タグ:ミサゴ ( 3 ) タグの人気記事
相模川の野鳥たち
 荒天の土曜日と打って変わった日曜日。快晴の天気にさそわれて、相模川を訪れてみました。のんびり朝食をとって9時ごろ出発。途中、タゲリ米で有名な場所を通ってタゲリを探しましたが確認できず。昼前になって現地に到着。河原では「ワンちゃん」の大規模なイベントをやっていて、愛犬自慢の人達がタープをはってバーベキューなどやりながら過ごしていました。また、定番の草サッカーや草野球の大会もやっていたり、葦原の中に車が止めてあるので何かな!?と思って行ってみると「釣り」の人でした。風が少し強いものの暖かく気持のいい快晴の空の下、皆さんそれぞれに楽しい休日を過ごしていました。
 さて、今日の目的のミサゴのダイビング撮影ですが、着いて目にしたのはユリカモメの群れでした。春に夏羽のユリカモメを見てから、久しぶりのユリカモメです。もちろ冬羽に変わっていてまた、違った趣でした。その他カモ類を見ながらミサゴを待ちました。

ユリカモメ 通常、カモメは海や沿岸部で見られるものですが、ユリカモメは「最も内陸まで飛来するカモメ」だそうです。
d0099854_2145758.jpg
d0099854_21452695.jpg

ユリカモメ カワウと一緒にいます。ここではカワウは「鮎を食べる害鳥」とのことで駆除されているようですが、さびしいモノです。
d0099854_21473239.jpg

舞い降りるユリカモメ
d0099854_21481948.jpg

マガモ アヒルの元となったカモです。オスの頭部が緑や青に光ってきれいです。
d0099854_21502943.jpg

オカヨシガモ 地元のレンジャーの方にマガモの中に混じっているオカヨシガモを教えていただきました。オスも地味で目立ちませんが、特にメスはマガモのメスとよく似ています。
d0099854_21544843.jpg

オカヨシガモ 地味で目立ちませんが、右がオスでくちばしが黒いのが識別ポイントです。
d0099854_2155348.jpg

ヒドリガモ メスと思いますが、1羽だけ混じっていました。
d0099854_21573078.jpg

ミサゴ 青空を背景に颯爽と飛ぶ姿が魅力的です。ここでは3羽同時に見られるそうです。
d0099854_2159122.jpg

ミサゴ ダイビング もう少し近くで・・・。お願いしますよ~。
d0099854_2201849.jpg

なかなか、上がってこないので狩は成功したかに見えましたが・・・
d0099854_2213138.jpg

結局、足には何も持っていません。失敗です。
d0099854_2222699.jpg


 ミサゴはこの後、飛び去りました。次に撮るときはもう少し近いのを撮りたいものです。
 また、来る途中で探したタゲリですが、タゲリ米の水田には今年も飛来していないそうです。肝心のタゲリがいなくて、ブランド米のタゲリ米のみになってしまうことがなければいいのですが。
 さて、相模川のこの場所は、車でよく通りかかるところです。しかし野鳥を見るのは初めて。完全にいままで見過ごしていた所です。珍鳥こそいませんが、そこそこ楽しませてくれるいいポイントです。また、何回か通ってみたいと思います。
 
[PR]
by harada5550 | 2009-11-15 21:36
アシ原にてハイイロチュウヒ
 今週は関東のアシ原へ遠出です。目的はハイイロチュウヒの塒(ネグラ)入りの撮影です。塒入りするのは午後3時すぎから。この日は途中に一箇所寄り道して午後1時すぎにゆっくりとしたポイント入りです。
 まずは定番ポイントの見晴らし台へ。本命は3時以降なので日向ぼっこをしながらの鳥見です。ここでもチュウヒとノスリを見ることができました。真上はスカイダイビングの落下ポイントになっているらしく色鮮やかなパラシュートを広げながらダイバーが降りてきます。あまりにのんびりしすぎて時間を忘れそうになります。
 おっと危ない!忘れてました。時間になりましたのでお目当てのチュウヒ塒いりポイントに移動です。途中、ミサゴがなにやら赤い大きな魚を運んで飛んでいます。錦鯉でも仕留めたのでしょうか。ポイントにつくとすでにカメラマンやBIRDERが陣取っていました。

ハイイロチュウヒオス 真正面から撮れました
d0099854_2116184.jpg

アシ原上空を飛ぶハイイロチュウヒオス
d0099854_21165390.jpg

夕陽を浴びて
d0099854_21173624.jpg

羽ばたいてくれました。
d0099854_2118529.jpg

かなり暗くなって現れたハイイロチュウヒオス
d0099854_21202642.jpg

颯爽と飛んでいきます。
d0099854_21212643.jpg

チュウヒ幼鳥も飛んできます。
d0099854_21221468.jpg

塒いり直前のチュウヒオス
d0099854_2123614.jpg

アシ原を飛ぶノスリ
d0099854_21235160.jpg

獲物の赤い魚を運ぶミサゴ
d0099854_21265615.jpg

お気に入りの枝にとまってこれから食事!?

d0099854_21274952.jpg


 この日はハイイロチュウヒのオスがよく出てくれました。昨年もこの場所で見ましたが、今年のほうが多いですね。今回はハイイロチュウヒオスが4羽見られたと思います。 ただ、塒入りする場所は決まっていないので、どこに下りるかは不明です。今回は一応撮れたものの距離が遠くいのと暗いのでボツ写真の連続でした。 猛禽の貴公子(と勝ってに言ってしまう)ハイイロチュウヒオス、次回はもう少し条件をよくして狙いたいです。
[PR]
by harada5550 | 2008-11-30 21:42
ミサゴ
 最近、近場の水場公園にミサゴが出ています。
 一週間前は一日中いてくれたのですが、ここ数日はカラスの襲撃に嫌気がさしたのか、あまり長くとどまってくれません。この日も午前中は来ませんでしたが昼近くになってトビをともないやっとお出まし。エサのボラも一発のダイブでしとめ余裕の食事。 (この日も着水の瞬間はとれず残念!) 一時はなんともう一羽のミサゴが出現。(その後、トビと判明。訂正します。) エサをねらわれましたがうまくかわしました。
 その後の水浴びや着水シーンをねらいましたが、ミサゴ君はお気に入りの枝でくつろいでいるばかり。そうこうしているとカラスがちょっかいを出し、それを嫌って山の方角へ飛び去っていきました。その後は戻らず。
 ミサゴは成長期には一日に大きなボラを3匹ぐらい食べるといいます。この若いミサゴはどこか他の場所で食事をしているのかも。カラスもカメラマンもいないところで・・・・。

さあ、枝の上からエサのボラを狙って、ダイビング体制へ。(目がすでにボラをとらえている! ような気がします)
d0099854_21482997.jpg

d0099854_21484578.jpg

d0099854_21485880.jpg

ところが、ボラを捕らえる瞬間が草でとれません!
水からあがってきたらすでにボラをつかんでいました。
d0099854_21504371.jpg

お気に入りの枝で食事。しっかりボラの頭を前にして頭から食べ始めます。
d0099854_21555024.jpg

食べははじめてから10分ほど。最後に尻尾まできれいに食べます。
d0099854_2157568.jpg

食事の腹ごなし?
余裕の滑空です。
d0099854_21574922.jpg

少し足をつけて水をはじきました。
d0099854_21583132.jpg

この後、お気に入りの枝にしばらくとまって山の方へと去りました。
しばらくいて通ってくれるといいですね。

[PR]
by harada5550 | 2007-09-24 22:07