タグ:ソウシチョウ ( 1 ) タグの人気記事
山の泉の冬鳥(ルリビタキ、アトリ、ソウシチョウ)
d0099854_1922237.jpg 今週末は、用事が重なり鳥撮りは休みです。土曜日は天気も良くて気温も穏やかで鳥撮りに行きたかったですね。
 さて、今回は先日載せた「山の泉のカラ類の混群以外の鳥」を載せてみたいと思います。
 混群のカラ類はさすがににぎやかで、エナガなどは一度の10羽近くが一度に水浴びします。それに対してルリビタキは一羽のみで訪れます。アトリも冬場はよく群れで来ますが、今回は単独でした。昨年大きな群れを撮る事ができましたので少し寂しい気もします。
 来週からは暦の上でも冬です。今頃、ここの泉も秋の風景では冬の景色になっていることと思います。


ルリビタキメス 今回、オスはいませんでしたが、久々の再開です。
d0099854_1932172.jpg
 
苔むした倒木の上で
d0099854_1935382.jpg

d0099854_1971032.jpg

メスも尾が青くて綺麗です。
d0099854_1952671.jpg

アトリ これも頭の色の濃いオスではありません。
d0099854_1982686.jpg

アトリが来るようになると冬って感じですね。
d0099854_19921.jpg

アトリは枯れ枝が似合います。
d0099854_1994086.jpg

ソウシチョウ ご存知篭脱けの代表です。本来台湾より南の暖かい場所にに生息しているのですが私は秋から冬にしか見たことがありません。
d0099854_19134330.jpg

色の華やかなソウシチョウは秋の紅葉の中でも少し派手ですね。
d0099854_19145663.jpg


 次回はルリビタキオスにあいたいですね。野鳥を撮り始めたころはよく追っていましたが最近はあまり会わなくなりました。でも興味がなくなったわけではありません。殺風景な冬景色の中に鮮やかな青い鳥を見つけたとき幸せな気分になります。
 ソウシチョウは外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっているそうです。江戸時代から飼われていたそうで随分、昔から知られていた鳥なんですね。でも侵略的外来種ワースト100の指定はかわいそうですね。ソウシチョウには罪がないのですから。
[PR]
by harada5550 | 2009-11-29 19:00