タグ:ノゴマ ( 5 ) タグの人気記事
大雪の野鳥(ギンザンマシコ、カヤクグリ、ノゴマ)
 暑い日々が続きます。体調管理に気をつけたいものです。
 さて、今回は北海道シリーズに戻り、大雪山の野鳥たちを載せます。大雪山の夏鳥といえば、ギンザンマシコ。この赤い鳥の撮影も今回の目的のひとつです。ベニマシコ、オオマシコ、ハギマシコなどの赤い鳥は関東では冬鳥です。ギンザンマシコは北海道でも冬鳥だそうですが、大雪山では夏鳥として繁殖します。本州では冬鳥としてもほとんど観察されることはないそうです。今回の旅では知床峠と旭岳周辺にて探しましたが、知床峠は出が悪く断念しました。
 旭岳には朝6:00の始発のロープウェイにのる予定でしたが、天気予報は雨時々曇り、はやる気持ちはすっかり消えて、ゆっくり8:00のロープウェイで向かい、ポイントである展望台にカメラを構えたのは8:30。この日は台湾から来たプロのカメラマン3名とそのガイドだと言う札幌のご夫婦。地元のbirder氏が先客でした。台湾のカメラマンは「昨日はナキウサギを撮って来た」そうでこの日はギンザンマシコとノゴマが目的だそうです。「朝から霧でやっと晴れたきた」ということでしたが、ギンザンマシコはすでに3回お出まし。3回目は目の前10mとのこと。失敗したと思いきや、北海道の野鳥情報を交換しているとハイマツのなかになにやら影が。「カヤクグリかな」と双眼鏡で見てみるとギンザンマシコのオスでした。

ギンザンマシコ(Pine Grosbeak)
いつの間にはハイマツの上に乗っかっていたという感じです。飛んできた気配はありませんでした。ハイマツの中から上に上がってきたと思います。大きさは大きな小鳥という感じでイスカよりも二回りぐらい大きめですが、イスカによく似ています。このときは少し霧がかかっていました。
d0099854_19511563.jpg

d0099854_19513490.jpg
d0099854_19514791.jpg
d0099854_19515772.jpg


ところがこの後、天気は急回復し快晴に。それに反してギンザンマシコは全く出てこなくなりました。「霧の日に出がいい」とは聞いていましたが、光線もよくなり撮影条件がいいのに肝心の鳥が出てきません。待つこと4時間、13時過ぎにやっとお出ましです。
d0099854_1958513.jpg


カヤクグリ(Japanese Accentor)
日本固有主です。この鳥も夏のハイマツ帯などの高山で見られます。冬は関東でも比較的ポピュラーです。南北アルプスで登山のときでもよく見かけます。
d0099854_2012888.jpg


ノゴマ(Siberian Rubythroat)
北海道ではポピュラーなノゴマです。夏には大雪山でも平地の草原でも見かけます。英名はそのものズバリですね。関東では旅鳥で「でる」と話題になります。神奈川では見かけたことがありません。何度あってもキレイな鳥で得した気分になります。
d0099854_2061656.jpg

ノゴマのメス。これは大雪山ではありません。北海道の海岸です。メスは目立つところに出てきませんのでコレもうれしい収穫です。
d0099854_2011939.jpg



この日は天気予報が大きくはずれ、旭岳は快晴の中に全貌をあらわし続けました。そんな中、ノゴマとカヤクグリはよく出てくれるのですが、肝心のギンザンマシコの出がいまひとつで残念でした。また、いつか訪れたいです。(撮影日:2011年7月12日)
d0099854_20152819.jpg

[PR]
by harada5550 | 2011-08-16 19:21
天売島にて海鳥と春の渡り-4(ノゴマ)
 首都圏では秋の渡りに数日間のみ見られるノゴマ。噂をつかむと私も夢中になって撮りに行きました。そのノゴマがここ天売島ではここ彼処で普通に見られます。この時期(5月中旬)は朝から夕方まで、海沿いの草地から森の中や市街地のお寺の境内でも鳴いています。しかも縄張り主張のために草木の目立つところでオスがさえずります。きれいなさえずりが聞こえると思うとノゴマかアオジの必ずどちらかでした。
 島に到着後、カメラをセットするといきなりノゴマのさえずりが・・・。あっ!あそこにいた!と思ってシャッター連写! その後も連続遭遇しそのたびに連写! ただ、あまりに多くてきりが無いので、その後は見かけても撮りませんでした。いま思えば贅沢なことです。ノゴマは滞在期間最後まで見られなくなることはありませんでした。さすが北海道天売島です。

ノゴマ 木のてっぺんのいいところでさえずります。
d0099854_2322685.jpg

d0099854_2325954.jpg

ノゴマ あまり目立たないところでもさえずります。
d0099854_2342584.jpg

人家の近くの畑でもさえずります。
d0099854_2351972.jpg

朝、森の中でも出会えました。
d0099854_2364586.jpg

草地の開けているところでさえずりと思っていましたので、森の木の中でさえずるのは意外でした。
d0099854_238860.jpg
d0099854_238218.jpg

笹の草原で
d0099854_2392473.jpg

最後は、この時期、やっと咲き始めたエゾ桜でのさえずり。
d0099854_23105239.jpg


 今回はノゴマを堪能できました。天売でお会いした北海道のBIRDERの方々もここまで棲息密度が濃いところはあまりないと言われていました。ただ、さえずるのはオスばかりで地味なメスは見られませんでしたね。ノゴマをゆっくり、さえずりを聞きながら観察し撮影することができ、これだけでも天売島にきた甲斐がありました。
天売島特集。まだまだ続きます。
[PR]
by harada5550 | 2010-05-29 23:05
ノゴマ・コマドリ他小型ツグミ類(舳倉島特集その2)
d0099854_17155963.jpg 舳倉島では渡途中の小型ツグミ科の野鳥が数多く見られました。
 特に珍しい鳥はいませんでしたが、人気のノゴマ、コマドリ、コルリなどが間近で見ることができます。特にノゴマは草原、水場などの狭い舳倉島内の4箇所で撮影できました。また、あるポイントではノゴマ、コマドリ、コルリ、ルリビタキの4種が出没し、何が出てくるかはお楽しみのようなポイントがあります。そこではカメラを構えているとその前をオオルリが横切ったりします。なんとも贅沢なポイントですね。ノビタキはこの時期は島のあちこちで見られます。一方冬鳥のジョウビタキも数は少ないですがこの時期にまだ見られました。この島は夏鳥と冬鳥の渡りの交差点です。 


ノゴマ 朝の草原を散策中、さえずりが聞こえると、草の上に上がっていました。
d0099854_70756.jpg

ノゴマ 水場にも現れました。
d0099854_702737.jpg

ノゴマ ここは目の前に出てきます。カメラマン定員4人ぐらいのポイントです。
d0099854_17251563.jpg

ノゴマ 前の写真のすぐ近くの別のポイントです。
d0099854_1726750.jpg

d0099854_713367.jpg


ノビタキ 島のあちこちで見られます。
d0099854_72893.jpg
d0099854_722775.jpg


コマドリ 綺麗なオスはみられませんでした。例年コマドリが見られますが、綺麗なコマドリオスが出てきません。
d0099854_724550.jpg
d0099854_73334.jpg
d0099854_732284.jpg


ここではコルリも出てきます。
d0099854_74195.jpg


浜辺のジョウビタキ これから渡るのでしょうか?
d0099854_7322138.jpg



 舳倉島での鳥撮りの一日は、朝の浜辺にて渡りの鳥探しから始まります。ただしあまり成果が無い場合はノゴマ、コマドリ、コルリ定番ポイントに向います。ここでは何かしら撮ることができます。夕方になると水辺へ移動し、何か飛んで来る鳥を撮ります。そんな感じで一日が終わります。

もう少し画像があります。よろしければどうぞ。
[PR]
by harada5550 | 2009-05-10 07:19
ノゴマ
 ノゴマを撮影したのは今年のGWの舳倉島で撮影して以来半年ぶりぐらいです。こんなに早く再会できるとは思いませんでした。なにしろ普通は北海道でしか撮れない鳥です。首都圏では旅鳥として撮るしかありません。 昨年、この時期2回撮りに行き、連続でふられて撮れませんでしたので、今年は10月になりそろそろノゴマが出るころだと思っていましたが、例年より少し早い気がします。
 この日は午前中、小雨もぱらつくあいにくの天気でしたが、ノゴマは機嫌よく何回か出演。午後から長袖では暑いくらいの晴天になり、そのためか明るいところが苦手なノゴマは少し出番が減ってしまいました。
  ノゴマは日本では北海道で繁殖し、春秋の渡りの時期には旅鳥として本州以南の河川の葦原や雑木林などで見られるそうです。冬季はさらに東南アジア方面まで南下し生息します。今年は長旅の途中のノゴマを春の舳倉島に引き続き、秋は首都圏で見ることができ幸運でした。

ノゴマオス 赤い喉が鮮やかです。
d0099854_209585.jpg

私はバックが抜けたこの枯れ木にとまるのが好きです。
3枚連続で。
d0099854_2013063.jpg

d0099854_20151241.jpg

d0099854_20173199.jpg

背景がすこしうるさいですが・・・・。光を浴びて。
d0099854_20202218.jpg

奥のこの細い枝はノゴマのお気に入りです。
d0099854_20183711.jpg


ノゴマは暗いところが好きなため、SSが上がらず、羽を広げたところが撮れません。
そんな中、日の光がさして、SSをあげたら少し羽を広げたところが撮れました。
d0099854_2023118.jpg


この枝の先もノゴマのお気に入りでした。
d0099854_20234678.jpg


 この場所は地元の方が大切にされているところ。今回も多くの方がいろいろな努力をされていると思います。皆様ありがとうございました。
[PR]
by harada5550 | 2008-10-12 20:44
ノゴマ 舳倉島にて
 舳倉島にてのノゴマを掲載します。
島では珍しい鳥ではありませんが、昨秋、二回にわたってふられた鳥なので今回は撮影できて嬉しさもひとしおでした。
 しかもオスメスともに撮ることができました。
 夏鳥としては北海道が生息地ですのでここは旅鳥として渡りの途中といったところでしょうか。

ノゴマ オス 枝どまり
d0099854_2235358.jpg

d0099854_22355873.jpg

ノゴマ メス 枝どまり
d0099854_2236315.jpg

ノゴマ オス 水場にて 赤い喉が水に映ってきれいです
d0099854_2237207.jpg

d0099854_22373324.jpg

ノゴマ オス 草地にて
d0099854_22375534.jpg


今回は滞在中、二日に渡って出てくれました。
こんなに撮れたのは初めてです。
[PR]
by harada5550 | 2008-05-07 22:48