タグ:ツバメ ( 1 ) タグの人気記事
ショウドウツバメ(小洞燕)とツバメ
 田圃のシギチを観察していると、この時期はよくツバメに出会います。今回も普通のツバメが飛んでいるのかと思いましたが、形の違う少し小型のツバメがいます。それは渡りの途中のショウドウツバメでした。ショウドウツバメは通常夏鳥として本州を通り越して北海道に渡来します。営巣では砂地の崖などに小さな巣穴を堀り繁殖するそうです。ここ関東付近では旅鳥として春秋の渡りの時期に少しの間のみ観察されるそうで出会える機会は少ないそうです。今回は、過去に撮った燕を含めて、ショウドウツバメ及びツバメを張らしていただきます。

ショウドウツバメ 雌雄同色 成長の喉から下胸にT字になって見える胸帯と縦線があります。
大きさはツバメよりも小さく尾も短かったです。
d0099854_21535883.jpg

田圃の上空を飛んでいるか、止まっているときは決まった電線です。 
電線からの飛び出しを数枚・・・
d0099854_21564032.jpg

d0099854_21575280.jpg
d0099854_21581365.jpg

田圃の上を飛び回るショウドウツバメ。後ろはツバメ。ピンをあわせるのがとにかく難しい。
d0099854_2201974.jpg

こちらはただのツバメ 夏の田圃の常連です。
d0099854_223374.jpg

ツバメ幼鳥。親が餌を運んできていました。(この写真は過去在庫です)
d0099854_226482.jpg

d0099854_2261153.jpg

ツバメ 離島の岩場にて観察できました(この写真も過去在庫です)
d0099854_2281716.jpg


 ツバメは夏の風物詩。人里でも民家の軒下などでよく繁殖します。我が家の近所でも毎年営巣する場所がありますが、家の主人に暖かく見守られツバメが飛び交っています。 シギチをねらっていると必然的にツバメが目に飛び込んできます。ショウドウと聞いたときにピンと来たのは私の友人でした。シギチに続いてツバメの勉強も必須だと実感しました。





 
[PR]
by harada5550 | 2009-08-23 22:01