タグ:ノスリ ( 6 ) タグの人気記事
震災前のギンムクドリ、ノスリ、タヒバリ
 震災から1ヵ月以上になり、久しぶりにブログを更新します。
 今年は年末に骨折してしばらく鳥見を中止し、2月に再開したら今度は東北地方太平洋沖地震がおこり、鳥見どころではなく気分的にも自粛しておりました。4月に入り交通機関もほぼ回復し、計画停電も中止されたことから鳥見と撮影を再開しました。いつまでも沈滞ムードではいけません。
 震災前に撮った今回のギンムクドリはすっかりブログに載せるタイミングを失っておりました。初めて見たギンムクドリはムクドリの中に1羽だけ混じっていました。コムクドリに似た感じでしたが赤い嘴が印象的でした。同日に撮ったノスリとタヒバリを載せてみます。

ギンムクドリ 初見初撮りです。
d0099854_15512925.jpg

d0099854_15531390.jpg
d0099854_15532743.jpg


ノスリ この場所には4羽いるそうですが1羽しか撮れませんでした。
d0099854_15545192.jpg

d0099854_1555381.jpg


タヒバリ 白鳥のいた田んぼにポツンと取り残されていました。
d0099854_15555613.jpg


 ギンムクドリは震災後もいばらく居つづけ何事もなかったかのようだったそうです。文明社会の人間と比較し野生の野鳥にたくましさを感じます。
[PR]
by harada5550 | 2011-04-23 15:51
農耕地のコチョウゲンボウ(他に昨シーズンのオオノスリ)
 コチョウゲンボウ狙いと冬の猛禽にも会いたくて関東の農耕地と広大な湿地帯に出かけました。例年、猛禽探しは12月に入ってから行ってましたが、今年はこのところなかなかいい鳥に出会えません。とにかく何かを撮りたくて、「少し早いかな」と思いましたが出かけてみました。今回は地元の方の案内もあり幸運にもコチョウゲンボウを撮ることができました。
 コチョウゲンボウはその綺麗な色と個体自体の希少さで撮ってみたい鳥でした。ところがたいへん警戒心が強く飛び方も低空を鋭く矢のように飛ぶので写真に撮るのは非常に難しい鳥だと思います。今回は電線止まりの空抜けですが、落ち着いてリラックスしていたようでじっくり観察できました。ただ距離的には40mぐらいあったと思います。

コチョウゲンボウオス チョウゲンボウよりかなり小型で尾は短めで眉斑がはっきりしています。、オスは翼背面が青灰色で明確に区別できます。このときはリラックスして片足で立っていました。
d0099854_19402567.jpg

少し警戒したのか、両足で止まると
d0099854_19414935.jpg

飛び出しました。
d0099854_19423839.jpgd0099854_19424863.jpg


背中と羽の上面が青灰色で、尾の先に太い黒帯という特長が確認できます。
d0099854_19432145.jpg

別の場所で小鳥と思われる獲物を食事中のメスにも出会えました。
d0099854_1949152.jpg

猛禽の狩をする農耕地には水路があります。そこにはクサシギがいました。
d0099854_1950083.jpg

猛禽類は電線どまりや飛んでいるモノは比較的撮る機会が多いのですが、地面に降りているモノはなかなか撮れません。
今回は、ノスリが地面に降りていたのを撮ることができました。
d0099854_19554157.jpg

そして飛び出しました。
d0099854_1956112.jpg


(番外)
地面にたたずむ冬の猛禽としてオオノスリを載せます。昨シーズンに撮ったものですが載せ忘れていたものです。
オオノスリはノスリに比べてかなり大型。ケアシノスリのように足のフショ全体が白色の羽毛におおわれています。
d0099854_21231264.jpg

飛び出しました。
d0099854_21235873.jpg

d0099854_21253725.jpg

同じ個体の別の日の飛び出しです。
d0099854_21261679.jpg


これから冬の猛禽のシーズンです。広大な冬の農耕地で狩をする姿や葦原のネグラに帰って来る姿が期待できます。今年は地面に止まっている猛禽たちを中心に撮りたいと思います。
[PR]
by harada5550 | 2010-11-14 19:43
冬の葦原にて(猛禽特集・一気に掲載)
 今日は風が強かったですね。車もカメラ機材も服も体も砂埃だらけになりながら河川敷で猛禽を狙いました。この冬、猛禽ねらいで撮影に行くのは何度目になるんでしょうか。結構足を運んでいるような気がします。
 今日の風は猛禽にとっても強過ぎたせいかホバをしているのか風に逆らっているのかわからないような状態でした。当然のごとく出はよくありません。今日は残念ながら不作でして、チュウヒとノスリのみ撮影できました。
 そんな訳で、今回はいままで撮りためていて未掲載の今年の猛禽たちを一気に掲載してみます。撮影日時等は省略させていただきます。


チュウヒ  さすが猛禽 鋭い顔してます。ハイチュウメスに似てますがある方のご指摘では大陸型では、とのことです。
d0099854_23102844.jpg

d0099854_23104937.jpg
d0099854_2311152.jpg
d0099854_231114100.jpg


こちら、ハイイロチュウヒオス 今年は多いみたいですね。
d0099854_2311364.jpg

d0099854_2313383.jpg
d0099854_23131751.jpg


チュウヒオス 顔や体が全体的に黒く大陸型かもしれないとのことです。(本日撮影)
d0099854_2313402.jpg


チュウヒ幼鳥 虹彩が黒いのが特徴です。
d0099854_23173649.jpg


チョウゲンボウ 光が辛いのですが綺麗な鳥です。
d0099854_23174658.jpg


オオタカ 都市公園で小鳥を撮影中、いきなり飛びました。
d0099854_23184213.jpg
d0099854_23185080.jpg


ノスリ 葦原の常連です。複数の個体がいてよく現れてくれました。(本日撮影)
d0099854_23213484.jpg
d0099854_23214220.jpg

d0099854_23214927.jpg
d0099854_23215744.jpg


今日は他の猛禽も狙っていたのですが、残念ながら撮れませんでした。
冬の葦原や農耕地の猛禽狙い。しばらく続きそうです。
[PR]
by harada5550 | 2009-02-08 23:28
夏の森林にて(未掲載写真から)-今日は鷹の渡りにふられました-
 今週は「信州に鷹の渡り」を見に行く予定にしていました。過去のデータを調べるとこの時期が一番いいと思われたからです。ただしあの台風さえ来なければ・・・。
 昨日は台風が残りそうでしたので、一日、買い物の日にしました。天気は予想以上に早く回復したので「行けたな」と思いましたが後の祭りです。昨日は907羽飛んだそうです。 やはりそのような情報を聞くと気が高ぶります。今日は天気が午後から崩れるとの予報でしたが、それまで(鷹が)飛ぶだろうとあまい気持ちで夜中の4時間ドライブを敢行。
 早朝に現地に着くと雷鳴と土砂降り。高速の途中からかなり降ってましたが、とりあえず現地までは行ってみました。天気はますます悪くなる方向でこれでは鷹は飛びません。帰りに道の駅で食べた信州そばが意外とおいしかったことだけが救いでした。高いそば代ですね。 
 ということで今週は一枚も写真が撮れませんでした。今週は先日、アカショウビンを撮った合間に撮ったアカゲラ、ゴジュウカラ、ノスリを載せさせて頂きます。

アカゲラオス このときは子育ての最中でひっきりなしに餌を運んでいました。
このアカゲラはアカショウビンのすぐ近くにいて、いいシーンが見られましたが撮られている方は少なかったですね。
d0099854_18182111.jpg
d0099854_18183538.jpg

アカゲラメス 巣の近くではないのですが餌をくわえています。
d0099854_1819358.jpg

d0099854_18195114.jpg

ゴジュウカラ アカショウビンの巣の同じ木で・・・・ 
d0099854_18233528.jpg

ノスリ 木の向こう側に「この森の主」のような風格でたたずんでいました。
今回はとまりモノではなく大空にはばたく鷹を載せたかったのですが・・・
d0099854_18252951.jpg
d0099854_18254080.jpg

鷹の渡りはいまが最盛期ですね。サシバとハチクマは終わりに近づいています。
今回は残念でした。遠征はリスクが大きいので今度は近場で狙っています。
[PR]
by harada5550 | 2008-09-21 18:47
ノスリ

 今週末も鳥の出がよくありません。今日は天気もよくありませんでした。
昨年のこの季節には、キレンジャクとか桜とカワセミとか、少し遠征してノビタキとか撮っていましたが、今年はパッタリですね。行くところに困ります。
 そんなわけで今回は我が家のすぐ近所で撮ったノスリを載せます。ここは海が近く、トビのねぐらになっているところで、夕暮れ時になると数多くのトビが飛んできます。そんな中、このノスリが一羽だけポツリとよく同じ枝にとまっています。ここのノスリは同じ個体かわわかりませんが、3年前から見かけています。以前、ハイタカもみかけましたが最近は見られません。

少し枝かぶりですが、勇猛な美しい顔が撮れました
d0099854_18215051.jpg

d0099854_1822752.jpg

飛びものは空抜けで厳しかったです
d0099854_18223483.jpg

夕暮れ時、目が真っ黒ですね

d0099854_18225134.jpg


 ノスリは割と撮りやすい猛禽かと思いますが、オオタカの獲物を奪ったり意外と勇敢です。今年は多くの方がケアシノスリを皆さん撮られていましたが、私はただのノスリしか撮っていません。いつかケアシを撮りたいですね。
[PR]
by harada5550 | 2008-04-13 18:28
タカ特集
 今週末は天気が悪く残念ながら野鳥撮影は行えませんでした。この時期はタカの渡りの季節。今週末は渡りポイントに行こうと楽しみにしていたのですが、この天気ではどうしようもありません。ブログ更新に困るのですが、かわりに最近のタカ類の在庫から未掲載の写真を集めてみました。渡りの主体となるハチクマの写真がありませんし、サシバもとまりモノしかありませんが・・・。「タカの渡り気分」だけでもいかがでしょうか。

チョウゲンボウ、真下からの正面
d0099854_2202347.jpg

チョウゲンボウ、右旋回での滑空
d0099854_223735.jpg

ハヤブサ、羽をすぼめて高速巡航
d0099854_2254399.jpg

ハヤブサ、巣立ちから数日のエサをねだる幼鳥
d0099854_2275081.jpg

ミサゴ、滑空
d0099854_2285723.jpg

ミサゴ、獲物のボラを捕らえて飛行
d0099854_2295429.jpg

サシバ、遠景の枝どまりをデジスコで
d0099854_22104713.jpg

ノスリ、獲物を見つけてホバリング
d0099854_22112253.jpg

ノスリ、青空をバックに滑空
d0099854_22114737.jpg

来週は再び、秋の三連休。天気がよければいいですね。
[PR]
by harada5550 | 2007-09-30 22:16