タグ:ニュウナイスズメ ( 1 ) タグの人気記事
GWの飛島の野鳥
 今年のGWの飛島は好天が災いして野鳥の種類、数共にが少なかったようです。私は5/1~3に行きましたが、アオジ、オオルリ、キビタキばかりでミゾゴイとシラガホウジロ以外は、いわゆる「珍鳥」の類はほとんどいませんでした。種類にして友人と合わせて67種とこの時期にしては非常に少なく感じます。同様に日本海側の島では舳倉島や粟島がありますが、GWの時期はやはり野鳥の数が少なかったようです。(舳倉島はそのあと珍鳥が出ているようですが・・・) 
(撮影日:2012年5月1日~3日)

シラガホオジロ(Pine Bunting)
この種は昨秋舳倉島で撮影していますが、今回は全体に赤みがかかっていましたが尾羽の赤みが少なく聞くところによりますと第1回冬羽の夏羽になりかけと思われます。
d0099854_20172254.jpg


 季節的には桜が満開から散り初めの時期でした。飛島でなくても見られる野鳥ばかりでしたが季節感のでる写真を撮ることに目的を変えてみました。

桜とメジロ(Japanese white-eye)
d0099854_20194460.jpg

桜とキビタキ(Narcissus Flycatcher)
d0099854_20195576.jpg

サッカーゴールポストとジョウビタキ(Daurian Redstart)
d0099854_20201118.jpg

桜の花びらの中のエゾムシクイ(Sakhlin Leaf Warbler)
d0099854_2020229.jpg

桜のオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)♀
d0099854_20203738.jpg

カイドウのオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)♂
d0099854_2020491.jpg

藪の中のマミチャジナイ(Eyebrowed Thrush)
d0099854_20211082.jpg

新緑の中のコサメビタキ(Asian Brown Flycather)
d0099854_20214089.jpg

黄色い花の中のホオアカ(Chestnut-eared Bunting)
d0099854_20215530.jpg

草の中で撮餌するニュウナイスズメ(Russet Sparrow)

d0099854_2022775.jpg


 飛島は徒歩で回るには広すぎて自転車がちょうどいいと思います。舳倉島がコンパクトで野鳥観察ポイントが近接しているのに対して、飛島は広くて野鳥観察ポイントが分散しておりしかも、探しながら回るのであれば自転車で軽装で回る必要があります。500mm/F4レンズと重い三脚を担いで片手運転は不可能です。野鳥を探しながら自転車で回るのなら300mm程度のレンズ程度と三脚を担いで回るが賢明です。そのため画質を求め大口径レンズで撮る場合は機材をバッグに入れて自転車で回りポイントごとで組み立てて撮影します。当然自転車に乗っているときに野鳥が現れても撮影することができません。そのため飛島は野鳥カメラマンよりBIRDER向けの場所といえます。実際、野鳥カメラマンより観察主体でときおり写真を撮るBIRDERが多いと思われました。
 
[PR]
by harada5550 | 2012-05-13 20:17