タグ:マガン ( 1 ) タグの人気記事
 伊豆沼にてマガン、シジュウカラガン
d0099854_18203986.jpg めっきり寒くなってきました。季節は秋を通り越して一気に冬の様相です。ガン・カモ類も続々と渡ってきました。
 ガンの飛来地で有名な伊豆沼では毎年5万羽ほどのマガンがシベリアから渡って来ます。夏にシベリアですごし、子育てを行い9月ごろから北海道の宮島沼、ウトナイ湖に立ち寄りこの伊豆沼にやってくるそうです。伊豆沼のマガンは夜明けとともにねぐらである沼から飛び立ち、日中は沼周辺の田圃で落穂をついばみます。前々からその夜明けの飛び立ちが見たいと思っていたのですが、今回出かけてきました。前日の10時ごろに自宅を出発したのですが、思いのほか遠く、現地についたのは夜明け前6時ぎりぎりになってしまいました。伊豆沼ではすでにマガンたちが鳴き出し一部はすでに飛び初めていました、逸る気持ちを抑えながらカメラを準備し撮影ポイントへ向かいました。
(撮影日:2012年11月3日)



 マガン(White-Fronted Goose) 

 日本では伊豆沼のほか、片野鴨池、琵琶湖、宍道湖に渡って来ますが、8割は伊豆沼だそうです。マガンの生息域はシベリアから北ヨーロッパ、アラスカ、グリーンランドに渡り、それぞれ冬になると南に渡ります。




 日の出直前。マガンがシルエットになります。
d0099854_18532558.jpg


 太陽が昇ってきました。
d0099854_18542311.jpg
d0099854_18543499.jpg


 マガンが沼から飛び立ちます。

d0099854_18555972.jpg
d0099854_18563620.jpg

d0099854_18575258.jpg

d0099854_18595285.jpg


 餌場の田圃に着地します。
d0099854_1981580.jpg


 嘴基部の白い部分が小さいのは若鳥です。マガンの中でもカリガネのように細い黄色のアイリングがあるものもいますので注意が必要です。
d0099854_1985217.jpg


 シジュウカラガン(Cackling Goose)

 シジュウカラガンを探すのも今回の目的でした。運よく4羽のシジュウカラガンを確認できました。かつて多くのシジュウカラガンが日本に渡ってきましたが、一時は絶滅の危機を迎えましたが近年のロシアの保護活動により回復してきました。それらが伊豆沼に渡って来ます。
一部の図鑑で英名:Canada Gooseになっていましたが、富士五湖に籠脱けとして棲息するカナダガンと区別するため、学名:Branta hutchinsiiであるCackling Gooseとしました。近年までカナダガンの11亜種のひとつとされてきたそうですが、11亜種のうちシジュウカラガンを含む小型グループの4亜種がが別種に分類されたそうです。

d0099854_19271868.jpg
d0099854_19265849.jpg


 今回の伊豆沼行きは雪が降る前に日帰りという強行軍でした。その他ヒシクイやオオハクチョウを見ることができました。珍しいカリガネやサガツラガンは探せませんでしたが無理してでも行った価値のあるすばらしい場所でした。
[PR]
by harada5550 | 2012-11-23 18:12