タグ:ハイイロヒレアシシギ ( 2 ) タグの人気記事
海鳥ウォッチング-1
 先週末にもう一度、イルカ観光船に乗って海鳥ウォッチングに行ってきました。前回は海が荒れて途中で引き返してきたことは書きましたが、今回は4時間ほど海鳥ウォッチングができました。ただ、今回もうねりがあって足に力をいれつづけていためかかなり疲れてしまいました。
 さて、肝心の海鳥ですが、まず、かなりの数のハイイロヒレアシシギがはいってきており、港の中や外洋や各所で見かけることができました。出港すると定番のウミウ、ヒメウ、ウミスズメ、ウトウが見かけられ、外洋に出ると多くのミズナギドリ類やトウゾクカモメが確認できました。クロアシアホウドリもいたそうですが、私は確認できませんでした。

ハイイロヒレアシシギ 昨年は夏羽でしたが今年はまだ、なりかけです。
d0099854_002030.jpg

この漁港には14羽がいました。また、他の各所で見られたので相当数が飛来していると思います。
d0099854_015977.jpg

洋上のハイイロヒレアシシギ かなり沖合いで船上から確認できました。
d0099854_032338.jpg

ウミウ 飛び出し
d0099854_093319.jpg

ウトウ 割と港の近くで見られます。
d0099854_01158.jpg

オオミズナギドリ 海に浮かんでいるのもいいですね。
d0099854_0143920.jpg

でも飛んでいるほうが・・・
d0099854_0154375.jpg

 
 他にもミズナギドリの仲間が数多く見られました。それは次回のブログで載せさせていただきます。
[PR]
by harada5550 | 2010-04-22 23:40
干潟にてハイイロヒレアシシギ
 昨日は荒れた天気で当然、鳥撮りはお休み。自宅でたまった画像の処理をしていました。天気予報では今日は天気が回復するとのことで、荒れた天気の後ですので、ひょっとしたら珍しい鳥が入っているかもしれないと期待して干潟を訪れました。
 夜明けすぎに到着、はやる気持を抑えながら機材のセッティング。海辺に出ると予想に反して先客は一人だけ、しかも顔見知りの方でした。珍しいのがいるというので双眼鏡で除いてみるとハマシギの中に少し大きく赤っぽいヒレアシシギがいました。まずはアカエリヒレアシシギかと思いましたが、目の周りが白いのでハイイロヒレアシシギでした。綺麗な夏羽のメスと思われます。図鑑によると「成長夏羽は非常に美しく、雄より雌のほうが羽色が鮮やか」だそうです。通常は旅鳥として沖合上を通過するそうですが沿岸に出現することもあるそうです。昨日の大雨で迷い込んだんでしょうか?

ハイイロヒレアシシギ 夏羽の綺麗な珍しいシギです。
d0099854_2153282.jpg

ハイイロヒレアシシギ ハマシギの中に1羽まぎれていました。
d0099854_21545849.jpg
d0099854_21553319.jpg
d0099854_2156617.jpg

波打ち際で時々、飛び上がります。
d0099854_21572024.jpg

アシにヒレがついているのでヒレアシシギだそうです。
d0099854_2158387.jpg

足にヒレがついています。
d0099854_21595040.jpg

時々、飛び立ちどこかへ行ってしまいます。
d0099854_2243120.jpg

さまざまなシギチの中で
d0099854_226354.jpg

キョウジョがこちらに飛んできます。ハマシギの中に1羽、ハイイロがいます。
d0099854_2284064.jpg


d0099854_22234542.jpg
 ここの干潟は春の渡りの最盛期を迎えようとしています。今回は夏羽になった多くの種類のシギチを撮る目的で行ったのですが、気がついてみるとハイイロヒレアシシギしか撮っていませんでした。シギチの勉強は次回に回すとして、今日は得した気分で干潟を後にしました。
[PR]
by harada5550 | 2009-04-26 22:25