすがに載っています。サンカノゴイは飛びモノしか撮れませんでしたので、来年はもう少し早い時期に出かけて稲が伸びる前の田んぼの婚姻色のサンカノゴイに挑戦したいです。
[PR]
by harada5550 | 2009-08-02 16:52
コジュリン(小寿林)夏の葦原にて
 今週末は両日とも天気が悪く、あいにくの週末でした。鳥撮りには出かけたもののあまり写真が撮れませんでした。
 そういうわけで、お盆休みの小遠征で撮りに行ったコジュリンを掲載します。今年の夏休みは暑かったですね。ここの葦原もカンカン照りでこんな日にはカメラマンやBIRDERは一人もいませんでした。
 今回の目的はこの葦原にいる夏羽のコジュリンとオオセッカの撮影。コジュリン、オオセッカともに絶滅危惧種で、中国と日本で局地的に生息し数は少ないと聞きます。
 現地に着いてもおおよその場所しかわからないため、車を置いて双眼鏡と図鑑だけをもって徒歩で見つけに行きました。最初はツバメに迎えられ、セッカが鳴きながら独特の飛行を繰り返していました。少し歩いたところでホオジロを少し短くしたようなさえずりが聞こえ、双眼鏡で確認するとコジュリンです。車を置いてきたカメラを撮りに行こうかと思いましたが500mぐらいあるので迷いましたが、オオセッカも探さなくてはと思いひとまずやめにしました。オオセッカはというとソコからさらに500mぐらい歩いたところで草に止まっているのを見つけました。
 意外とあっさり見つけられたのでその後、車に戻って近くまで運転し駐車。カメラを取り出し、コジュリンから撮影開始です。頭部が黒くてノビタキと同じようになかなか眼が写りません。写真の鉄則どおりに順光で露出をオーバー気味にしてなんとか撮りました。距離も最初は近づくと飛ばれましたが、その後はゆっくり近づき割りと近くで撮影できました。

真夏の暑い日に思いっきりさえずっていました。
d0099854_19502787.jpg
d0099854_19503579.jpg

近くの木に一度だけとまりました。
d0099854_19504425.jpg

ここでもさえずり。
d0099854_19505277.jpg

近くで撮れてなかなかでない目もばっちりでした。
d0099854_19511169.jpg

葦原で飛び出しと思いきや・・・・
d0099854_19511914.jpg

再度、さえずり。
d0099854_19512710.jpg

メスもいました。ホオジロを細くしたような感じです。
d0099854_19513467.jpg

メスもさえずるんですね。
d0099854_19514174.jpg


 さて、もうひとつの目的のオオセッカですが、 これが撮れないんです。最初は草に止まっていたのですがコジュリン撮りを優先していたら、その後は草にとまらず、さえずりながら飛翔を繰り返すのみでとても撮れませんでした。順番を逆にして最初にオオセッカを撮ればよかったと後悔しましたが、こればかりは仕方ないですね。
 
[PR]
by harada5550 | 2008-08-24 20:03
ホオジロ? オオジュリン? コジュリン?(今年はお世話になりました)
(一部の方にご指摘いただき内容変更しました)
今年も大詰めになり、2007年最後のブログです。 つたない私のブログにお越しいただいた皆様、そんなブログにリンクを張っていただいた皆様、鳥見や撮影場所でお会いしてお世話に皆様、この場をかりて御礼申し上げます。
 さて、今日は家の大掃除ができました。天気がよく風が強かったもののお掃除日和です。窓を拭いて、網戸も水で洗って、フローリングには年一回のワックスがけをしてきれいになりました。週末は鳥撮りにでかけてしまうのでたまには家族孝行です。
 先週の三連休は今年最後の撮り納めにしようと思っていたのですが、風邪をひいてしまい家で静かにしていました。お陰さまで年賀状は25日に投函でき、手作りのクリスマスケーキで家族パーティーができました。しかし折角の三連休にシャッターを一度も押せませんでした。
 そんなわけで今年最後のブログは先日の葦原に出かけたと時に撮ることができたホオジロ類です。猛禽狙いで出かけましたが、ホオジロ類も撮れるか期待して行きました。見た目はホオジロの「色が薄い版」みたいでした。またコジュリンかオオジュリンかわかりませんが葦原の中を鳴きながらせわしく飛んでいましたがいきなり目の前に出てきました。

ホオジロ? 目の前にでできました。テレコン着けたままで後に下がりました。
d0099854_1944284.jpg

コジュリンかオオジュリンか? ホオジロではないですよね
d0099854_19142895.jpg

これもわかりません。
d0099854_19145257.jpg

猛禽狙いで行きましたが、葦原の小鳥も魅力あります

d0099854_1915652.jpg

繰り返しになりますが、
皆様、今年はお世話になりました。よいお年をお迎えください。
[PR]
by harada5550 | 2007-12-30 23:45