タグ:ベニマシコ ( 8 ) タグの人気記事
北海道で出合った夏の野鳥たち
 蒸し暑い夏の日が続きます。そろそろ、シギチの本格的な渡りのシーズンですが今年は少なく出かける気がしません。8月も最後で北海道の野鳥特集もいつまでもやっているわけにもいかず、締めくくらなければなりません。
 今回の北海道旅行は現地にまるまる6日間でしたが、天気に恵まれず、時期的にも草原の鳥は少し遅かったものの、私にとっては満足いく旅になりました。サロベツ原野から宗谷岬を経てオホーツク海沿いの海岸線を南下するルートで、途中、大雪に寄り道しましたが最後は根室に到達しました。完全に天気にまわせてマイペースで回りましたが、毎年7月のこの時期の北海道は天候が安定するはずですが梅雨のような天気で雨具と長靴の出番が多くなりました。今回は、それぞれの写真でのコメント形式にまとめています。
(撮影日:11年7月10日~15日)

オオジシギ(Latham’s Snipe)
記念撮影みたいになりました。ここでは4羽があの独特なディスプレイフライトを繰り広げていました。
d0099854_2156066.jpg


アカエリカイツブリ(Red-necked Grebe)
この時期は木道のすぐ脇で抱卵していました。抱卵の交代時には毛を逆立て、鳴きあい、独特な儀式が行われます。
d0099854_2255085.jpg
d0099854_226035.jpg


オオタカ(Northen Goshawk)
アカエリカイツブリの営巣していた場所の近くを飛んでいました。急降下して小鳥を襲っていましたが失敗していました。アカエリカイツブリの雛が無事であることを願います。
d0099854_223941.jpg


ホオアカ(Chestnut-eared Bunting)
エゾカンゾウをバックにはるか遠くでさえずっていました。
d0099854_225156.jpg


ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)
シオマオジを待っていたら、いきなり飛んできた夏羽のベニマシコは鮮やかな赤い鳥でした。いままで冬羽はお目にかかっていますが、今回は濃い赤が印象的でした。
d0099854_2294130.jpg


チュウヒ(Eastern Marish Harrier)
関東では冬鳥のチュウヒも北海道では夏鳥です。エゾカンゾウの上を堂々と飛び獲物を狙っていました。
d0099854_22125325.jpg


コヨシキリ(Black-browed Reed Warber)
ご存知!草原のジャズシンガー 賑やかに元気に歌っていました。

バン(Common Moothen)
早朝の沼で、水草の上を走ってました。
d0099854_22164297.jpg


カワラヒワ幼鳥(Orienntal Greenfinch)
幼鳥のカワラヒワが雨の中、親が運んでくる餌を待っていました。きつい顔のカワラヒワも幼鳥はマイルドです。
d0099854_221922100.jpg


ヒバリ(Eurasian Skylark)
晴れた日にヒバリは騒々しいぐらいに飛びながらさえずります。いろいろなところで見かけました。早朝の木道では餌をくわえていました。
d0099854_22223769.jpg


オジロワシ(White-tailed Eagle)
通年を通して見られますが、今回はあまり出会えませんでした。冬に期待したいです。
d0099854_22242598.jpg


タンチョウ(Red-crowned Crane)
北海道の代表的な野鳥、タンチョウです。今回の目的ではありませんでしたが、やはり撮っておかないわけにはいきません。運転中、道路脇で見かけてあわてて車を止めて撮りました。
d0099854_22271837.jpg

こちらのペアは、海岸沿いの湿地の奥深くまで探して撮りました。
d0099854_2228274.jpg


 夏の北海道でもまだまだ出会えていない鳥がたくさんいます。森林性のクマゲラ、ヤマゲラなどキツツキ類や鳥ではありませんがナキウサギです。今回、これらも撮りたかったのですが、それは無理というものです。魅力的な野鳥の楽園「北海道」ですが今度は冬に訪ねてみたいです。
[PR]
by harada5550 | 2011-08-30 21:46
冬の青い鳥と赤い鳥
 今週末日曜はカラっと晴れ渡り、湘南地方では雪をかぶった富士山が間近に眺められました。午前中は海岸線をジョギングし、午後からは用事があったため今日は鳥撮りはできません。昨日は天気がもつだろうと午後からアリスイの公園に行ってみたら本降りになってしまい、アリスイどころかモズやアカハラも撮れませんでした。「今年は冬は野鳥の数が少ないですね。ヤマシギは先週はいったのに今日はダメ。めずらしいのもこのところ見られないし」などと会話をしながら過ごすもシャッターを一回も押さずに撤収。
 最近の掲載するものがなくなりましたので、前回ルリメスを掲載しましたから、まだ掲載していない過去のルリオスを載せさせて頂きます。撮った時期は2月ですが、青色のしっかりした綺麗なルリオスでした。同じ日に撮りましたベニマシコを一緒に載せてみます。

ルリビタキ 西日を体全体に浴びて
d0099854_1945564.jpg

ルリビタキ 岩の上で
d0099854_19454346.jpg

ルリビタキ お気に入りのお立ち台から振り返り
d0099854_19472353.jpg

ルリビタキ 青の綺麗な個体でした。
d0099854_195337100.jpg

ベニマシコ フワフワのセイタカの上で
d0099854_1956177.jpg

ベニマシコ この木は何の木でしょうか?
d0099854_2003040.jpg

ベニマシコ 偶然撮れた飛び出し
d0099854_1959565.jpg


 このごろ、鳥見の傾向が変わってきまして水鳥や珍鳥狙い、飛びモノ狙いになってきました。鳥を見始めたころにカワセミやルリビタキオスに感動していました。「そー言えば、最近撮ってないな~。」なんて思って過去の写真を探してみると、改めてその美しい青さにハッとさせられます。身近にこんな綺麗な鳥がいるのを知ったときの感動を思い出しました。
 
[PR]
by harada5550 | 2009-12-06 13:15
雪の農耕地にて(その1)ベニマシコ
 このところ遠出が続いてしまっています。今週末も年末証拠写真の「フクロウ」と「雪と小鳥の組み合わせ」を目的に高原の農耕地に出かけました。「雪と赤い小鳥」の組み合わせでは、運よければオオマシコを、だめでもベニマシコかハギマシコを期待して現地に向いました。
 現地には夜明け過ぎに到着。まずはフクロウ探しから開始です。年末に訪れていたポイントなのでおおよその場所はわかっていましたので、ポイントに直行です。このところ目撃情報を聞いていたので期待しながら行くと、今回は運良くフクロウが枝に止まっていました。条件は悪いものの何とか撮影成功です。 (フクロウは後日掲載します)

d0099854_1942288.jpg
 さて、続いての目的、「雪と小鳥」の撮影に向います.フクロウポイントの近所にてすぐに赤い鳥を発見。。最初はもしやオオマシコでは!?と、期待したのですがベニマシコでした。ベニマシコは、雪の中では初めてです。車の中から距離も遠く逆光気味ながらも撮ることができました


d0099854_1964834.jpg
d0099854_197163.jpg

d0099854_19224688.jpg


ここまでは順調でしたが、ここからがついていません。
あらかじめ調べておいたオオマシコポイントに向いましたが、出てくる気配はなし。仕方が無いので、今度はハギマシコポイントに向いますが、現地の方に聞くと「このところ1日に2,3回くるかどうか」とのこと。ほぼ確実に撮れると思っていましたので残念です。ここでも数時間ねばりましたが、振られました。

d0099854_19154650.jpg
ふたたび、夕方になりフクロウ撮影の時間ですが、場所を変えてマシコ類を探しているとやっと、メスのベニマシコがいました。ただしすでに日は傾いており暗い中での撮影です。


オスメス2羽が雪の中の数少ない草の芽(実?)を食べていました。
d0099854_19183134.jpg


d0099854_1928117.jpg
この後、陽が暮れる前に再びフクロウポイントに向いましたが、出てくれませんでした。というより私たちは見られませんでした。途中でお会いした方が「そこで出たけど、すぐに入ってしまった」と言われていたのでやはり出てはいますね。
 今年は何回かまた、足を運ぶことになりそうです。
 
[PR]
by harada5550 | 2009-01-18 19:39
冬の林道にてベニマシコ
 今日は年末とは思えないほど暖かで、体の調子がくるってしまいますね。それでも明け方、丹沢山間部の林道は凍結。油断するとすべるほどでした。このところ遠くへ出かけることが多く久しぶりに県内での鳥見となりました。先日、空振りに終わったベニマシコ撮影の再チャレンジが目的です。
 現地に到着すると駐車場には一台も車が止まっていません。「最近、ダメなのかな!?」と少し残念。ただ、ヒッヒ、カッカのヒタキ類の地鳴きは聞こえます。林道を歩き始めてもあまり鳥の気配がしません。BIRDERやカメラマンの姿も見えません。やっぱりダメかと思いきや林道のカーブを曲がったところでベニマシコのペアを発見。幸先良く歩き始めて10分。ますはゲットです。ただし、色の薄いオスなのか、色の赤いメスなのか不明の中途半端な個体でした。
 その後、ルリビメスやジョウビオス、カヤクグリ、ホオジロ、アオジ、ガビチョウを見て、途中のカメラマンの「今、ミヤマホウジロの群れが通った」との情報で期待が膨らみ林道の奥へ。さらにアトリ、マヒワ、カワラヒワが見られ、そろそろベニはと思っているとカメラマンが3人いて、何かを撮影していました。

ベニマシコ オスメス仲のいいペアでした。
d0099854_2003130.jpg

このペアは片方が移動すると必ず、もう一方が後を追います。
d0099854_200514.jpg

ベニマシコ(紅猿子)というだけあって、猿に良く似てます。
d0099854_2015893.jpg

いままであまり、猿を連想しませんでしたが、渋い顔をしたとき猿に似てますね。
d0099854_2022220.jpg

やっぱり、背景がうるさいところに行ってしまいました。
d0099854_2023665.jpg

メスは、オスの猿っぽさがなくおだやかな表情をしています。
d0099854_203253.jpg

入り口付近で最初に撮ったベニマシコ。色の薄いオスか、色の濃いメスかわかりません!?
d0099854_2031373.jpg

この日は、マヒワの群れもいましたが、一羽しか撮れませんでした。
d0099854_2032735.jpg

篭脱けとはいえソウシチョウの鮮やかな黄色。寒々としたヤブの中で輝いていました。
d0099854_2034947.jpg


d0099854_205212.jpg
 目的のベニマシコを撮り終わり、かつてミヤマホウジロを撮った場所まで行きましたが、まったく気配がありません。仕方ないのでここで引き返しました。
 林道の帰り道。「鹿が泳いでいる」との声が。湖に目をやると立派なオス鹿が向こう岸からこちらに向って泳いできます。鹿が泳ぐのはテレビで見ましたが、実際にみるのはもちろん初めてです。
 この後、さらなる驚きが!! この後、林道を歩いていると前からあの鹿が走ってきます。穏やかな性格とはいえ立派な角で大きな体。向ってくるかと思い緊張しました。鹿は林道脇の崖にも上れず湖側のフェンスも越えられず、右往左往。行き場所がなくなり再度フェンス越えにチャレンジ。見事にクリアしてくれてこちらも一安心でした。その間、5秒ぐらい。もちろんシャッターなんて押せませんでした。
 最後におまけがつきましたが、丹沢の自然を満喫できた一日でした。
[PR]
by harada5550 | 2008-12-21 20:34
高原の泉にてルリビタキ
d0099854_21462933.jpg
 雨上がりの土曜日。快晴の天気に恵まれ、久々に高原の泉を訪ねてみました。この日の目的はルリビタキとベニマシコです。冬鳥のなかでも憧れの青い鳥と赤い鳥の両方を一日で撮ってしまおうと欲張りな計画と立てました。今年の夏は高山のルリビタキを撮っていません。久しぶりの出会いに期待です。
 今は冬至間近の昼間の短い季節。夜明けも6時半ごろのため、朝はゆっくり出発。泉には8時頃到着です。数名の先客の中にカメラを並べさせていただきました。
 夜明けから来ている方に聞くとこの日は鳥の出があまり出がよくないとのこと。ルリビタキも「カッカッ!」と地鳴きしているのですが、目の前には出てきません。カラ類はひっきりなしに現れるのですが、ルリビタキは近くまで来て、素通りです。
 そんな中、9時半になってやっと姿を見せてくれました。何度も撮っている鳥ですが、久々の出会いにやっぱり感激です。


ルリビタキオス 背景が抜けたいい枝に止まってくれました。
d0099854_21474833.jpg

自然のお立ち台の上で
d0099854_21504313.jpg

山の泉にて飛び出し直前。(飛び出しはSSが上がらず、ブレていて掲載不可能です(笑))
d0099854_21522864.jpg

さあ、これから水浴びです。
d0099854_21531482.jpg

ここでルリビタキが水浴びするのは始めて見ました。
d0099854_21555277.jpg


さて、まずはルリビタキゲットです。
 最初の目的は達成したため早めに次のベニマシコポイントへ移動です。ただし、ここからがよくありませんでした。ベニマシコポイントのアシ原にはカワラヒワ、ホオジロはいるのですが肝心のベニマシコの気配がありません。しばらく待ちましたが、仕方が無いので、以前撮影したことがあるポイントにもいきましたが、カワラヒワのみです。ベニマシコが目的のためカワラヒワは撮りませんでした。今思えば撮っておけばよかったと思います。

ホオジロ、アシ原の代表ですが、今回は目的ではありません。
d0099854_2215447.jpg


結局、この日は最後まで目撃すらできませんでした。
仕方が無いので先週、別の場所で撮ったブログ未公開のベニマシコを載せます。
d0099854_224459.jpg


 今回は目的が達成できずに残念でした。最近、割と「鳥運」が恵まれていたので、まあこんな日もあるでしょう。まあ、ルリビタキに久しぶりに出会えたので「良し」としますか・・・。
[PR]
by harada5550 | 2008-12-07 22:11
ベニマシコ(今年もよろしくお願い致しします)
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致しします。遅くなりましたがご挨拶申し上げます。
 さて、新年最初はベニマシコを載せます。今年は昨年は数多く見られたウソ、カケス、ベニマシコがまったく見られません。そもそも昨年が野鳥観察にとって「豊作」であって、今冬が普通なのかもしれません。
 今年はベニマシコを撮りに何回か出かけしたが、昨年確認できたところに行ってもまったく出会えません。昨夏は暑い夏らしい夏でしたので山には鳥の餌となる実が豊富だそうです。まだまだ身近な場所には来ないのですね。
 今回、出かけた場所も最初は全くベニマシコの気配がしません。いるのはジョウビタキだけ。条件的には風もなく天気も晴れてきて気温も温かくベニマシコが出てきそうな雰囲気でした。地元の方とも一緒に待ったのですが、「こりゃダメですね」と帰られてしまって心細くなりましたが、しばらく粘っていました。するとなにやら飛んできました。カワラヒワかなと思いましたが、シャッター押せず。ベニかもしれません。続いてまた何かが近くに飛んできました。羽の白いところが見えましたのでジョウビかと思ったら一緒にいたKさんがとった写真は逆光の中のベニでした。これは!と期待していたらその後何度か出てきてくれました。
 今回ごいっしょしたKさんとYさん、最初に場所がわからず迷ってすいません。そして、いつもお世話になるTさん、今回もありがとうございました。感謝申し上げます。

セイタカの上で
d0099854_2151598.jpg

枝どまり 私はあまり見たことがありませんでした
d0099854_2155891.jpg

木のテッペンにも止まりました
d0099854_2156266.jpg

遠くてボケてますがオスメスともに確認できました
d0099854_21565176.jpg

紅猿子(ベニマシコ)とはよく言ったものですね

d0099854_21595634.jpg


年末年始は風邪を引き、ほたとんど家にいました。パソコンの画像編集ソフトをnikon capture NXに変えたのですがこれがクセモノ! なんとそれをきっかけにexcite blogにjpg画像がアップロードできなくなりました。一時はloginするとjpg画像すら表示されなくなりました。何回トライしても同現象。仕方がないのでシステム初期状態にリカバリー後再度ソフトをインストール。一日かけて復旧させましたが現象は変わらず。ちなみに他の掲示板にはアップロードできます。excite blogだけができません。今回の投稿はウチにある他のパソコンにデータを移して行っています。Nikon caputure NXで同じ現象ありませんか?
それにしてもNikon caputure NXは重いですね。2GBメモリのパソコンでも軽快に動作しません。
Nikonさん、caputure NXは他の人にも評判よくないようですよ。
[PR]
by harada5550 | 2008-01-06 22:20
セイタカとベニマシコ
今日は風が強くて
セイタカアワダチソウの上のベニマシコはむづかしいかな
と期待しないで行きました。
やはり風で揺れて厳しい条件で
なかなかのりません。
またのればのるでゆらゆら揺れるし、
あきらめていたのですが
なんとか撮れました。

d0099854_18562782.jpg


こちらはヤナギ
d0099854_18565011.jpg
d0099854_18571246.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-02-24 21:49
ベニマシコ
カメラマンが数人ベニマシコを撮っていましたが、
飛んでしまったらしい雰囲気。
あきらめて去ろうとしたとき、目の前に飛んできました。
少し枝でかぶっていますが
きれいな赤い個体が撮れました。
「猿子」とはそのものすばりですね。
d0099854_057284.jpg
d0099854_0574048.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-02-18 12:53