タグ:チュウヒ ( 4 ) タグの人気記事
鳥の端境期です(チュウヒ、ハイタカ、オオハクチョウ幼鳥 他)
 暖かな日が続き、季節がなかなか進行しません。今年の夏は猛暑であったせいか、ここへ来ても季節は足踏み状態のように思われます。 
 この日はアシハラでチュウヒとコチョウゲン、オオジュリンを探した後、オオヒシクイとハクチョウの飛来地を訪ねるというプランでまわりましたが、チュウヒこそ写真に撮ることができましたがその他は惨敗しました。昨年の今頃はすでにオオヒシクイもハクチョウも飛来していたようですが、今年はやっぱり遅れているそうです。
 伊豆沼には数日前にガン、カモ類が渡って来ていたようで、関東にも来ていると予想したのですが、少しあまかったようです。

チュウヒ ネグラ入りポイントで待つことも多いのですがこの日は狩のポイントに行きました。警戒心が強くて距離がありました。しかも逆光です。
d0099854_2254414.jpg

はじめは腰が白くハイチュウメスかと思いましたが、フクロウ顔がはっきりしませんのでチュウヒとします。
d0099854_22544246.jpg

ハイタカ この日の救いはこのハイタカでした。メスタイプです。
d0099854_22554693.jpg

ミサゴ かなり大きな魚を捉えています。
d0099854_2259177.jpg

オオハクチョウ幼鳥と9羽のオオバン ハクチョウ飛来地ではないのですが、2羽のオオハクチョウも見る事ができました。

d0099854_2334641.jpg

モズ スズメの群れに突っ込んだりしてこの日はモズだけは元気でした。
d0099854_235977.jpg


 このあとにオオヒシクイとハクチョウの群れを載せたかったのですが、うまくいきません。
二週間前の写真になりますが、まだまだ居ますエゾビタキとキビタキを載せます。
d0099854_2384679.jpg

d0099854_2392032.jpg


 先週末は台風のあと迷鳥狙いで海鳥ポイントに行ったのですが、オオミズとウミネコばかりではずれました。ガン・カモ類の渡りも遅く今は渡り鳥の端境期です。

※当初、オオハクチョウ幼鳥をコハクチョウ幼鳥と載せていましたが、オオハクチョウ幼鳥に訂正します。
[PR]
by harada5550 | 2010-11-06 23:12
謹賀新年 当ブログ200回記念! 農耕地にてハイイロチュウヒ
皆様、新年明けましておめでとうございます。今回の記事で200回を迎えました
 当ブログをご覧いただきたいへん恐縮です。こんな拙いブログですが、今回の記事で200回を迎えました。週末のみの更新ですが、皆様のアクセス数を励みにして続けることができました。今年もよろしくお願いします。
 今年は、タイトルから「週刊」をはずし「湘南BIRDER」といたしました。仕事が忙しくなり「週刊」で更新できなくなる可能性がでてきたためです。できるだけ週末には更新させていただきますがよろしくお願いします。

 さて、2010年一回目、記念すべき200号は年末年始休暇に偶然、撮れてしまったハイイロチュウヒを載せさせて頂きます。この日はコチョウゲンボウを撮るのが目的で北関東の農耕地に出かけました。コチョウゲンボウはオス、メスともにまともに撮ったことがありません。いつも米粒のような写真ばかりです。現地に朝8時ごろ到着、コチョウゲンやハヤブサが出るポイントで待ちました。ただ、このポイントはハイイロチュウヒが昼間に狩をするのを狙うポイントでもありました。ただし、出たのはただのチョウゲンボウ、ただのチュウヒやノスリのみ。お目当てのコチョウゲンは出てきません。広い農耕地をプロミナーで確認しましたが、藁ボッチの上にちょこんとチュウヒが止まっているだけでした。
 しばらくして風も強くなり、時折雪もちらつくあいにくの天気の中、何も出ないので車の中で待機していました。すると遠くにハイイロチュウヒオスが飛んでいるのが確認できました。「コチョウゲンじゃないのか」なんて思って最初は近くによって来るのを待ちましたが、なかなか近づかないので、こちらから車で近づくことにしました。結果は正解でした。車で近づいたら私の真横で北風にのって地面すれすれを飛んでくれました。私は車の中から必死にシャッターを押し続けていました。

ハイイロチュウヒオス 車にて接近戦です。間近でした。
d0099854_1911519.jpg

最初に確認できたハイイロチュウヒオス。このときは距離がありましたが、近づいてきませんでした。
d0099854_19123828.jpg

車で近づいて藁ボッチの合間から撮りました。
d0099854_1914321.jpg

時折、舞い上がりますが地面スレスレを飛びます。
d0099854_19151526.jpg

そして、真横を飛んでくれました。完全に目があったかに思いました。
d0099854_1916215.jpg

距離にして10mぐらいでしょうか。北風にのってホバ状態です。
d0099854_19165172.jpg

別の場所で撮ったハイイロチュウヒメス
d0099854_1922213.jpg

顔の回りのリングと白い背中が目印です。
d0099854_19231741.jpg

夕日を浴びたチュウヒ 幼鳥かメスと思われますが確認できません。
d0099854_19242166.jpg

チュウヒオス 暗くなってから登場です。
d0099854_19251642.jpg

大陸型と思われる個体。遠くてよく撮れませんでしたが頭部が黒いのだけは確認できました。
d0099854_19264865.jpg


 今回、掲載したハイロチュウヒオスは、昼間の狩場である農耕地のものです。それ以外は葦原のネグラ入りポイントです。今までハイイロチュウヒオスはネグラ入リポイントのみしか出会ったことがありませんでした。今回はコチョウゲン狙いの昼間の農耕地で偶然にも、間近でハイチュウオスが撮れてしまいました。大きな誤算になりましたが、いまだにそのときの事を思うと興奮冷めやらぬ気がします。こんなことってあるんですね。ところでコチョウゲンはいつになったら撮れるんでしょうか?

よろしければMoreもどうぞ!
[PR]
by harada5550 | 2010-01-03 18:48
冬の葦原にて(猛禽特集・一気に掲載)
 今日は風が強かったですね。車もカメラ機材も服も体も砂埃だらけになりながら河川敷で猛禽を狙いました。この冬、猛禽ねらいで撮影に行くのは何度目になるんでしょうか。結構足を運んでいるような気がします。
 今日の風は猛禽にとっても強過ぎたせいかホバをしているのか風に逆らっているのかわからないような状態でした。当然のごとく出はよくありません。今日は残念ながら不作でして、チュウヒとノスリのみ撮影できました。
 そんな訳で、今回はいままで撮りためていて未掲載の今年の猛禽たちを一気に掲載してみます。撮影日時等は省略させていただきます。


チュウヒ  さすが猛禽 鋭い顔してます。ハイチュウメスに似てますがある方のご指摘では大陸型では、とのことです。
d0099854_23102844.jpg

d0099854_23104937.jpg
d0099854_2311152.jpg
d0099854_231114100.jpg


こちら、ハイイロチュウヒオス 今年は多いみたいですね。
d0099854_2311364.jpg

d0099854_2313383.jpg
d0099854_23131751.jpg


チュウヒオス 顔や体が全体的に黒く大陸型かもしれないとのことです。(本日撮影)
d0099854_2313402.jpg


チュウヒ幼鳥 虹彩が黒いのが特徴です。
d0099854_23173649.jpg


チョウゲンボウ 光が辛いのですが綺麗な鳥です。
d0099854_23174658.jpg


オオタカ 都市公園で小鳥を撮影中、いきなり飛びました。
d0099854_23184213.jpg
d0099854_23185080.jpg


ノスリ 葦原の常連です。複数の個体がいてよく現れてくれました。(本日撮影)
d0099854_23213484.jpg
d0099854_23214220.jpg

d0099854_23214927.jpg
d0099854_23215744.jpg


今日は他の猛禽も狙っていたのですが、残念ながら撮れませんでした。
冬の葦原や農耕地の猛禽狙い。しばらく続きそうです。
[PR]
by harada5550 | 2009-02-08 23:28
アシ原にてハイイロチュウヒ
 今週は関東のアシ原へ遠出です。目的はハイイロチュウヒの塒(ネグラ)入りの撮影です。塒入りするのは午後3時すぎから。この日は途中に一箇所寄り道して午後1時すぎにゆっくりとしたポイント入りです。
 まずは定番ポイントの見晴らし台へ。本命は3時以降なので日向ぼっこをしながらの鳥見です。ここでもチュウヒとノスリを見ることができました。真上はスカイダイビングの落下ポイントになっているらしく色鮮やかなパラシュートを広げながらダイバーが降りてきます。あまりにのんびりしすぎて時間を忘れそうになります。
 おっと危ない!忘れてました。時間になりましたのでお目当てのチュウヒ塒いりポイントに移動です。途中、ミサゴがなにやら赤い大きな魚を運んで飛んでいます。錦鯉でも仕留めたのでしょうか。ポイントにつくとすでにカメラマンやBIRDERが陣取っていました。

ハイイロチュウヒオス 真正面から撮れました
d0099854_2116184.jpg

アシ原上空を飛ぶハイイロチュウヒオス
d0099854_21165390.jpg

夕陽を浴びて
d0099854_21173624.jpg

羽ばたいてくれました。
d0099854_2118529.jpg

かなり暗くなって現れたハイイロチュウヒオス
d0099854_21202642.jpg

颯爽と飛んでいきます。
d0099854_21212643.jpg

チュウヒ幼鳥も飛んできます。
d0099854_21221468.jpg

塒いり直前のチュウヒオス
d0099854_2123614.jpg

アシ原を飛ぶノスリ
d0099854_21235160.jpg

獲物の赤い魚を運ぶミサゴ
d0099854_21265615.jpg

お気に入りの枝にとまってこれから食事!?

d0099854_21274952.jpg


 この日はハイイロチュウヒのオスがよく出てくれました。昨年もこの場所で見ましたが、今年のほうが多いですね。今回はハイイロチュウヒオスが4羽見られたと思います。 ただ、塒入りする場所は決まっていないので、どこに下りるかは不明です。今回は一応撮れたものの距離が遠くいのと暗いのでボツ写真の連続でした。 猛禽の貴公子(と勝ってに言ってしまう)ハイイロチュウヒオス、次回はもう少し条件をよくして狙いたいです。
[PR]
by harada5550 | 2008-11-30 21:42