タグ:タマシギ ( 5 ) タグの人気記事
休耕田にて(タマシギ、タシギ、チュウサギ、コサギ)
 9月も半ばを過ぎましたが、依然として暑い日が続きます。この日はツツドリが各地に入り始め、秋の旅鳥であるエゾビタキを探しに行きましたが、まだ早いようです。例年ではそろそろ入り始める時期ですが今年は太平洋高気圧が強くて空気が入れ替わらないのか全く気配がありません。毎年食べに来るミズキの実もまだ熟しておらず植物の季節の変化も遅れているみたいです。
 この日は予定変更して、先日訪れた休耕田にタマシギの様子を見に行きました。休耕田にはタマシギ父子は健在であったものの、雛が4羽から3羽に1羽減っていました。猛禽にでもさらわれたのでしょうか。ほかには新たにタシギが3羽入っていました。先日チュウジシギを見ていますので再びジシギの識別です。そのほか、チュウサギ、コサギ、アマサギも多く見られました。
(撮影日:2011年9月18日)

タマシギ(Greater Painted Snipe)
一週間たつと雛も大きくなります。ここのタマシギは日中は草陰に隠れてほとんど動きがありません。留鳥であるためか(中には南に渡るものもいます)、他の野鳥と比較すると子育ての時期が遅い気がします。
d0099854_21253471.jpg

d0099854_21254943.jpg

d0099854_2126197.jpg

d0099854_21291796.jpg


タシギ(Common Snipe)
旅鳥です。タマシギのいる休耕田に新たに加わりました。ジシギの識別は難しいです。今回は図鑑「日本の野鳥590」「COLLINS BIRD GUIDE」で確認しました。大きさ、非常に長いクチバシ、目先の過眼線の太さ、羽を広げたとき次列風切先端の白線が目だつ点、尾羽の枚数は不明、以上からタシギと判断したいと思います。
d0099854_21401319.jpg
d0099854_21402561.jpg


チュウサギ(Intermediate Egret)
夏鳥です。この時期は冬羽になりクチバシが黄色くなります。比較的よく見られるので準絶滅危惧種とは知りませんでした。
d0099854_21454418.jpg

d0099854_21455977.jpg


コサギ(Little Egret)
冬羽のコサギもよく見るとなかなか興味深いものです。アマサギ、クロサギ、カラシラサギと違いを比較してみました。コサギ冬羽は上クチバシが黒く下クチバシは淡色、足は黒く足指はやや緑かかった黄色です。
d0099854_21504467.jpg


ここの休耕田の周りは来週にも水が抜かれ稲刈りの準備に入るそうです。この休耕田も同様に水が抜かれてしまいます。鳥たちがかなりの賑わいを見せていますが、それもあとわずかな時間となってしまいそうです。
[PR]
by harada5550 | 2011-09-19 21:16
休耕田の水鳥たち(チュウジシギ、タマシギ、トウネン、ムナグロ、クサシギ)
 もう9月半ばというのにまだまだ、暑い日が続きます。例年であれば秋のシギチの渡りの最盛期とでもいえましょう。ところが今年は東北大震災の減反政策の影響か、休耕田が少なくシギチ探しに苦労します。いつもは休耕田である田圃がほとんど作付けされています。このところ週末を使ってシギチ探しをしましたが、なかなか出会えません。台風も関東を避けてしまって置き土産にも会えませんでした。湘南の田圃にはハジロクロハラアジサシが迷い込んでいたそうですが運悪く抜けてしまいました。そんな中、県内を中心に出会えたシギチたちを載せさせて頂きます。
(撮影日:2011年9月3~11日)


チュウジシギ(Swinhoe's Snipe)
 ジシギ類の見分けは実に難解です。時に大きさも形もタシギに酷似しています。
同行のベテランバーダー氏によると
①飛んだとき次列風切先端に白線があればタシギ。無ければチュウジシギか。今回はないのでチュウジシギ。
②嘴の長さと頭の大きさとの比較から、嘴がタシギのように長くないのでチュウジシギ。
③体色がオオジシギのような薄い色味でなく濃く感じられることからチュウジシギの可能性大。
④一番確実なのは尾羽の確認ですが、忍耐と辛抱が必要で今回は確認できませんでした。
以上より推定チュウジシギとします。すでに刈り取りが済んだ田圃に数羽の群れでいました。
d0099854_23101441.jpg

少しはなれたな場所の別の個体。同じようなポーズです。
d0099854_23133058.jpg


タマシギ(Greater Painted Snipe)
 今年も出会うことができました。しかも4羽の雛を連れて。一妻多夫でオスが子育てしています。今回は悠々と田圃の真ん中を渡っていきました。
d0099854_22561039.jpg

日中はなかなか出てきません。雛が顔を出しました。オスが後ろで見守っています。
d0099854_2319373.jpg

しばらくするといきなり、田圃を親子で渡り始めました。
d0099854_2302564.jpg


トウネン(Red-necked Stinct)
 海辺で見かける小さなトウネンも内陸の休耕田で見かけると思いのほか大きく見えてしまいます。静かにカメラを構えていると近くに寄ってきます。
d0099854_2323134.jpg

この日は3羽が確認できました。
d0099854_2324413.jpg


ムナグロ(Pacific Golden Plover)
 ムナグロは毎年、ここの畑で見かけます。この日は9羽の群れでした。
d0099854_23281332.jpg

奥にはサギの群れがいました。
d0099854_2328464.jpg


クサシギ(Green Sandpiper)
 平凡と思われるクサシギも、順光でキレイに撮れました。
d0099854_2332112.jpg

d0099854_23322633.jpg


シギチめぐりは噂を聞きつけて行くのではなく、去年の今頃は「何々」がいたので今年も行ってみよう。などと思って期待していくと思わぬ出会いがあったりします。それが面白いのですが、今年は例年のいつもの休耕田がありません。行ってみると作付けされていたり、ひどい時には宅地になっていたりします。毎年新しいポイントを見つけていくしかなさそうです。


 
[PR]
by harada5550 | 2011-09-13 22:56
湘南のタマシギ、オグロシギ、コチドリ
 三連休は天気に恵まれましたが、秋の渡りの便りはまだまだ少ないです。そうこうしているうちにシギチの渡りの季節も終わってしまいます。
 「もうそろそろ、いるだろう」と思い、先週までヒバリシギやムナグロ、アオシギが出ていた場所にオグロシギが入ったという休耕田に行ってみました。オグロシギは9羽まとまって採餌したり休憩したり渡りの途中の羽を休めていました。飛び立つ雰囲気もなくすぐに見飽きて他の場所を回りましたが、チュウサギ、コサギ、アオサギ、ケリ、コチドリ程度でこれといった収穫もなく、最後に別の場所に寄ってみました。するとカメラマンが数人。そこにはなんと抱卵中のオスのタマシギがいました。この時期に抱卵して雛がかえっても「冷えてしまって大丈夫なのでしょうか?」

昼間はずっと抱卵していますが、午後遅くなると餌を探しに出かけます
d0099854_20143834.jpg

しかし、10分程度で巣にもどります。この時期、草の丈が高くて全身を現しませんが、それはそれで面白いものです。
d0099854_20162251.jpg


オグロシギ 先日撮ったシベリアオオハシシギと似ていると図鑑に載っていました。識別は嘴がこちらはピンクです。
d0099854_20203425.jpg

雲で陽がかげった時のオグロシギ
d0099854_20201044.jpg


コチドリ 冬羽か幼鳥でしょうか。頭の黒い部分がありません。
d0099854_20242124.jpg

コチドリ ここには8羽がサギ類とともにいました。
d0099854_20251687.jpg


アオサギ 見慣れた鳥です。背景が抜けた綺麗な場所にいました。
d0099854_20261792.jpg


 それにしてもこの時期のタマシギの抱卵! 気になります。今年ここのタマシギは2回子育てに失敗したそうです。残暑が続く中、タマシギも「イケル!」と思ったのでしょうか。最初は地元の方も通り過ぎて全くわからなかったとか。ここのタマシギは留鳥なのか南に渡るか不明ですが、早く卵が孵って子育てが終わって欲しいものです。
[PR]
by harada5550 | 2010-09-20 20:21
夏の田圃にて(タマシギ、ケリ、アマサギ、カルガモ)
 お盆休み最終日の今日は、いままでの暑さが一変して肌寒いくらいの一日でした。季節はもう秋へと向っているのでしょうか。今年のお休みはガソリン高騰の影響で遠征は中止。近場の田圃へと足を運びました。タマシギのメスと飛翔するケリを撮るのが目的です。
 タマシギのメスは何羽かのオスの間を渡り歩いてそのたびに卵を産んでオスに抱卵を託していきます。巣を守っているオスと違って、同じ場所にとどまらないようです。そのためかなかなか出会うことができません。しかも、茂みの中に隠れていてなかなか姿を現しません。オスと仲むつまじい姿を見せてくれるのですが全身をあらわしません。
 タマシギとともにケリの撮影も目的のひとつです。ケリは警戒心が強く近づくとすぐに飛ばれてしまいます。今回は車で近づき、車の中からこっそり撮りました。飛翔姿も綺麗な鳥です。飛び物を中心にねらいましたがやっぱり難しいですね。
 タマシギ、ケリ、アマサギとカルガモも含めて掲載枚数が多くなってしまいましたがご勘弁を!

タマシギメス なかなかここから出てこないんです。 
d0099854_19455788.jpg

オスが後ろにいます 同じように首を伸ばしています。
d0099854_19461214.jpg

オスはチョコチョコでてきます。
d0099854_19462748.jpg

あわてて飛んで帰って行きます
d0099854_19464527.jpg

水浴びもしてくれます。
d0099854_1947174.jpg

コサギに警戒!
d0099854_1947189.jpg

タマシギオスメス やっと出てきてくれました。距離は約50m。
d0099854_19473390.jpg

ケリ 車の中から撮りました。距離は約15m。
d0099854_19474980.jpg

ケリ飛翔 人家がバックで残念! 
d0099854_19481589.jpg

ケリの集団
d0099854_19484277.jpg

一羽が飛びました
d0099854_1950232.jpg

いっせいに飛び立ちました
d0099854_19501649.jpg
d0099854_19502916.jpg
d0099854_19504139.jpg

アマサギもだんだんと色が落ちて冬羽に
d0099854_19505431.jpg

意外!逆光の中のカルガモが綺麗
d0099854_1951663.jpg


 夏の田圃は強い日差しをさえぎるものがありません。日焼け止めを塗ってガードしたのですが、たっぷり日焼けしてしまいました。待ち時間も多かったのですが夏の一日を満喫することができました。 
[PR]
by harada5550 | 2008-08-17 20:13
タマシギ
 暑い日が続きます。それでも昨日の雷雨の後は涼しくなり少しはすごしやすくなりましたね。
8月にはいり少し早いですが憧れのタマシギが見られるかなと思い、よく行く田んぼへ出かけてみました。ここでは昨年も見られたのですが、あいにく私は見ることができず、残念な思いをしました。私はまだ、タマシギを撮ったことがありません。今年こそはと思いわくわくしながら出かけました。
 到着してみると稲が青々と茂りとても稲の間を探すことはできません。1時間ぐらい歩いて休耕田を探しましたがケリやコサギがいるぐらいです。それならケリでも撮ろうかと思い車に戻り、5F4を三脚につけて再び訪れるとすぐに飛ばれてしまいました。ケリの飛翔姿は綺麗でしたが、去っていく後ろ姿の飛び物しか撮れませんでした。それで作戦変更して車から写すことにしました。タマシギも車から写すほうが大きく撮れると思います。
 飛ばれてしばらくしてケリが降りるのが見えました。早速、地元の方の邪魔にならないように近くの農道に車を乗り入れました。そこは比較的広い休耕田でケリが水浴びをしていました。ケリの水浴びを撮っていると最初は気がつかなかったのですが、手前の茂みにタマちゃん(以下、親しみを込めて「タマちゃん」とさせてください)がいるではありませんか。ついに会うことができました。

タマちゃん 今回はオスでした。
d0099854_17263821.jpg

最初に発見したときの写真です。茂みからヒョコッと顔を出しました
d0099854_17275984.jpg

ケリと一緒に水浴びです。
d0099854_17284348.jpg


タマちゃんの表情が気持ちよさそう!
d0099854_17334044.jpgd0099854_17335799.jpgd0099854_1734730.jpg


水しぶきを飛ばして!
d0099854_17372860.jpg

ケリの間で羽伸ばし
d0099854_1739336.jpg

手前の田んぼでもう一回羽伸ばし
d0099854_17403997.jpg

田んぼのお立ち台にのぼって
d0099854_17413620.jpg

カイカイ~! タマちゃん、顔の表情に愛嬌があります。
d0099854_17423240.jpg

振り向いて この後茂みに隠れて飛んでいきました。
d0099854_1743523.jpg


 今回はオス一羽のみでした。車の中から撮りましたのでタマちゃんの警戒心も少なく比較的長い間撮ることができました。ただ、地上を走るのは早いですね。時々パーっと走ります。
 遠くで鳴っていた稲妻が近づいてきましたがタマちゃんは気にしないで水浴びをしていました。雨も降り始め、本降りになったところで撮影終了です。幸い車の中の撮影でしたので雨でも平気でした。
 次回はやっぱりメスを、そしてかわいい雛を撮りたいですね。
[PR]
by harada5550 | 2008-08-10 18:02