タグ:ミヤマホオジロ ( 1 ) タグの人気記事
秋の渡りの野鳥―7(ミヤマホオジロ、カシラダカ、タゲリ、オジロビタキ、ジョウビタキ)
 11月初旬の日本海沖の島は気温が高く、冬鳥に期待しましたが、マヒワやベニヒワは一羽もいませんでした。その代わり圧倒的に多かったのがただのツグミ、そしてよく目に付いてのはジョウビタキとカシラダカ、そしてミヤマホオジロでした。いずれも関東では冬鳥ですが日本海の沖合いの島ですので、渡りの途中と思われます。その他、オジロビタキやルリビタキ程度で島は閑散としていました。同行のBIRDER氏と3日で51種類という結果に終わりました。
(撮影日:2011年11月3~5日)

ミヤマホオジロ(Yellow-thoated Bunting)
ミヤマホオジロは北東アジアで棲息、繁殖しますので欧米では珍しい鳥です。東部の黄色と黒のコントラストが綺麗で好きな野鳥です。
d0099854_21403669.jpg
d0099854_21404914.jpg


カシラダカ(Rustic Bunting)
英名のRusicとは「地味な」とか「田舎の」という意味です。同じように冠羽のあるミヤマホオジロと比較すると地味な感じがします。
d0099854_21485385.jpg
d0099854_21492749.jpg


オジロビタキ(Taiga Flycatcher)
オジロビタキは日本の図鑑ではニシオジロビタキ(Red-brested Flycatcher)が載っていることが多いのですが、逆に日本で見られるのは本種のTaiga Flycatcherが多いと思います。私も何度か見ていますが、すべてこのTaiga Flycatcherだと思います。枝被りで条件が悪い中の撮影でした。
d0099854_21563048.jpg
d0099854_21564337.jpg


タゲリ(Lapwing)  
海上を9羽が飛んでいました。タゲリはヨーロッパからアジアまで広範囲に分布しています。湘南地方では冬の渡り鳥タゲリの越冬地である田んぼを保護するために、農家と協力して「湘南タゲリ米」という米を販売しています。かつては多く飛来しましたが、ここ数年は10羽程度しか訪れなくなりました。
d0099854_2243730.jpg


ジョウビタキ(Duarian Redstart)
メジャーな冬鳥、ジョウビタキです。我が家でも堆肥をまいた花壇にやってきます。北東アジア地方のみに棲息します。
d0099854_22123368.jpg


11月も下旬になるとこの島では民宿が休業します。この時期から来年の春の渡りまでの冬の時期はBIRDERも減ります。
[PR]
by harada5550 | 2011-11-19 21:40