タグ:マミチャジナイ ( 3 ) タグの人気記事
天売島にて海鳥と春の渡り-6 (+近況:サンコウチョウ 他)
 天売島に行ってからもう少しで1ヶ月がたとうとしています。この天売島特集も、(週中のブログ更新は仕事の疲れで行っていませんので)このペースでやっていくと7月までかかってしまいます。季節感がなくなってしまいますので、近況の鳥見等も混ぜて載せて行こうと思います。

 今回の天売島特集はツグミ類です。といっても超レアなものはいませんでした。トラツグミ、マミチャジナイ、クロツグミ、ノビタキです。他にタダツグミとルリビタキもいたのですが、感覚が麻痺でして「あまりに普通に感じて」撮らずにいました。今思えば、取り合えず撮っておくべきでした。関東ではトラツグミもマミチャジナイも、秋から冬の渡りの鳥という印象があります。先日のムギマキやエゾビタキ、コサメビタキのように春の渡りではあまり予想していませんでした。そのほか、天売島でよく見かけたコムクドリの載せます。

トラツグミ 早朝の森の中、なにかが枝に止まりました。枝かぶりの被写体にカメラをむけるとトラツグミがいました。
d0099854_20295631.jpg

マミチャジナイ これも早朝の森です。すぐ近くの枝にマミチャジナイ雌がたたずんでいました。低い位置の目線と同じ高さにいました。
d0099854_20331957.jpg

マミチャジナイ 昼過ぎに朝方のマミチャポイントを訪れると今度は地面に降りてました。どうやらここはお気に入りのようです。
d0099854_2035713.jpg

クロツグミ遠景 これも早朝の鳥見で。きれいなさえずりが聞こえるため「いるな!」と思いましたが、はるか遠くの枝にいました。
d0099854_20365313.jpg

ノビタキ飛び出し 北海道では普通に見られるノビタキ これもツグミ科です。
d0099854_20375227.jpg
 
コムクドリ あの「ジュルルッ」という鳴き声はムクドリそのものですが、ここではコムクドリでした。
d0099854_20395638.jpg

コムクドリ 陽のあたった新芽の枝に止まります。
d0099854_20404896.jpg

これから天売島特集はペースアップしていこうと思います。

さてここから、今週末の写真を二枚

サンコウチョウ 今年は数が激減か!?というくらいに少ないです。
d0099854_21321543.jpg 何とか今週末は天気がもちました。入梅前の貴重な晴れ間かもしれません。週末はこの季節ならではのサンコウチョウを見に行きました。


この時期、鎌倉はアジサイで埋まります。6月は4月の桜の時期と並んで観光客が多いそうです。
d0099854_21152736.jpg

 さて、サンコウチョウですが、今年は例年のようにさえずりがほとんど聞こえませんでした。鳴いても雌の短いさえずりぐらい。例年の営巣場所も確認できませんでした。個体数自体が少ないと思われますが、この少なさは心配ですね。少ないチャンスでしたが何とか撮ることができました。(尻尾がきれていますが・・・)
[PR]
by harada5550 | 2010-06-13 20:30
低山の森にてマミチャジナイ
d0099854_22254732.jpg 三連休は初日は少しぐずつきましたが、後半2日は秋晴れのとても爽やかな日でしたね。この連休は北アルプスの西穂高岳登山と近所の低山で鳥見、最終日は休日出勤と趣味と仕事を両方こなした休みになりました。
 鳥見ですが、秋の渡りの鳥がいるのではないかと思い、昨年もエゾビタキやコサメビタキを撮った県内の低山に出かけました。この日は午前中の出勤のため午後3時過ぎから日没までの短期決戦となりました。現地に到着して、「おそらくここだろう」と思って探していると、地元のBIRDERの方が、「今年は昨年より少し下の場所がいい」というので、双眼鏡だけもってついて行きました。キビタキ、エゾ、コサメなどのヒタキ類がさかんに飛び回っていました。マミチャもいるとのことなのでさらに期待して探していると、何かが枝の中で動きました。



マミチャジナイ メスか一年目の若鳥と思われます。枝が被った中でマニュアルでピントを合わせました。
d0099854_22313845.jpg

マミチャジナイ 西日が当たりはじめた午後遅くなって写真が撮れました。
d0099854_2232339.jpg

マミチャジナイ 前枝被りですが飛び出しです。
d0099854_2237450.jpg

マミチャジナイ いいところにとまってくれました。 ここから3枚同じ枝の写真ですが、枝被りも無くスッキリ撮れました。
d0099854_22433055.jpg
d0099854_22435972.jpg

d0099854_22553627.jpg

 マミチャジナイは旅鳥として日本にやってきますが、ちょうど今頃の10月上旬が一番多いそうです。オスと比較しメスは全体的に色が薄いとのことです。春の舳倉島でも見られて喜びましたが、秋に県内でマミチャジナイが見られるとは思いませんでした。


 さて三連休を利用しまたもや山に登ってきました。夏以来3回目になります。今回は北アルプスの西穂高岳です。
飛騨側の樹林帯(標高2150m付近)から見た槍ヶ岳です。朝は天気が澄み切っています。
d0099854_2363477.jpg

西穂山荘から稜線へ出て西穂高岳に向います。
d0099854_238640.jpg

稜線上からは遠くに乗鞍岳、近くに焼岳、遥か下には上高地大正池が見えます。
d0099854_2310142.jpg


d0099854_2311059.jpg 今年の無雪期の山のシーズンもそろそろ終盤です。この時期は麓は紅葉の時期ですが、尾根上の稜線ではすでに雪が降ったみたいです。この日も朝は冷え込んで霜が降りていました。
[PR]
by harada5550 | 2009-10-12 22:32
舳倉島の鳥たち(最終回)
 今日は気温があがって暑かったものの絶好の鳥撮り日和でしたね。こんな日はSSも上がって飛びモノもピタッと羽の停まったすばらしい写真が撮れますね。 ところが今週は鳥撮りお休みでした。なんと米軍横田基地の駅伝大会に出なくてはいけなかったのです。朝起きると昨日とは打って変ったようなすばらしい青空が広がる中、私は横田基地へと電車で向かいました。
 ということで今週は掲載できずにいた「舳倉島の野鳥」を載せるいい機会となりました。すでに1カ月以上前の時期を逸した写真ですが、最終回で一気に掲載します。まあそうすぐに行ける所ではないのでお許しを!

マミチャジナイオス 3年前の秋が瀬以来、久しぶりに撮りました。
d0099854_19373941.jpg

こちらマミチャのメス オスの近くにいました。
d0099854_193901.jpg

サンショウクイメス いつもは枝の高いところにいますが、今回は真横から撮れました。
d0099854_19401775.jpg

ヒレンジャク 今年の春は多かったみたいですね。私は撮っていなかったのでここで撮れてほっとしました。
d0099854_19414079.jpg

クロツグミメス 逆光の中で輪郭が光った写真になりました。
d0099854_19425253.jpg

オオジュリン 一時はシベリアジュリンか!?と思いましたが、オオジュリンだそうです。
d0099854_19442334.jpg

コムクドリ 私は今回コムクドリを初めて撮りました。なぜか縁のなかった鳥なので嬉しかったですね。
d0099854_19453052.jpg

アマサギ 今頃は田圃で耕運機の後を追いかけていますが、屋根の上にいるのは珍しいですね。
d0099854_1947578.jpg

ホウロクシギ 夜が明けてすぐの写真です。今年はホウロクシギに縁があります。
d0099854_1948858.jpg

タカブシギ コキアシではないよな~。
d0099854_19501699.jpg

ノジコ 普段は山にいるのにここでは海沿いの岩場にいました。
d0099854_1951137.jpg

コホオアカとカシラダカ この二羽も岩場です。コホオアカは昨年、撮り逃したので今年は撮れてよかったです。
d0099854_19525036.jpg

エゾムシクイ 渡りの疲れでヘトヘトになった個体もいましたが、これは元気でした。
d0099854_19534889.jpg

タイワンハクセキレイ ハクセキレイの亜種ですが、海岸沿いで見つけました。
d0099854_19561793.jpg


 さてさて、鳥撮りを休んで行った横田基地。冬はコミミやチョウゲンボウが見られるそうです。今日は第25回の駅伝大会で基地が開放されました。参加者も4千人はいただんじゃないでしょうか。私は会社のみんなと5km×4人の駅伝に出場。順位はともかく気持のいい汗を流せました。それにしても基地の中はゴルフ場もあって綺麗なところでした。(携帯の写真なので画質はお許しを!)


スタートラインと万が一のための救急車 アメリカ!!って感じですね。
d0099854_20175874.jpgd0099854_20181377.jpg


d0099854_20244992.jpgd0099854_20382338.jpg最後にブログ初公開の私の写真です。→→



追申:舳倉島の野鳥、まだまだありますが、これ以上はmoreをぞうぞ!

More
[PR]
by harada5550 | 2009-06-07 19:38