タグ:コチョウゲンボウ ( 3 ) タグの人気記事
農耕地のコチョウゲンボウ(他に昨シーズンのオオノスリ)
 コチョウゲンボウ狙いと冬の猛禽にも会いたくて関東の農耕地と広大な湿地帯に出かけました。例年、猛禽探しは12月に入ってから行ってましたが、今年はこのところなかなかいい鳥に出会えません。とにかく何かを撮りたくて、「少し早いかな」と思いましたが出かけてみました。今回は地元の方の案内もあり幸運にもコチョウゲンボウを撮ることができました。
 コチョウゲンボウはその綺麗な色と個体自体の希少さで撮ってみたい鳥でした。ところがたいへん警戒心が強く飛び方も低空を鋭く矢のように飛ぶので写真に撮るのは非常に難しい鳥だと思います。今回は電線止まりの空抜けですが、落ち着いてリラックスしていたようでじっくり観察できました。ただ距離的には40mぐらいあったと思います。

コチョウゲンボウオス チョウゲンボウよりかなり小型で尾は短めで眉斑がはっきりしています。、オスは翼背面が青灰色で明確に区別できます。このときはリラックスして片足で立っていました。
d0099854_19402567.jpg

少し警戒したのか、両足で止まると
d0099854_19414935.jpg

飛び出しました。
d0099854_19423839.jpgd0099854_19424863.jpg


背中と羽の上面が青灰色で、尾の先に太い黒帯という特長が確認できます。
d0099854_19432145.jpg

別の場所で小鳥と思われる獲物を食事中のメスにも出会えました。
d0099854_1949152.jpg

猛禽の狩をする農耕地には水路があります。そこにはクサシギがいました。
d0099854_1950083.jpg

猛禽類は電線どまりや飛んでいるモノは比較的撮る機会が多いのですが、地面に降りているモノはなかなか撮れません。
今回は、ノスリが地面に降りていたのを撮ることができました。
d0099854_19554157.jpg

そして飛び出しました。
d0099854_1956112.jpg


(番外)
地面にたたずむ冬の猛禽としてオオノスリを載せます。昨シーズンに撮ったものですが載せ忘れていたものです。
オオノスリはノスリに比べてかなり大型。ケアシノスリのように足のフショ全体が白色の羽毛におおわれています。
d0099854_21231264.jpg

飛び出しました。
d0099854_21235873.jpg

d0099854_21253725.jpg

同じ個体の別の日の飛び出しです。
d0099854_21261679.jpg


これから冬の猛禽のシーズンです。広大な冬の農耕地で狩をする姿や葦原のネグラに帰って来る姿が期待できます。今年は地面に止まっている猛禽たちを中心に撮りたいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2010-11-14 19:43
早春の農耕地と葦原にて(ハイイロチュウヒ、コチョウゲンボウ、コジュリン、オオジュリン、カシラダカ)
d0099854_20573742.jpg なぜか今年はハイイロチュウヒオスと縁があります。前回もコチョウゲン目的に行った時に間近に撮ることができました。今回もコチョウゲン狙いで行ったのですが、ここでもハイイロチュウヒオスに出会ってしまいました。
 2週続けて鳥撮りに行けなかった週末。今週は念願の晴れの天候を期待しわくわくしながら土曜日を迎えました。ただし晴れたことは晴れましたが、風が強くて参りました。今年は何とかコチョウゲンを「バシッ」と撮りたい!という気持が強くこの日もフィールドに向かいました。着いて早々ハヤブサやノスリが出てきて、ノスリを撮っているとコチョウゲンが横切りました。相変わらずすばしこくて撮れません。
 そんな中、チュウヒワカ、ハイチュウメスが現れ、なんとハイチュウオスが現れました。葦原の貴公子然とした表情が魅力です。季節は早春。もう春の花が咲いていました。
 


葦原の上を悠然と飛ぶハイチュウオス
d0099854_20584591.jpg
d0099854_20591071.jpg
d0099854_20593778.jpg


コチョウゲン幼鳥 偶然とは面白いものです。コチョウゲン若がハイチュウオスを撮っていると画面を偶然、横切っていました。しかもそのとき、ハイチュウオスにピントが合わずに後ろの畦に合ってしまったとき、何とそこをコチョウゲンが飛んでいたのです。撮った後に写真を確認しているときに気づきました。
d0099854_2145987.jpg

コチョウゲン幼鳥 ハイチュウオスにピントが合っていないので危うく消してしまうところでした。
d0099854_2164823.jpg

コチョウゲンボウ幼鳥 地面におりて振り向いてます。用心深くてすぐに飛ばれました。
d0099854_22283812.jpg

カシラダカ この葦原にはチュウヒやコチョウゲンの餌となる小鳥も沢山います。
d0099854_22313380.jpg

コジュリン 頭が黒くてもう夏羽になりかけています。カシラダカの少し後ろにいました。
d0099854_223245100.jpg

オオジュリン コジュリンの近くにいました。識別ポイント胸はのまだら模様があるのがオオジュリン、無いのがコジュリンだそうです。
d0099854_22364863.jpg


 この日は風が強いためアクシデントが発生してしまいました。なんと愛用の機器(レンズトカメラ)を倒してしまったのです。車の中の荷物を取りに行ったた時のことですが、突然、強風が吹き三脚につけたカメラはものの見事に倒れました。レンズフードの一部が破損しましたが、幸い土のところに倒れたためためか、レンズと本体は無事でした。500mmF4レンズやD300はプロも使用する機器だけに、割と頑丈に作られていますね。
[PR]
by harada5550 | 2010-03-14 20:59
冬の内陸の野鳥(ハイイロチュウヒ、コクマルガラズ、ミヤマガラズ、ベニマシコ、コチョウゲンボウ)
 今週末も天気が悪く鳥撮りはお休みです。
 今回は先週に引き続き撮り貯めていたものから、この冬に関東内陸部で撮った野鳥たちを載せさせていただきます。葦原を舞うハイイロチュウヒの若とベニマシコ、田圃でのコクマルガラスとミヤマガラズとコチョウゲンです。


ハイイロチュウヒ若 今年はオスの成鳥を間近で見て、メスの成鳥も撮れました。この個体も最初はメスかと思いましたが、虹彩が暗色で翼背面が濃いので「若」です。
d0099854_23401391.jpg

この日は日中、狩の場面を間近で見ることができました。
d0099854_23414275.jpg

ベニマシコメス すぐ近くで「ピーポー」と鳴いていました。
d0099854_23433286.jpg

コクマルガラス なかなか「パンダ」タイプの淡色型がいませんでしたが、見つけられました。
d0099854_23473366.jpg

コクマルガラス 淡色型と暗色型です。少し露出をあげています。両方とも後頭から耳羽にかけて灰白色の筋状斑があります。
d0099854_23531774.jpg

コクマルガラズ 淡色型が二羽並んでいます。
d0099854_23543540.jpg

ミヤマガラス飛び出し ハシボソガラスよりさらに嘴が細く全体的に小柄の渡り鳥です。警戒心がものすごく強く車で近付いても飛び出します。この日は多くの群れでいました。
d0099854_23583373.jpg

コチョウゲンメス なんとかコチョウゲンをしっかり撮りたいのですが、近付くとすぐ飛ばれます。この日もここが限界です。
d0099854_024987.jpg
 
コチョウゲンオス 電線を見上げるとオスがいるではありませんか。
d0099854_03459.jpg

コチョウゲンオス 別の電線にも止まりましたがすぐに飛び出してしまいました。警戒心強いです。
d0099854_044892.jpg


 この時期は季節が徐々に春になり夏羽にはえかわっていく、そんな野鳥たちを撮りたいものです。カイツブリ類やカモメもそろそろ夏羽に変わり、近々渡っていってしまいます。そんな時期に雨が続くと気持が焦ってしまいますね。
[PR]
by harada5550 | 2010-03-06 23:43