タグ:ヒメコウテンシ ( 2 ) タグの人気記事
 舳倉島にて (5)
  舳倉島にての最終回は桜にとまった赤色型のツツドリ、この時期おなじみのヒメコウテンシ、ミヤマホオジロ、コホオアカです。(撮影日:2013年5月2~4日)

  ツツドリ(Oriental Cuckoo)
  ツツドリの赤色型がなんと桜の木に止まっていました。野鳥カメラマンとしてはまたとないチャンスです。しばらく飛ぶ様子も無いので最初は遠くから撮り、徐々に近付いていきました。
d0099854_22424458.jpg


  ヒメコウテンシ(Greater Short-toed Lark)
ヒメコウテンシも舳倉島で割と見かける鳥です。この日はアトリやマヒワの中に1羽だけ混じっていました。4月に神奈川県でも目撃情報がありましたが、そのときは見られませんでしたので今回思いがけず出会えて運がよかったです。
d0099854_22525661.jpg
d0099854_22533673.jpg


  ミヤマホオジロ(Yellow-throated Bunting)
  ご存知ミヤマホオジロです。冬鳥の印象がありますが、ここではさえずりを聞くことができました。
d0099854_22453241.jpg


  コホオアカ(Little Bunting)
コホオアカは日本海の離島でよく見かける野鳥です。ただし関東では見たことがありません。舳倉島のこの場所には数年前からいつも出没してくれます。
d0099854_22475634.jpg


  2年ぶりの春の舳倉島は、チフチャクやカラアカハラ、ヒメコウテンシなどに出会えて楽しかったです。やっぱこの島は普通とは違います。
[PR]
by harada5550 | 2013-05-16 22:53
舳倉島にて ヒメコウテンシ、シマゴマ(舳倉島特集その1)
d0099854_22335072.jpg 昨年に引き続き今年のGWも舳倉島に行ってきました。
 昨年のカンムリオウチュウのような超Sクラスの野鳥には出会えませんでしたが、3日間で85種類を観察できました。今年の舳倉島はこの時期にしては冬鳥も多く、地球温暖化が進んでいる中で意外な感じがしました。 
 
 これから数回にわたり、舳倉島の鳥たちを載せて行こうと思います。第1回目は初撮りのヒメコウテンシと昨年に引き続き撮ることができたシマゴマです。
 ヒメコウテンシはヒバリ科でヒバリより小型で淡色です。舳倉島では毎年観察されるそうですが珍しい旅鳥だそうです。シマゴマは小型のツグミ科で地味なコマドリといったところです。さえずりも弱々しいコマドリみたいです。



ヒメコウテンシ(姫告天子) 初見初撮りです。タンポポが春らしいです。
d0099854_2242541.jpg

ヒメコウテンシ(姫告天子) スズメ目ヒバリ科です。
d0099854_22414335.jpg

数少ない旅鳥で、日本海島嶼での記録が多いそうです。
d0099854_22442731.jpg


シマゴマ(スズメ目ツグミ科) 今年も会うことができました!
d0099854_22502196.jpg

パッと見、コルリのメスに似ていますが、胸、上腹、脇にかけて鱗状斑があるのが特長です。また、尾は赤褐色です。
d0099854_22534389.jpg

昨年と違い、今年は水場に現れました。
d0099854_225442100.jpg

数少ない枝どまり
d0099854_2255222.jpg

最後は水に映ったシマゴマです。
d0099854_22564525.jpg


 このところ海辺めぐりばかりしていましたが、舳倉島では久々に山野の鳥が数多く見られました。特に夏鳥は一気に撮り貯めることができたという感じです。これから数回にわたって掲載いていきます。
[PR]
by harada5550 | 2009-05-05 23:00