タグ:ハシボソミズナギドリ ( 2 ) タグの人気記事
海鳥ウォッチング-3(オオトウゾクカモメ、ウミスズメ 他)
 観光船からの海鳥ウォッチング特集第3弾はオオトウゾクカモメです。トウゾクカモメは他の海鳥類を追い回して脅して餌を奪い取る盗賊行為を行うので文字通りの名前がついています。その中でオオトウゾクカモメは最も大きい種です。南極大陸沿岸部で繁殖し、非繁殖期は北太平洋、北大西洋まで渡り日本ではこれから7月までに見られるそうです。岸に近づくことは少ないそうです。他にウミスズメとシロエリオオハム、ハイイロミズナギドリを載せます。

オオトウゾクカモメ 初列風切羽に明瞭な白斑があるのが識別ポイントです。
d0099854_0531563.jpg
d0099854_053411.jpg

ウミスズメ こちらは比較的、岸に近いところにいます。
d0099854_23454811.jpg

よく、群れで飛んでいます。
d0099854_23463357.jpg

d0099854_2347773.jpg

シロエリオオハム 飛ぶと特徴が出ているのでわかります。
d0099854_2348866.jpg

推定シロエリオオハム 近くにいたのでそうだと思います。
d0099854_23492986.jpg

ハシボソミズナギドリ 羽の裏が白いのと「おでこ」が出ているのが識別ポイントです
d0099854_015592.jpg

d0099854_022420.jpg

d0099854_024673.jpg



★さて、本日は「城ヶ島沖の海鳥観察グループ」の城ヶ島長津呂崎からの海鳥観察会に参加させてもらいました。このグループでは2004年から海鳥カウント調査をおこなっています。普通は外洋航路などの船上からでないと見られない海鳥が陸上からじっくり見られます。ただ当然ですが船からのウォッチングに比べ距離があります。1キロメートル近く先の海鳥をプロミナーで探して見るというパターンです。したがって写真撮影は難しいためBIRDERに徹しました。
d0099854_0101018.jpg
 今日は、オオミズナギドリが絶えずに飛んで、その中をハシボソ、ハイイロ系(飛び方がちがうそうですが区別がつきません)ミズナギドリやウミスズメ、ウトウが飛んでいました。観察開始から20分ぐらいで「体の黒い嘴の白くて太いミズナギドリ系」がいるなと思ってプロミナーをのぞいていたらなんとアホウドリ幼鳥でした。この観察グループでも滅多に見られそうないです。カメラ撮影のときとちがってプロミナーで見ると鳥をじっくり見られるので特徴がつかめます。ただ、距離もそう遠くはなかったのでカメラでも撮れたかと思います。そう思うと心残りですが、まあ幸運でした。他にはトウゾクカモメが数回見られて特徴であるスプーン形状の尾羽も確認できました。機会があれば、また参加させていただきたいと思います。
※「城ヶ島沖の海鳥観察グループ」のHPは許可をいただき当ブログからリンクさせていただきました。
[PR]
by harada5550 | 2010-04-25 23:49
海鳥ウォッチング-2(ハイイロミズナギドリ ハシボソミズナギドリ)
 先日の海鳥ウォッチング-1の第2弾です。沖合いにはミズナギドリが数多く飛んでいましたが、オオミズナギドリはわかるのですが、黒っぽいハイイロミズナギドリとハシボソミズナギドリの判別は難しいです。今回掲載が遅れましたが、ベテランBIRDER氏に判定を依頼したものの、写真判定では難しいとのことで断定できないということで一部「推定」で掲載します。
 いずれの種もオーストラリア南東部の島嶼で繁殖し、非繁殖期に北太平洋に渡り、日本では4-6月に見られるそうです。

ハイイロミズナギドリ これは間違いないと思います。
d0099854_04613.jpg

以下ハイイロミズナギドリです。
d0099854_045843.jpg
d0099854_052255.jpg
d0099854_053289.jpg
d0099854_054960.jpg

d0099854_095667.jpg


ここから「推定」ハイイロミズナギドリです。
d0099854_084230.jpg
d0099854_091051.jpg
d0099854_093226.jpg


「推定」ハシボソミズナギドリ
d0099854_0105474.jpg
d0099854_0113313.jpg


 今回はコアホウドリ、クロアシアホウドリなどのアホウドリ類にも期待したのですが、少し早いかもしれません。次回はオオトウゾクカモメ他を載せます。
[PR]
by harada5550 | 2010-04-24 23:53