タグ:ムギマキ ( 5 ) タグの人気記事
秋の渡りの野鳥―4(ヒタキ類)
 この時期、秋の渡りのヒタキ類に期待します。特にムギマキは中国北部からモンゴルにかけての地域で繁殖し、東南アジアで越冬します。渡りのコースとしては西日本、もしくは日本海側が中心で関東では数年前に秋が瀬で見られた他はほとんど見られません。長野県の森林公園にも何回か行きましたが、写真には撮れませんでした。昨年春には北海道の天売島で見ることができましたが、今年は日本海側の石川県の島にて見ることができました。今月はその他に、神奈川県、静岡県でエゾビタキ、キビタキ、オオルリを見ることができました。
(撮影日:2011年10月1日から9日)

ムギマキ(Mugimaki Flycatcher)
最初はメスかと思いましたが、ムギマキの1st-Winter♂だと思われます。1st-Winterは本来の渡りのコースからやや外れることが多くこの個体もそうだと思います。
d0099854_19315897.jpg

d0099854_19322613.jpg
d0099854_19324964.jpg


エゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)
この時期、身近なエゾビタキです。この鳥は神奈川でもポピュラーです。秋の渡りの代表というイメージです。ミズキの実を食べに来ます。ホバリングするのですが撮れず。手持ちで厳しい撮影でした。
d0099854_19362044.jpg
d0099854_19363093.jpg


キビタキ(Narcissus Flycatcher)
これもご存知キビタキです。夏鳥ですが比較的遅くまでいてくれます。
d0099854_19394977.jpg
d0099854_1940954.jpg

水浴び中ですが、一緒にいるのはオオルリメスもしくはワカと思います。
d0099854_19434559.jpg

オオルリと思われる個体
d0099854_1944351.jpg


このほかに、コサメ、サメ、オジロなんて出てくれると嬉しいのですが、そう簡単にはいきません。
[PR]
by harada5550 | 2011-10-23 19:33
天売島にて海鳥と春の渡り-3(ヒタキ類)
 渡りの人気の小鳥といえばヒタキ類です。春の渡ってくるオオルリ、キビタキ、秋の渡りのエゾビタキ、ムギマキ、コサメビタキ。ここ天売島では両方の渡りのヒタキに会うことができました。
 特にムギマキは昨年秋に戸隠にこの鳥目的で行ったのですが、残念ながら見ることができませんでした。本来、ムギマキはその名のとおり秋の「麦蒔き」の時期の鳥。ところが私は春の「渡り」でしかも日本海側の島でしか見たことがありません。年によっては関東にも現れますが私はそこでも会えていません。今回も期待していませんでしたがやっぱりあのオレンジ色には感動です。

ムギマキ 森を歩いていると黒い鳥が目の前を横切りました。
d0099854_22505041.jpg

ムギマキ 早朝の天売島の森の中での出会いです。
d0099854_2252114.jpg

ムギマキ 森の中に消えていく中で胸のオレンジが強烈でした。
d0099854_22531035.jpg

エゾビタキ この鳥も関東では秋の鳥です。ここエゾではどうなのか?
d0099854_22541447.jpg

コサメビタキ やっぱり目がパッチリです。
d0099854_2255812.jpg

コサメビタキ この鳥に会うと得した気分になります。
d0099854_2256219.jpg

キビタキメス 実はお墓のブロックの上にいます。
d0099854_2257480.jpg

オオルリ オスとメス 離島のオオルリはどうも元気がありません。時にオスは長旅の疲れかが見えます。
d0099854_22582635.jpg
 
オオルリ メス こちらは元気に飛び回っていました。
d0099854_22591265.jpg

オオルリ メス (天売島の中では)街中での撮影です。
d0099854_232795.jpg


 ここ数年、春の渡りの季節は離島を訪れています。少し遠くてもまとめて撮ることができます。あまり効率を求めるのも何ですが、密度の濃い鳥見になること間違い無しです。
 天売島特集、まだまだ続きます。
[PR]
by harada5550 | 2010-05-27 22:39
森林公園にて(ムギマキのはずが・・・・)ゴジュウカラ
 今週末は天気を期待していたのですが、金曜日の予報からあやしくなって結局、曇りか雨になってしまいましたね。そろそろ秋の高原でムギマキが撮れる頃かと期待していました。まえまえから土曜日には行こうと思っていましたが、事前情報を集めてみると「今年はダメだ!」とのこと。なんでもツルマサキの赤い実が熟するのが遅れてムギマキが通過する時期とタイミングが合わず、すでに抜けてしまっているような状態だとか。まあ、それでもとにかく行ってみようかと思い午前3時出発で出かけてみました。
 現地着7時半。すでにかなりの車が駐車場に止まっていました。中には知合いのカメラマンと思われる車も止まっています。ツルマサキポイントに向かうとまず出迎えてくれたのは何とサルの群れ。まだ紅葉見物の観光客もほとんどいないためか我が物顔で木の実を食べていました。ツルマサキポイントに着くやいなや、今度はエナガを中心としたカラ類の混群が出迎えてくれました。中にはアカゲラ、アオゲラ、コゲラなども混じっておりかなり大きな混群でした。このときは「期待できる」と思い双眼鏡で鳥を追っているだけでした。カメラマンは10人ぐらいでしょうか。なんとその中の一人がムギマキのワカを撮っていました。今の混群に混じっていたみたいです。それから混群を待つ長い一日が始まりました。
 結果はタイトル通りムギマキは撮れず。その他の小鳥もゴジュウカラばかり。たまに来るマミチャジナイ、アカゲラやアオゲラも空抜けどころかシルエット。10時頃にもムギマキオスの成長を撮った人が一人いましたがそれ以降も結局ダメでした。おまけにほぼ丸二年使用しているD300が調子不良。せっかくのシャッターチャンスにエラー表示でシャッターが切れません。予備でもってきたD70sに切り替えての撮影でしたが、お目当ての鳥が出てこないのではどうしようもありませんね。

ゴジュウカラ この日は主役でした。まあ、これもあまり撮れる鳥ではありませんので良しとしましょう。
d0099854_19215283.jpg

ゴジュウカラ 秋の森林公園の雰囲気が出てると思います。
d0099854_19242196.jpg

イナバウアー(もう既に死語かもしれませんが・・・)です。
d0099854_19244749.jpg

もう一枚 イナバウアー
d0099854_19333575.jpg


これではさびしいので、ここから未公開のムギマキの在庫写真を4枚。
季節は春でした。秋のムギマキはないので季節的には合わないのですが・・。ご了承ください。

ムギマキ ツルマサキの実とコレ!の組み合わせが目的でした!
d0099854_19295178.jpg

d0099854_19313344.jpg

d0099854_19315347.jpg

d0099854_19321566.jpg


 今年の秋のムギマキの時期は終わったようです。来年の春秋の渡りに期待しましょう。
 ムギマキの英名は Mugimaki Flycatcher だそうです。何と学名もFicedula mugimakiだそうで、秋の麦蒔の時期に日本を通過することが名前になっています。夏は中国北東部やシベリア南部で繁殖し冬は東南アジアに渡り、その通過するわずかな期間の日本での名前「ムギマキ」が英名や学名になっているのも興味深いものですね。
[PR]
by harada5550 | 2009-10-25 19:19
ヒタキ類(舳倉島特集その3)
d0099854_1905364.jpg 先週の東京はヤツガシラが出て話題をさらいましたね。私は一歩間に合わずに撮影できませんでしたが、今回は多くの方が撮影できたのではないでしょうか。毎回一日違いで抜けてしまいますので次回は必ず撮りたいものです。できれば、今週は舳倉島特集ではなくヤツガシラにしたかったのですがどうしようもありませんね。
 前置きが長くなりましたが、今週は舳倉島で出会ったヒタキ科の鳥です。今回はムギマキ、キビタキ、コサメビタキ、オオルリの4種類に出会えました。これといった珍しい鳥はいませんが、やっぱりムギマキが撮れるとうれしいですね。秋ではなく春の渡りの時期に撮れるのもいいもんです。夏鳥の常連さんのキビタキ、オオルリも目の前に「ヒョッコリ」出てきて目線で撮れるのも舳倉島のいいところです。


ムギマキオス→
松の間の暗い枝でした。なかなか抜けたところにでてくれません。
お腹の橙色が魅力です。




d0099854_1945198.jpg
ムギマキオス→
同じ位置の右向き写真、前の枝さえなければ前の写真より表情がいいです。



こちらおなじみのキビタキ やっぱりこの鳥は美しいですね。
d0099854_1982292.jpg
 
こちらはノートリです。近すぎました。
d0099854_1993020.jpg

一方、地味なキビタキメス 控えめな美人です。
d0099854_19105640.jpg

コサメビタキ この鳥も舳倉島のあちこちにいました。
d0099854_1911322.jpg

こちらは他の枝どまりです。
d0099854_1912312.jpg

水場のコサメ 目がパッチリが特長です。
d0099854_19125492.jpg

オオルリ 昨年、同じ場所で弱りきった飛べないオオルリを見ましたが今年は大丈夫です。
d0099854_19143086.jpg

湘南の森では木の上の方でさえずっていて、なかなか目線で撮れないのですが、これば目線です。
d0099854_19184046.jpg

オオルリ、幸せの青い鳥です。
d0099854_19201220.jpg

オオルリメス 綺麗に緑の中に溶け込んでいました。
d0099854_19213866.jpg

最後に海岸線のコサメビタキ 前回掲載のジョウビタキオスと同じ海岸線にいました。渡ってきたのかこちらはお疲れモードでした。
d0099854_19233730.jpg


旅鳥の交差点、舳倉島ではヒタキ類が休憩のために立ち寄ります。冬鳥も夏鳥も渡ってきた直後は疲労困憊の様子ですが、島内で栄養補給し、再び大海原へと繰り出していきます。こんな小さなヒタキ類の生命(いのち)の力強さを感じずにはいられませんでした。
[PR]
by harada5550 | 2009-05-17 19:29
ヒタキ特集
  舳倉島の鳥たちをいままでペースで掲載していくとかなりの日数がかかると思いますので少しペースアップしていきたいと思います。
 というわけで舳倉島で撮れたヒタキをまとめてみました。初撮りはムギマキだけでしたが、キビタキ、オオルリ、コサメを載せます。ムギマキは昨年秋に首都圏でも撮れたみたいですが私は撮れませんでしたので今回撮れてよかったです。
 キビタキ、オオルリはそこかしこにいて、いつでも撮れるという感覚でした。ただ、渡りの長旅の疲れか少し元気がなく、さえずりも聞こえませんでした。あるオオルリは体力がなく地面でうずくまっていましたが、最後には飛ぶことができました。渡りの厳しさと鳥の生命のたくましさを感じることができました。

ムギマキ 本来は「麦蒔」の時期、秋に多いそうです
d0099854_2215797.jpg
d0099854_222838.jpg

ムギマキ 松についていた虫を食べていました
d0099854_22162952.jpg

コサメビタキ 体の割りに大きな眼がかわいいです
d0099854_223978.jpg

キビタキ 少し若い個体なのかお腹が白いです
d0099854_2210282.jpg

こちらはメス
d0099854_22102316.jpg

地面のオオルリ なかなか飛べませんでしたが、何とか飛んでいきました
d0099854_22104412.jpg

枝にとまるもさえずりませんでした
d0099854_22111545.jpg


 全体的にヒタキ類は多かったです。
 マミジロキビタキは一度だけ見かけましたが、写真は撮れませんでした。綺麗なレモン色が印象的でした。
次の機会にぜひ写真に撮りたいです。
[PR]
by harada5550 | 2008-05-10 22:14