タグ:マヒワ ( 4 ) タグの人気記事
最近撮った野鳥
 今年は怪我をしたり震災があったりで、気がついてみたらあっという間にGWに突入していたという感じです。以前は週一回のペースで更新していましたが、このところ更新間隔が伸びています。以前は義務感のようなものがあり「何が何でも更新しなくては!」などと思っていましたがそのような緊張感もなくなり、逆に自分の本当に撮りたいものだけを撮るようになってきました。
 さて、最近気になることがあります。神奈川県内で以前見られた野鳥が軒並みいなくなっています。私の好きな場所でサシバとオオタカ、ツミ、それとシギチの各ポイントがなくなっています。それぞれ理由があるみたいです。たとえば今まで有機栽培であった田畑が農薬をまくようになったり、植栽を伐採しすぎたり、特に残念なのはカメラマンが営巣場所の真下にまで近づいて放棄してしまったり、いろいろな理由があります。そのため県外で出かけることが多くなりました。最近撮った野鳥はすべて県外です。本当はもっと地元志向になりたいのですが・・・・

サシバ 千葉県です。県内の近くのポイントは昨年からなくなりました。
d0099854_22385428.jpg

d0099854_22392983.jpg


ツバメ さすがにこの鳥は神奈川にもいます
d0099854_2240374.jpg


ムナグロ この鳥の県内のあるポイントが開発でなくなりました。
d0099854_22411353.jpg
d0099854_22412632.jpg


マヒワ 訪れたときは葉桜でした。満開のときはきれいだったと思います。
d0099854_22435410.jpg
d0099854_2244585.jpg
d0099854_22441675.jpg


マヒワ 桜以外。地面に落ちた何かの種子を食べていました。
d0099854_22452888.jpg
d0099854_22454023.jpg


 県内でもまだまだ探せばいいところがあると思います。我が家でも夜になるとフクロウの声が聞こえますし、もうすぐホトトギスも鳴き始めます。近所の緑地でハイタカを見かけたこともります。県内の野鳥たちが安心できるようなポイントがもっと増えていくことを願います。
 
[PR]
by harada5550 | 2011-04-30 22:28
秋の舳倉島にて-3 (マヒワ、アカモズ、コサメ、アトリ)
 今回、私の行った時期には多くのマヒワがいました。海の上を渡ってくるため空腹なのか、種類はわからないのですが草の実に群がっていました。近づいても食べるのに必死で逃げようとしません。ここでは鳥たちの過酷な渡りの本当の姿を垣間見ることができます。こちらもできるだけ邪魔をしないようにしていますが、静かにしていると鳥のほうから近づいてきます。というよりは人など気にしている余裕がないのかもしれません。今回は他に、アカモズ幼鳥、アトリ、コサメビタキを載せます。

マヒワ ノートリです。500F4に1.4テレコンを着けていましたが、こんなに近くで撮れたことはありません。
d0099854_0245556.jpg

同じ場所の別の個体です。
d0099854_0265584.jpg

草に群がるマヒワの群れ
d0099854_028277.jpg

チャキンチョウspのヨコを飛ぶマヒワ
d0099854_02922.jpg

アカモズ幼鳥 雨の中、獲物をねらっていました。
d0099854_0303093.jpg

d0099854_0305562.jpg

アトリ 島にはアトリの群れも多かったです。
d0099854_0314882.jpg

アトリも間近に飛んできました。
d0099854_033218.jpg

コサメビタキ 早朝の海岸の岩の上で。 渡ってきたばかりかもしれません。
d0099854_034445.jpg


 舳倉島に行くと毎回、このような鳥たちの力強さを感じます。春に、道にたたずんで飛ぼうとしないオオルリやキビタキを見たときに、思わず応援したくなったことを思い出しました。
[PR]
by harada5550 | 2010-10-24 00:33
キマユホオジロ コホオアカ キマユムシクイ マヒワ カワラヒワ オオジシギ 一挙に掲載
 5月はじめから続けていた舳倉島特集も今回で最終回です。
いままで未掲載の鳥を一気に掲載しようと思います。キマユホオジロ、コホオアカ、キマユムシクイは初撮りです。いずれも撮影したときは普通種かと思いましたが、後で写真を見てビックリ。どれも貴重種でした。
また、マヒワは群れを、カワラヒワは飛びだしを、オオジシギは証拠写真ですが掲載します。


キマユホウジロメス
この鳥も最初はただのホオジロかなんかかと思いました。が、マユが黄色いではないですか。これは貴重だと思ってシャッター押しました。オスの目撃情報もあったのですが今回はメスしか撮れませんでした。オスは冠羽のないミヤマホオジロみたいらしいです。
d0099854_0175223.jpg
d0099854_0181187.jpg


コホオアカ
この鳥はカワラヒワに混じっていましたが、ただのホオアカかと思ってあまり撮りませんでした。後で写真をみるとビックリ、普通のホオアカと違い頭全体が赤い感じのコホオアカじゃないですか。「数少ない冬鳥」だそうでして、もっとまともに撮っておけばよかったと後悔しています。
d0099854_0223746.jpg


キマユムシクイ
カンムリオウチュウを撮っているときウグイスかなと思ってシャッターを切りました。逆光の中でわからなかったのですが、これも後で調べてみたらマユが黄色いキマユムシクイでした。証拠写真ですが、これも貴重な鳥だそうです。
d0099854_0305068.jpg


マヒワ
マヒワもカワラヒワと混じっていました。ただしこれは群れでいました。オスメス綺麗な個体が多く、本来は冬鳥ですが今回は数多く録れました。
d0099854_0342971.jpg
d0099854_0343712.jpg


カワラヒワ
いつもよく見かけるカワラヒワも、羽を広げると綺麗な鳥です。舳倉島のカワラヒワは飛び出しを掲載します。
d0099854_037646.jpg

d0099854_0371860.jpg


オオジシギ
最後はオオジシギです。島を離れるために船に乗る前にカメラを片付けていたらいきなり出てきました。あわててカメラを出して撮りましたが証拠写真です。
d0099854_0393255.jpg


舳倉島を後にして
d0099854_0465487.jpg

初めての舳倉島はまさにBIRDERやカメラマンのメッカでした。
2泊3日の短い間でしたが今回の野鳥撮影は私にとって、大変魅力のあるものとなりました。
珍しい旅鳥も多く、数多くの鳥を初撮りすることができたものの、私の知識不足でチャンスを逃したケースも多く、次回はもう少しマトモに撮れればと思います。是非、近いうちにまた訪れたいですね。
[PR]
by harada5550 | 2008-05-29 00:58
水場にニマワ
黄色いトリも水場に来てました。

d0099854_1237509.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-01-07 11:20