タグ:ツツドリ ( 2 ) タグの人気記事
 舳倉島にて (5)
  舳倉島にての最終回は桜にとまった赤色型のツツドリ、この時期おなじみのヒメコウテンシ、ミヤマホオジロ、コホオアカです。(撮影日:2013年5月2~4日)

  ツツドリ(Oriental Cuckoo)
  ツツドリの赤色型がなんと桜の木に止まっていました。野鳥カメラマンとしてはまたとないチャンスです。しばらく飛ぶ様子も無いので最初は遠くから撮り、徐々に近付いていきました。
d0099854_22424458.jpg


  ヒメコウテンシ(Greater Short-toed Lark)
ヒメコウテンシも舳倉島で割と見かける鳥です。この日はアトリやマヒワの中に1羽だけ混じっていました。4月に神奈川県でも目撃情報がありましたが、そのときは見られませんでしたので今回思いがけず出会えて運がよかったです。
d0099854_22525661.jpg
d0099854_22533673.jpg


  ミヤマホオジロ(Yellow-throated Bunting)
  ご存知ミヤマホオジロです。冬鳥の印象がありますが、ここではさえずりを聞くことができました。
d0099854_22453241.jpg


  コホオアカ(Little Bunting)
コホオアカは日本海の離島でよく見かける野鳥です。ただし関東では見たことがありません。舳倉島のこの場所には数年前からいつも出没してくれます。
d0099854_22475634.jpg


  2年ぶりの春の舳倉島は、チフチャクやカラアカハラ、ヒメコウテンシなどに出会えて楽しかったです。やっぱこの島は普通とは違います。
[PR]
by harada5550 | 2013-05-16 22:53
ツツドリ
 秋の渡りの季節。ツツドリはこの時期になると必ず話題になる鳥ですね。
 夏鳥として山地の森林に飛来し、秋は市街地へ降りてきます。この時期、市街地の樹木はエサとなる毛虫が豊富。今日のツツドリはこの毛虫が食べ放題。しかもまったくのマイペース。ほとんど警戒心がなくいきなりバードウォッチャーやカメラマンの目の前にも飛んできたりします。そのためなかなか撮影しにくいカッコウやホトトギスなど同じ仲間のなかで一番ジックリ撮影できるのはこの鳥です。
 昨年も毛虫がボロボロ落ちてくる森でこの鳥を撮ったのを思い出しました。エサが豊富すぎて渡らなくていいのかとも思いましたが、余計なお世話でした。
 今年のツツドリもお腹いっぱい食べて渡っていくんでしょうね。

色づいた樹木の中で
d0099854_250390.jpg


青空をバックに
d0099854_2505656.jpg


目の前にトンボがいても興味なし
d0099854_2515486.jpg


やっぱり毛虫じゃないとね
d0099854_39116.jpg


満腹だ! 少し体でも動かすか 
  (おいおいでもそんなに近づくな。ノートリじゃないか)
d0099854_393136.jpg



やわらかな秋の夕陽の中で
d0099854_395441.jpg


[PR]
by harada5550 | 2007-10-21 22:28