タグ:シロエリオオハム ( 4 ) タグの人気記事
アビ、オオハム、シロエリオオハム
 銚子の漁港にGWごろから夏羽のアビがいます。先週の12日に行きましたが左足に怪我をしており当分北への移動はできそうもありません。日本で夏羽のアビが見られるというのは貴重ですのでまずは写真におさめようと出かけました。
 朝、現地に到着すると天気はあいにく雨が残っておりましたが、すぐにアビを確認できました。ただし、どうも元気には思えません。港の漁船を引き上げる斜面の波打ち際で漂っているように思えました。やはり怪我をして衰弱しているのかと感じ写真を撮るのも気乗りがしませんでした。しばらくすると岸壁の漁船の間近で盛んに頭を海面につけて魚を探し、時には潜るようになりました。実際に魚が採れているのかはわかりませんが、それなりの体力が残っているようで少し安心しました。
 雨もあがり天気も回復してくるとアビ目的の人も多くなり、それにつれてアビも少し遠ざかり羽づくろいをしたり、時には眠っているかのようでした。ただ、怪我をした左足は伸ばしたままで痛々しかったのが印象的でした。今回は過去に撮った元気のいいアビ類の写真も一緒に掲載します。


 アビ(Red-throated Diver)
ユーラシア北部、もしくは北アメリカ北部で繁殖し、日本へは冬鳥としてやって来ます。アビ類全般に共通することですが、基本的に外洋性のため港湾にはいることはまれで、海がよっぽど荒れているか、怪我をして体調が悪い場合が多いです。このときは港湾の中を飛ぶこともありました。(撮影日:2013年5月12日)
d0099854_22272837.jpg
d0099854_22273575.jpg

d0099854_22281361.jpg


 朝早く、雨が降っているときに撮った写真です。このときは岸壁のすぐ横で潜って泳ぎ回っていました。
d0099854_22285269.jpg


 オオハム(black-throated Diver)
この夏羽のオオハムは北海道天売航路から撮ったものです。このときも海面に頭をつけて魚を見つけると潜っていました。(「撮影日:2010年5月15日)
d0099854_22349100.jpg

 同じく天売航路で同一日に撮った写真。顔に白さが残っておらず上記とは別個体と思われます。
d0099854_22345168.jpg

 船に近づきすぎて必死で飛び立とうとしていました。
d0099854_234299.jpg


 この冬羽のオオハムは今年の3月に銚子マリーナの湾内に入ってきて、20分程度ですぐに外洋に出て行きました。通常はこのくらいの時間しか滞在しないようです。(撮影日:2013年3月23日)
d0099854_22362870.jpg
d0099854_2237553.jpg


 シロエリオオハム(Pacific Diver)
この夏羽ノシロエリオオハムの写真は銚子の沖合いで「イルカ観光船」から撮影したものです。(撮影日:2010年5月2日) 
d0099854_22401918.jpg


  今年は久里浜港にシロエリオオハム、太東漁港にハシジロアビがいましたが、いずれも怪我をしているようでした。そのようなときの間近で見られるチャンスも貴重ですが、やっぱり外洋にいる元気なアビ類を見たいものです。
[PR]
by harada5550 | 2013-05-19 22:18
海鳥ウォッチング-4(クロアシアホウドリ、オオミズナギドリ、シロエリオオハム)
 GWは連日好天に恵まれ、皆様いろいろなところに出かけられたと思います。私は前回の城ヶ島からの海鳥ウォッチングに引き続き、今回は沖合い観光船からの海鳥ウォッチングに行ってきました。城ヶ島で見たアホウドリ幼鳥を写真に撮れなかったのが残念で「こんどこそは!」と期待していきました。
 この日は海が穏やかであったものの4月には「あれほど」見られたウミスズメ、ウトウ、ハシボソミズナギドリ、ハイイロミズナギドリがほとんど見られませんでした。ただ、オオミズナギドリだけは終始、船のまわりを飛んでいました。そのかわりアホウドリ(亜成長)、クロアシアホウドリ、オーストンウミツバメ、夏羽のシロエリオオハムを見ることができました。海は確実に季節が変わっていることを実感します。

クロアシアホウドリ 気がつくと船の反対側で群れで浮かんでいました。8羽いました。晴天の逆光でしかも被写体が黒いため露出を上げてなんとか撮りました。
d0099854_15575527.jpg

クロアシアホウドリ アホウドリ類の中ではポピュラーですが、ヤッパリ感動です。
d0099854_1558487.jpg

クロアシアホウドリ 正面からの飛翔写真。真正面すぎました。横を向いたときは波間に隠れてしまいました。
d0099854_1602020.jpg

オオミズナギドリ 終始、出っ放しでした。青い海バックに気持ちよく飛んでくれます。
d0099854_1614260.jpg

オオミズナギドリ 船を追いかけてきます。
d0099854_1621726.jpg

オオミズナギドリ 海上を駆けて飛び上がります。
d0099854_163444.jpg

オオミズナギドリ 船の近くの水面ギリギリを滑空します。
d0099854_1634712.jpg

ハシボソミズナギドリ 前回、あれほどいたのに今回はほとんど見られませんでした。
d0099854_1661262.jpg

シロエリオオハム 夏羽になりかけです。手前はオオミズナギドリ。
d0099854_168196.jpg

ソロエリオオハム 夏羽です。この日は岸に近付くとアビ類が次々と船を横切りました。
d0099854_1691372.jpg

岸辺近くを飛ぶ二羽のシロエリオオハム
d0099854_16105896.jpg

d0099854_16115885.jpg このように、今回は海上に浮かんでいるだけですがクロアシアホウドリと飛びモノの夏羽シロエリオオハムを撮る事ができました。特にシロエリオオハムの夏羽は冬とはまったく違う鳥のように思え感動です。
 ただし、残念ながらアホウドリとクロアシアホウドリの飛翔シーンは写真に撮ることができませんでした。近いうちにまた再チャレンジしようと思います。出費が心配ですがしばらく海に通うことになりそうです。
[PR]
by harada5550 | 2010-05-05 15:53
海鳥ウォッチング-3(オオトウゾクカモメ、ウミスズメ 他)
 観光船からの海鳥ウォッチング特集第3弾はオオトウゾクカモメです。トウゾクカモメは他の海鳥類を追い回して脅して餌を奪い取る盗賊行為を行うので文字通りの名前がついています。その中でオオトウゾクカモメは最も大きい種です。南極大陸沿岸部で繁殖し、非繁殖期は北太平洋、北大西洋まで渡り日本ではこれから7月までに見られるそうです。岸に近づくことは少ないそうです。他にウミスズメとシロエリオオハム、ハイイロミズナギドリを載せます。

オオトウゾクカモメ 初列風切羽に明瞭な白斑があるのが識別ポイントです。
d0099854_0531563.jpg
d0099854_053411.jpg

ウミスズメ こちらは比較的、岸に近いところにいます。
d0099854_23454811.jpg

よく、群れで飛んでいます。
d0099854_23463357.jpg

d0099854_2347773.jpg

シロエリオオハム 飛ぶと特徴が出ているのでわかります。
d0099854_2348866.jpg

推定シロエリオオハム 近くにいたのでそうだと思います。
d0099854_23492986.jpg

ハシボソミズナギドリ 羽の裏が白いのと「おでこ」が出ているのが識別ポイントです
d0099854_015592.jpg

d0099854_022420.jpg

d0099854_024673.jpg



★さて、本日は「城ヶ島沖の海鳥観察グループ」の城ヶ島長津呂崎からの海鳥観察会に参加させてもらいました。このグループでは2004年から海鳥カウント調査をおこなっています。普通は外洋航路などの船上からでないと見られない海鳥が陸上からじっくり見られます。ただ当然ですが船からのウォッチングに比べ距離があります。1キロメートル近く先の海鳥をプロミナーで探して見るというパターンです。したがって写真撮影は難しいためBIRDERに徹しました。
d0099854_0101018.jpg
 今日は、オオミズナギドリが絶えずに飛んで、その中をハシボソ、ハイイロ系(飛び方がちがうそうですが区別がつきません)ミズナギドリやウミスズメ、ウトウが飛んでいました。観察開始から20分ぐらいで「体の黒い嘴の白くて太いミズナギドリ系」がいるなと思ってプロミナーをのぞいていたらなんとアホウドリ幼鳥でした。この観察グループでも滅多に見られそうないです。カメラ撮影のときとちがってプロミナーで見ると鳥をじっくり見られるので特徴がつかめます。ただ、距離もそう遠くはなかったのでカメラでも撮れたかと思います。そう思うと心残りですが、まあ幸運でした。他にはトウゾクカモメが数回見られて特徴であるスプーン形状の尾羽も確認できました。機会があれば、また参加させていただきたいと思います。
※「城ヶ島沖の海鳥観察グループ」のHPは許可をいただき当ブログからリンクさせていただきました。
[PR]
by harada5550 | 2010-04-25 23:49
春の漁港にてカイツブリ+シロエリオオハム
 先週に続き海鳥です。銚子(波崎)ではカモメ以外にもいろいろな海鳥を見ることができました。
 今回はカイツブリ4種プラスシロエリオオハムです。この日は海カイツブリ4種のすべてを写真に撮ることができました。ただ、季節的に中途半端な時期ですので冬羽と夏羽の混在です。 カイツブリは内陸の沼ではよく見かけますが、海では初めてです。というより、いままで興味がわかなかったのでおそらく見かけてはいるのですが、記憶にないのでしょう。 シロエリオオハムはアビかオオハムかわかりませんでした。初めはアビかと思いましたが違うみたいです。この種も夏羽と冬羽と季節的に違うのですが、冬羽はどれも似ていて識別に苦労します。


ハジロカイツブリ、海カイツブリではもっともポピュラーです。
d0099854_23485056.jpg

ハジロカイツブリ 冬羽と夏羽が混在です。
d0099854_23502123.jpg

カンムリカイツブリ 成長夏羽です。海カイツブリ4種の中では最大です。
d0099854_23544836.jpg

早くも恋の季節のようです。
d0099854_23553218.jpg

アカエリカイツブリ 夏羽になりかけています。これは距離がありました。
d0099854_23572233.jpg

ミミカイツブリ 冬羽です。ハジロカイツブリの冬羽とよく似ていますが、くちばしが違うそうです。
d0099854_23593819.jpg

海に潜ろうとするミミカイツブリ。岸壁のすぐ近くに来ました。
d0099854_004654.jpg

シロエリオオハム アビと思っていましたが、皆がシロエリオオハムというので多分そうでしょう。
d0099854_021736.jpg

この日は水面で羽をばたつかせていました。
d0099854_051149.jpg


この日は他の場所でもシロエリオオハムを見ました。しかしそこのオオハムは重油まみれで衰弱しており寒そうに震えていました。また人が近寄っても逃げません。体力も落ちています。いま海洋汚染で海鳥が減っています。港は船のためにあるものですが、海鳥たちにも欠かすことのできない場所になっています。たぶんどこかで油をかぶってしまったのでしょう。人と野鳥が共存していけることを願います。
[PR]
by harada5550 | 2009-04-05 23:40