タグ:シマアジ ( 3 ) タグの人気記事
春の渡り(エリマキシギ、シマアジ)
 暖かい日が続いていましたが、今日は冷たい雨です。桜も満開を過ぎてこの雨で散りそうです。この時期、旅鳥も短い時間ですが滞在して過ぎていきます。ことしも内陸のシギチ飛来地に出かけてみました。この時期、夏羽のツルシギやエリマキシギに期待していきましたが、ツルシギはいませんでした。それでもエリマキシギが4羽確認できました。ただ、この時期のシギチは警戒心が強く、体をかがめて近づいてもすぐに飛んでしまいます。エリマキシギも車で静かに近づいて撮りました。
 また、別の場所にシマアジも出ているとのことで寄ってみました。こちらも春、秋と飛来しますが秋はエクリプスで綺麗なのは春です。被写体までの距離は近いのですが、葦の中から出てくれなくてつらい撮影となりました。

 エリマキシギ(Ruff)
 2羽が大きく、1羽が小さいので大きいのはオス、小さいのはメスかもしれません。
d0099854_17312088.jpg

d0099854_1732418.jpg

d0099854_1733267.jpg
d0099854_17331180.jpg


 タカブシギ(Wood Sandpiper)  
 タカブシキは多かったです。これも旅鳥。夏羽です。
d0099854_17372125.jpg


 コチドリ(Little Ringed Plover) 
 英名どおりに黄色い目のリングが愛らしいです。
d0099854_17392494.jpg


 シマアジ(Garganey) 
 シマアジは毎年この時期、噂になる鳥です。主に中国大陸で繁殖するために南から渡って来ます。コガモのなかにオスが1羽だけいました。距離は近いです。羽を広げてくれれば緑と白の翼帯が確認できたのですが、時間切れでダメでした。
d0099854_17485223.jpg

d0099854_1749347.jpg
d0099854_17491050.jpg


 今年の冬は気温が低くて、果たして春が来るのかと思いましたが、当たり前ですが旅鳥はやってきます。
[PR]
by harada5550 | 2012-04-14 17:33
休耕田にてケリ、アオアシシギ
 来週から9月だというのに暑い日が続きます。そのせいでしょうか。今年は秋のシギチの渡りが遅いような気がします。遅いうえに珍しい鳥が少ないといったほうがいいでしょうか。
 今日も県内の4箇所の水田を回りましたが、去年は休耕田であったところが軒並み作付けされていたり宅地開発されてしまっていたりしてシギチ棲息ポイントは確実に減ってきています。300mmF4レンズを付けたカメラを持って探した休耕田で見られたのはケリ、アオアシシギ、ムナグロ、コチドリ、イソシギ、チュウサギ、ツバメぐらいで。強い陽射しにも耐え切れず昼には帰途につきました。
 ケリとアオアシシギだけでは寂しいので、今回はGW(5/2)に撮ったものの掲載するタイミングをはずしてしまったツルシギとシマアジを載せてみます。

ケリ飛翔 毎年群れでいますが今年は撮っていませんでした。
d0099854_19272973.jpg

d0099854_19274725.jpg
d0099854_1928069.jpg

ケリ 実りつつある稲穂の上を飛びます。
d0099854_19331559.jpg

ケリ着地。警戒心の強いケリを割りと間近で見ることができした。
d0099854_19315535.jpg

アオアシシギ 1羽だけケリの中に混じっていました。
d0099854_19342667.jpg

d0099854_19345089.jpg

以上が本日の野鳥です。

以下、GWの5月2日に撮ったツルシギ夏羽とシマアジ繁殖羽を載せます。
ツルシギ夏羽 ブログに載せるタイミングをはずしていました。
d0099854_19382020.jpg
d0099854_19383437.jpg
d0099854_19385298.jpg

シマアジ繁殖羽 昨年のこの時期は非繁殖期のシマアジの写真を撮っていたのを思い出します。
d0099854_19411617.jpg

シマアジ オスメス仲良く一緒にいました。
d0099854_19414172.jpg


 毎年、8月の終わりのこの時期になると渡りのシギチに期待して三番瀬を訪れますが、今年は「これっ!」といった鳥が入ってきません。県内は休耕田自体が減っており野鳥の棲息環境自体が悪化しているように思われるのが残念です。
[PR]
by harada5550 | 2010-08-29 19:31
休耕田にてシマアジ(縞味)のエクリプスもしくはメス
 シマアジという名のカモがいるというのは数年前の春でした。そのときは誰でも連想するように「魚のような名前だな。」ぐらいの印象しかありませんでした。ところが今年の春にネットで見たとき太くて大きな眉斑のある美しいカモであることがわかり、いつかは撮りたいと思っていました。
 そのシマアジが秋の旅の途中に県内の休耕田にやってきました。いまの時期、オスはエクリプスの状態であの綺麗な姿は見ることができません。旅鳥のため、秋の通過時はこのままエクリプスの状態で飛んでいってしまいます。必然的に「オス」の状態では見られないことになります。
 カモ類のエクリプスやメスは識別が難しいです。今回も図鑑で調べながら、また、詳しい方にも直接教えていただきながら、確かにシマアジのエクリプスかメスであることを確認しました。ただ、雌雄の区別は明確にできませんね。

シマアジ エクリプスもしくはメス 春の渡り時に比較するとどうしても地味です。
d0099854_22409100.jpg

大きさはコガモと同じで38cmぐらい カルガモと比較すると小ささがわかります。
d0099854_22413214.jpg
d0099854_22414999.jpg

エクリプスもしくはメスは一見するとコガモのメスにに似ています。シマアジの識別ポイントは、①明瞭な眉斑、②くちばしのつけ根の白い斑、③くちばしはクロ、さらにはベテランBIRDER氏いわく④「エリマキシギ」のようにうろこっぽい背中の羽」だそうです。
d0099854_2246222.jpg

コガモのエクリプスもしくはメス 比較用に載せます。秋はコガモの中にシマアジが混じることがあるそうで、最初はこれがシマアジかと思いました。ただし眉斑が不明瞭、くちばしのふちが黄色みがある。背中の羽が平凡。ということで判定されました。
d0099854_22493776.jpg

シマアジ 水から上がったところです。わかりにくいですが二羽います。
d0099854_22532789.jpg

シマアジ 泳いでいる写真ばかりですが・・・
d0099854_2256780.jpg

シマアジ 見返り 特長が良く出てます。
d0099854_2258895.jpg

最後はノビーをしてくれました。雨覆の灰色が特長だそうです。
d0099854_230187.jpg


 秋の渡りのこの時期のシマアジは一見、地味なカモです。大きさもコガモと同じで見落としてしまいそうです。ただ識別ポイントさえ押さえておけば、明確に判別できます。
 他のカモも今の時期はエクリプスですが、冬になるにつれてオスは綺麗な羽に変わっていきます。シマアジも春の渡りで帰ってくるときは見違えるような鮮やかな鳥になっていると思います。来春、そんなシマアジが撮れる様に期待しながら待ちたいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2009-08-30 22:50