タグ:シロハラクイナ ( 1 ) タグの人気記事
 宮古島 畑地にてミフウズラ他
d0099854_994452.jpg 宮古島の目的の一つがミフウズラを探すことでした。宮古島のサトウキビ畑はすべてがポイントです。まずは比較的よく見られるという上野地区でさがしてみることにしました。ところが日中だったためかミフウズラの気配はありません。よく見られるのはセッカ、スズメ、リュウキュウキジバト、次にツバメチドリ、シロハラクイナ、イソヒヨドリ。時間がないので他に行こうと思った矢先にミフウズラのヒナが車の前を横切り、サトウキビの影にいます。カメラを構えるヒマも無いため双眼鏡で見ていましたが、すぐに奥に隠れてしまいました。
 翌日は早朝から探すことにしました。ミウフズラはこの時期、サシバがいないため夜明けごろから行動開始し開けたところにも出てきます。また、道路を横切り姿も見かけるということです。車で宿から上野地区に向かう途中、シロハラクイナが道路を横切っていましたが、それから数百メートル先の道端で親鳥とヒナと思われるミフウズラを発見。すぐにサトウキビ畑に入ってしまいましたが、まず見ることができました。その後、上野地区のサトウキビ畑を車でゆっくり探索。昨日、ヒナを見つけた場所付近に行くとセッカが畑に降りていました。日中セッカは飛んでおりますが、早朝は畑に降りていることが多いようです。双眼鏡で畑に降りているセッカを覗いてみるとなんと、その視界の中にミフウズラの夫婦が入っていました。カメラは構えられません。見ているとすぐに畑に作物の下にもぐりこんでしまいました。
 その後、しばらく待ってみましたが出てきませんでした。いままで3回も見かけているのに一度も写真に撮れていないのは非常に残念です。朝食の時間も迫り、あきらめて帰路につくことにしました。車を発進させて、数メートル先の農道の角を曲がると、そこにオスのミフウズラが出ているではありませんか。できるだけ静かにかつ迅速にカメラを構えミフウズラをそっと撮りました。
(撮影日:2012年6月23、24日)

 ミフウズラ(Barred Buttonquail)
南西諸島の留鳥です。大きさは14cmでかなり小型。ウズラ(Japanese Quail)がキジ目キジ科であるのに対しミフウズラはツル目ミフウズラ科で別種です。



 ミフウズラはゆっくり歩いていました。ヒナもメスもいずにオスだけでしたが幸運でした。
d0099854_9222160.jpg

 この後、草の中に隠れてしまいましたが、驚くことにミフウズラが隠れたところからセッカがヒョッコリ現れました。ミフウズラとセッカは何か共通点があるのでしょうか。
d0099854_956767.jpg


 シロハラクイナ(White-breased Waterhen)   
 シロハラクイナは6年前に埼玉の大久保農耕地で繁殖していたとき見た以来です。沖縄県で留鳥ですが、宮古島では勢力を伸ばしているそうで今回はよく見かけました。
d0099854_9311793.jpg



民家の密集した集落でも、道路を横切ります。
d0099854_9323429.jpg


 ツバメチドリ(Oriental Pratincole)
ツバメチドリも畑でよく見かけました。このところ霞ヶ浦付近や波崎新港で見ていますが、宮古島は密度が濃いです。
d0099854_9443156.jpg
d0099854_94589.jpg


 亜種リュウキュウキジバト(Oriental Turtle Dove)   
キジバトに比べて目の周りの赤い部分が大きく、目立つのが特徴です。
d0099854_9493654.jpg


宮古島の畑では、短い時間しかありませんでしたが、何とかミフウズラを撮ることができました。それにしてもセッカとミフウズラの関係が気になります。
[PR]
by harada5550 | 2012-07-07 09:09