タグ:タヒバリ ( 3 ) タグの人気記事
 舳倉島にて(4)
 引き続き舳倉島で出会えた鳥を掲載します。今回はセキレイ科の鳥たちです。(撮影日:2013年5月2~4日)

 ムネアカタヒバリ(Red-throated Pipit)
ムネアカタヒバリはここ舳倉島ではよく出会える鳥です。春の渡りより秋の渡りで出会えます。オスの綺麗な夏羽個体でした。
d0099854_0255118.jpg
d0099854_0264145.jpg


 タヒバリ(Buff-belled Pipit)
タヒバリもここ舳倉島では海岸線でよく出会えます。タヒバリ海岸というところもあります。
d0099854_0275281.jpg


 ビンスイ(Olive-backed Pipit)
ビンズイは本州では夏の高山で出会えます。綺麗によくさえずっています。また山の泉に歩いてやってくる何となくとぼけたところもあります。
d0099854_0302818.jpg


  亜種ホオジロハクセキレイ(White Wagtail) M.a.leucopsis
 ホオジロハクセキレイははじめての出会いです。舳倉島はセキレイ類でもタイワンハクセキレイなどの亜種がよく見られます。
d0099854_034616.jpg
d0099854_0354265.jpg

 
[PR]
by harada5550 | 2013-05-16 00:36
秋の渡りの野鳥-1(タヒバリ類)
 野鳥たちの秋の渡りのシーズンになりました。今年も石川県のバードウォッチングポイントである離島に行ってきました。秋の渡りは春の渡りのように種類も多くなく色も地味ですが、この時期ならではの珍鳥と出会えます。ただし、今回は野鳥の数は少なく、10月8日、9日の二日間で同行の二人のベテランバーダー氏とあわせて54種類に終わりました。ベテラン氏は「50回ぐらい島に来ているが、今回はワースト5に入る」のだそうです。それでも私はライファーがハマヒバリ、ツメナガホオジロ、シラガホオジロの3種類ありました。その他はコホオアカ、アオジ、ムネアカタヒバリ、タヒバリ、ビンズイ、キマユムシクイ、ムジセッカ、ムギマキ、ルリビタキ、ジョウビタキ等を見かけました。昨年のこの時期には島に数多くいたマヒワは皆無で、アトリも一羽見かけただけでした。やっぱり少なかったですね。
 今回はタヒバリ類(ムネアカタヒバリ、タヒバリ、ビンズイ)です。スズメ目セキレイ科の鳥です。冬羽になると識別がなかなか難しくなります。今回も見たり撮ったりしてはCollins等の図鑑とにらめっこ。ベテランバーダー氏にも相談しました。
(撮影日:2011年10月8~9日)


ムネアカタヒバリ(Red-throated Pipt)
シベリアでも北極圏で繁殖し東南アジアで越冬します。夏羽はわかりやすいのですが、冬羽は他のタヒバリ類と似ており識別がむずかしくなります。
この写真はムネアカタヒバリ1st-winterと思われます。
d0099854_10501356.jpg

この写真は顔が赤いものの、胸は赤くなくad.winterかと思われます。
d0099854_17285270.jpg


タヒバリ(Buff-bellied Pipit)
背中の縦線が目立たず、首がlarg dark patchがあります。
d0099854_17332636.jpg



ビンズイ(Olive-backed Pipt)
夏の高山で出会える鳥というイメージがあり、よりポピュラーな感じがします。特徴としては耳羽後方の淡色斑の下に暗色斑があります。タヒバリやムネアカタヒバリとは地鳴きも違うのですがそれはわかりませんでした。
d0099854_17404228.jpg

いきなり近くの電線に止まりました。700mmレンズでノートリです。
d0099854_17405252.jpg


タヒバリ類(Pipit)は昨年、おなじ場所でマミジロタヒバリを見かけました。また、ヨーロッパビンズイはいまだ見たことがありません。この種は識別が難しいのですが、なるべく多くの個体を見て識別感をつけるしかなさそうです。




 
[PR]
by harada5550 | 2011-10-14 23:50
震災前のギンムクドリ、ノスリ、タヒバリ
 震災から1ヵ月以上になり、久しぶりにブログを更新します。
 今年は年末に骨折してしばらく鳥見を中止し、2月に再開したら今度は東北地方太平洋沖地震がおこり、鳥見どころではなく気分的にも自粛しておりました。4月に入り交通機関もほぼ回復し、計画停電も中止されたことから鳥見と撮影を再開しました。いつまでも沈滞ムードではいけません。
 震災前に撮った今回のギンムクドリはすっかりブログに載せるタイミングを失っておりました。初めて見たギンムクドリはムクドリの中に1羽だけ混じっていました。コムクドリに似た感じでしたが赤い嘴が印象的でした。同日に撮ったノスリとタヒバリを載せてみます。

ギンムクドリ 初見初撮りです。
d0099854_15512925.jpg

d0099854_15531390.jpg
d0099854_15532743.jpg


ノスリ この場所には4羽いるそうですが1羽しか撮れませんでした。
d0099854_15545192.jpg

d0099854_1555381.jpg


タヒバリ 白鳥のいた田んぼにポツンと取り残されていました。
d0099854_15555613.jpg


 ギンムクドリは震災後もいばらく居つづけ何事もなかったかのようだったそうです。文明社会の人間と比較し野生の野鳥にたくましさを感じます。
[PR]
by harada5550 | 2011-04-23 15:51