タグ:ズグロカモメ ( 2 ) タグの人気記事
小型カモメ(ユリカモメ、ズグロカモメ、ミツユビカモメ)
 湘南にやって来るユリカモメの数も日に日に増して、今日は複数の海岸で大きな群れを確認できました。銚子方面ではユリカモメは少ないのですが、三浦半島を中心とする湘南にはウミネコ、セグロ、オオセグロとともにユリカモメが数多くやってきます。ただ、銚子のほうが圧倒的に珍種がやってきますね。
 ユリカモメは小型カモメとしてごく普通の基本種ですが、白い冬羽の対して鮮やかな赤いくちばしと足が素敵です。第一回冬羽では初列風切羽の先が少し黒っぽく、くちばしと足はオレンジ色です。最近観察することができたズグロカモメとミツユビカモメとともに小型カモメ類としてまとめてみました。

ユリカモメの群れ。赤いくちばしと足が綺麗です。手前のウミネコ、奥のオオセグロカモメとともに。
d0099854_21334162.jpg

時々、飛び立ちますが、すぐに戻ります。
d0099854_21342779.jpg

オオセグロカモメとユリカモメ 並ぶとユリカモメの小ささがわかります。
d0099854_21365594.jpg

ユリカモメ 成長冬羽(くちばしと足が赤)と第一回冬羽(くちばしと足がオレンジで初列風切が褐色)の違いがわかります。
ユリカモメは二年で成長になります。
d0099854_21393297.jpgd0099854_21394957.jpg


ズグロカモメ成長冬羽とミツユビカモメ成長冬羽。
ズグロカモメはくちばしが黒く、足は暗赤色。ミツユビカモメはくちばしが淡黄色でバナナのような形で足は黒っぽいです。
d0099854_21444190.jpgd0099854_2145316.jpg


ズグロカモメ成長冬羽 この日はポツンと一羽でいました。レッドブックでは絶滅危惧Ⅱ類です。
d0099854_21534124.jpg

ズグロカモメ成長冬羽 ミヤコドリとともに。ユリカモメも古典では「ミヤコドリ」と記されているのでややこしいです。
この写真ではズグロカモメの足の暗赤色がよくわかります。
d0099854_21491138.jpg

ミツユビカモメ 外洋性のカモメで航海上でよく観察されるそうです。この日は港内で見つけられました。
d0099854_2152530.jpg

ユリカモメ成長冬羽を三枚掲載。 止まりモノと飛びモノです。
d0099854_21553247.jpg
d0099854_2155483.jpg
d0099854_2156585.jpg

ユリカモメ第一回冬羽 翼が白くないのがわかります。
d0099854_21572661.jpg


 小型カモメ類の魅力はなんといってもその「可愛さ」です。虹彩は暗色で大型カモメのようなキツサがありません。顔の表情もマイルドな感じがします。湘南三浦海岸のユリカモメは春になると夏羽にはえかわり頭が黒く染まっていきます。そのころには、より大きな群れになって北に旅だって行くのでしょう。

ユリカモメの画像がもう少しあります
[PR]
by harada5550 | 2010-01-17 20:32
春の干潟にてシギチ+カモメ
 山野の鳥は冬鳥と夏鳥の入れ替えの季節。どこへ行ってもあまり鳥に出会えないこの時期。先週と今週は春の干潟を訪れました。連日の暖かさで桜も一気に咲いて今はもう葉桜。干潟も春の渡りの季節本番を迎えようとしています。
 シギチ初心者の私には何もかもが新しいものばかり。実は春の干潟はほとんど訪れたことがありません。識別も自信がなくて一羽一羽見ては図鑑とにらめっこです。時には見かねた常連の方にご指導賜ったりしています。(笑)
 この干潟では夏羽と冬羽の混じったシギチが渡ってきています。一方、冬鳥であるユリカモメやミヤコドリも健在です。もっともここのミヤコドリは夏を越してもいますね。でも、まだまだシギチの数は少ないですね。もう少したつと干潟も賑やかになりそうです。
 
ハマシギ 大きな群れでいて、いきなり飛び立ちます。
d0099854_1914431.jpg

d0099854_19143034.jpg


オオソリハシシギ 夏羽のものと冬羽のものが混在しています。足につけられたマーカーからニュージーランドからの渡りだそうです。
d0099854_19191760.jpg

d0099854_19193828.jpg

オオソリハシシギ飛びです
d0099854_19195175.jpg


ホウロクシギ 大型のシギでダイシャクシギに似ていますが、ダイシャクシギは下腹が白いのに対し本種は褐色です。絶滅危惧:2類だそうです。
d0099854_19254463.jpg

d0099854_1926453.jpg


ミヤコドリの中のユリカモメ  ミヤコドリの中に何か違うのがいると思いましたらユリカモメ夏羽でした。
d0099854_1927172.jpg

こちら ユリカモメだけの群れ そろそろ渡りです。
d0099854_19301671.jpg


ズグロカモメ まだ居てくれました。一羽だけ別に飛んでいました。すっかり夏羽です。
d0099854_19324184.jpg

遠くに降りましたが、すぐ飛びます。
d0099854_1933690.jpg

また、降りましたが逆光です。でも背景が光っていて綺麗でした。
d0099854_19331297.jpg


コアジサシ 夏鳥のアジサシを見ることができました。直前まで二羽いて求愛給餌してたそうです。
割とポピュラーに思っていましたが、なんと本種も絶滅危惧:2類だそうです。
d0099854_19373237.jpg


鳥見を初めて5年目になりましたが、春のこの時期は何を見ていたか確認してみました。カワセミの求愛給餌、ハヤブサやチョウゲンボウの子育て、オオルリやキビタキ等夏鳥の来訪一番乗り探し、草原ではノビタキ。などです。このところシギチをみていますが、意外な発見の連続です。シギチ探しの面白さが少しわかってたような気がします。
[PR]
by harada5550 | 2009-04-12 19:50