タグ:デカムリアン(通称) ( 1 ) タグの人気記事
漁港にてアイスランドカモメ
 アイスランドカモメ亜種のカムリアン(kumlieni)とそれのもう少し大きめの通称「デカムリアン」にも会う事ができました。漁港には排水溝があり、そこには人間にとってはゴミですが、栄養分が豊富なモノが集まります。自然とカモメもそこに集まります。カモメポイントへ向かう途中に「セグロ、オオセグロ、ウミネコ、ユリカモメ等の通常種の中にカムリアンとデカムリアンの双方が混じっている」との情報のいただき駆けつけました。
 アイスランドカモメは初列風切が白くシロカモメに似る亜種glaucoidesと割と初列が褐色の亜種kumlieniがありますが、日本ではglaucoidesは滅多に確認されません。それに対してkumlieniは、日本でも確認されることがあり、大きさや頭の形、足の短さなどからカナダカモメと同種とされることもあるそうです。確かにカナダカモメとglaucoidesの両方の特徴を兼ね備えているとも思えます。
(撮影日2012年2月4日、26日)

アイスランドカモメ カムリアン (lceland Gull kumlieni)
肩羽がしっかりしていますので第3回冬羽とも思えましたが、第2回だそうです。
d0099854_19483023.jpg

飛翔写真。近すぎたのでフレームアウトしておりカメラマン写真としては失格ですが、この写真では肩羽がしっかりしておらず、頭から胴体にかけて不規則な模様があり第2回と思えます。
d0099854_19504747.jpg

手前にkumlieni 後ろで飛び立つのはセグロ第3回と思われます。大きさがかなり小型に見えます。
d0099854_1952451.jpg

この写真は全身がかなり白っぽく見えますが、初列が褐色でkumlieniであることがわかります。
d0099854_1954535.jpg

kumlieni 頭が丸く、初列の特徴も出ています。
d0099854_19571857.jpg


通称デカムリアン? サイズはシロカモメほどでアイスランドカモメより大型ですが、頭が丸く、嘴も小さくアイスランドカモメの特徴を備えているなぞのカモメです。後ろはkumlieni。
d0099854_19592742.jpg

d0099854_19594489.jpg

d0099854_200068.jpg

上記3枚とは別の場所で撮った通称デカムリアン? 同一個体と思われます。頭が丸く、嘴も小さく特徴が出ています。
d0099854_2013885.jpg


今年は運よく、カムリアンと通称デカムリアンと会う事ができました。特にカムリアンは第2回冬羽であり、成鳥になった2年後に再会したいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2012-03-11 19:43