タグ:ミツユビカモメ ( 3 ) タグの人気記事
漁港にてカモメいろいろ
 日本の有名なカモメポイントである関東の某漁港沖でこのところ地震が発生しています。一部被害も出ていて心配されるところです。
 今年はクロワカモメをはじめカナダ、アイスランド(カムリアン)と珍しいカモメに出会えました。カモメビギナーである私は大変得な気がしています。今回はそれらに比較して身近なカモメたちにスポットを当ててみました。(撮影日:2012年2月4日、26日)

セグロカモメ(Vega Gull)
基本種セグロカメモメ、モンゴルもアメリカもカナダもアイスランドもホイグリン系も、大雑把にはこのセグロの派生系みたいなものと認識しています。
d0099854_19473773.jpg
d0099854_19474867.jpg


オオセグロカモメ(Slaty-bached Gull)
これも冬の定番、オオセグロカモメ。第3回冬羽と思われます。
d0099854_19521431.jpg

オオセグロ第1回冬と第2回冬と思われます。
d0099854_19525541.jpg


シロカモメ(Glaucous Gull)
第1回冬羽の典型的な「雪だるま」です。
d0099854_21434334.jpg

d0099854_2147309.jpg

d0099854_21475288.jpg


ワシカモメ(glaucous-winged Gull)
第1回冬です。ここらへんがすぐにわかるようになりたいものです・・・
d0099854_21501993.jpg


カモメ(Mew Gull)
タダカモメです。中型カモメでウミネコのようなきつい目ではなく癒されます。
d0099854_2152345.jpg
d0099854_21521460.jpg
ウミネコ(Black-Tailed Gull)
日本ではどこでも見られますが、日本固有種とのことで外国人には人気です。やや派手で特徴もあるのかもしれません。
d0099854_2155937.jpg


ミツユビカモメ(Black-legged Kittiwake)
GullではなくKittiwakeというミツユビカモメは私が最も好きなカモメです。外洋性ですが、たびたび港湾にはいります。
d0099854_220221.jpg


ユリカモメ(Black-heded Gull)
普通種の小型カモメでこれも赤い嘴と足がかわいいです。
d0099854_2215065.jpg

カナダカモメと飛ぶユリカモメ
d0099854_2242124.jpg


一見、身近なカモメですが、実は奥深い鳥です。すこしづつ違いを見つけてあわてずじっくりと識別眼を養っていこうと思います。
[PR]
by harada5550 | 2012-03-18 19:47
小型カモメ(ユリカモメ、ズグロカモメ、ミツユビカモメ)
 湘南にやって来るユリカモメの数も日に日に増して、今日は複数の海岸で大きな群れを確認できました。銚子方面ではユリカモメは少ないのですが、三浦半島を中心とする湘南にはウミネコ、セグロ、オオセグロとともにユリカモメが数多くやってきます。ただ、銚子のほうが圧倒的に珍種がやってきますね。
 ユリカモメは小型カモメとしてごく普通の基本種ですが、白い冬羽の対して鮮やかな赤いくちばしと足が素敵です。第一回冬羽では初列風切羽の先が少し黒っぽく、くちばしと足はオレンジ色です。最近観察することができたズグロカモメとミツユビカモメとともに小型カモメ類としてまとめてみました。

ユリカモメの群れ。赤いくちばしと足が綺麗です。手前のウミネコ、奥のオオセグロカモメとともに。
d0099854_21334162.jpg

時々、飛び立ちますが、すぐに戻ります。
d0099854_21342779.jpg

オオセグロカモメとユリカモメ 並ぶとユリカモメの小ささがわかります。
d0099854_21365594.jpg

ユリカモメ 成長冬羽(くちばしと足が赤)と第一回冬羽(くちばしと足がオレンジで初列風切が褐色)の違いがわかります。
ユリカモメは二年で成長になります。
d0099854_21393297.jpgd0099854_21394957.jpg


ズグロカモメ成長冬羽とミツユビカモメ成長冬羽。
ズグロカモメはくちばしが黒く、足は暗赤色。ミツユビカモメはくちばしが淡黄色でバナナのような形で足は黒っぽいです。
d0099854_21444190.jpgd0099854_2145316.jpg


ズグロカモメ成長冬羽 この日はポツンと一羽でいました。レッドブックでは絶滅危惧Ⅱ類です。
d0099854_21534124.jpg

ズグロカモメ成長冬羽 ミヤコドリとともに。ユリカモメも古典では「ミヤコドリ」と記されているのでややこしいです。
この写真ではズグロカモメの足の暗赤色がよくわかります。
d0099854_21491138.jpg

ミツユビカモメ 外洋性のカモメで航海上でよく観察されるそうです。この日は港内で見つけられました。
d0099854_2152530.jpg

ユリカモメ成長冬羽を三枚掲載。 止まりモノと飛びモノです。
d0099854_21553247.jpg
d0099854_2155483.jpg
d0099854_2156585.jpg

ユリカモメ第一回冬羽 翼が白くないのがわかります。
d0099854_21572661.jpg


 小型カモメ類の魅力はなんといってもその「可愛さ」です。虹彩は暗色で大型カモメのようなキツサがありません。顔の表情もマイルドな感じがします。湘南三浦海岸のユリカモメは春になると夏羽にはえかわり頭が黒く染まっていきます。そのころには、より大きな群れになって北に旅だって行くのでしょう。

ユリカモメの画像がもう少しあります
[PR]
by harada5550 | 2010-01-17 20:32
春の漁港にてカモメ類
 お待たせしました湘南といえばカモメ。先週と今週は二週連続でカモメウォチングです。場所は湘南と千葉の銚子です。
 当ブログは「湘南BIRDER」というタイトルですが、湘南にふさわしいカモメ類はいまだに未掲載でした。というよりもカモメ類は識別が難解でまったくわからないというのが本音です。水鳥の中でも海鳥は私のもっとも苦手なところで興味もわきませんでした。ところがふとした機会から銚子にカモメを見に行って識別を教わってから世界が開け面白くなってしまいました。いままで避けていましたが、今週は土日ともに地元湘南のカモメを見に行ってしまいました。(二週間分で枚数多いですが、よろしければご覧ください)
 
ユリカモメの群れ。湘南にて。
「渡去前の3月にはユリカモメがぐっと数を増し、1万羽ほどにもなる」(日本の探鳥地首都圏編-BIRDERSPECIALから)
d0099854_2215551.jpg

ユリカモメの群れにはすでに夏羽になっている個体も混じっています。
d0099854_2217011.jpg

消波ブロックはカモメたちの居心地のいいすみか。ウミネコとユリカモメ。
d0099854_22181451.jpg

続いて基本種、オオセグロカモメ。日本で繁殖する大型カモメ。中央の大きいカモメです。
d0099854_2219382.jpg

これも基本種。セグロカモメ。ワカと一緒に。
d0099854_22215868.jpg

少しめずらしいシロカモメ。ワカだと思います。
d0099854_22225498.jpg

もう一羽、シロカモメです。
d0099854_22233229.jpg

これも、応用編ですか、ワシカモメ。初列風切羽の先が灰色です。この日は気持よさそうに寝ていました。
d0099854_22235195.jpg

少し小型のカモメ、ミツユビカモメです。くちばしがバナナみたいだそうです。
d0099854_22253968.jpg

ミツユビカモメ。警戒心が強く飛ばれてしまいました。
d0099854_22262325.jpg

左から二番目。一見セグロカモメですが、足が短くて、頭の形も違いませんか?ひょっとして・・・・?。
d0099854_22304481.jpg

再び、ユリカモメ。頭の黒い夏羽が舞い降りました。
d0099854_22321726.jpg

ユリカモメ。なぜか皆こちらを向いています。
d0099854_2234046.jpg

カモメ基本種。ユリカモメがウミネコにチョッカイを出しました。
d0099854_22392768.jpg


二週連続の海鳥ウォッチング。もうひとつの楽しみは海の幸の昼食でした。この日は漁協の直営食堂に行きました。1500円のおまかせ定食を頼むと、刺身に煮魚、小魚のてんぷらに、ホタテの煮物、さらにはワカメのしゃぶしゃぶまで出てきました。完全に味をしめてしまいましたね。しばらく海鳥めぐり、続きそうです。
[PR]
by harada5550 | 2009-03-29 22:45