タグ:ルリビタキ ( 14 ) タグの人気記事
秋の舳倉島にて(2)
 秋の舳倉島ではオジロビタキがよく見られます。今年も出会うことができました。ヒタキ類は小さな飛んでいる虫を採餌しますので英語ではFlycatcherです。今年はその虫が木の上の方に居るのか、地面近くに下りてきません。オジロビタキはウグイスやヒガラとともに混軍のように盛んに採餌しており、さらにルリビタキまで加わって林の中は小鳥たちで賑やかでした。
 さて、ヒタキ類ですが、昨年の「日本産鳥類目録改訂第7版(日本鳥学会,2012)」において、ツグミ系ヒタキも含めてスズメ目ヒタキ科になりました。オジロビタキはその中のキビタキ属に分類されます。ルリビタキも同じキタキ科ルリビタキ属に分類され、名前だけではなく正式に親戚になりました。ただし個人的には足が長く地面に降りることが多い旧ツグミ系ヒタキ類と、樹上にいることがほとんどのヒタキ類をひとくくりにするのに、学術的な分類ですので正しいのでしょうが、少しだけ違和感があります。(撮影日:2013年11月3日)

※11/12 文章を一部訂正しました。※


亜種ニシオジロビタキ(Red-brested Flycatcher)

 この個体はオジロビタキだと思いましたが、ベテランBIRDER氏の指摘を受け再度確認のうえ、亜種ニシオジロビタキであると訂正します。日本で見られるオジロビタキはほとんどが亜種オジロビタキ(Taiga Flycather)だと思っておりましたが。中には亜種ニシオジロビタキと思われる個体もそこそこ見られるそうです。ただし喉が鮮やかな亜種ニシオジロビタキ成鳥♂は、ほとんど見られません。改めてイギリスの「COLIINS BIRD GUIDE」図鑑で確認しましたが、今回の個体は1st-winterだと思われます。喉に薄い黄色み(図鑑ではBuff)があるように見え、亜種オジロビタキの嘴が全体に黒いのに対して、この個体の嘴下部は明らかに黄色みがあります。鳴き声もネットで亜種ニシオジロビタキと亜種オジロビタキを聞き比べましたが、亜種ニシオジロビタキであると認識できました。
d0099854_19444746.jpg

d0099854_19494788.jpg


嘴を下から見た写真です。嘴基部に黄色みがあります。
d0099854_23293846.jpg

d0099854_19495719.jpg


ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)

はれてヒタキ科の親戚になったルリビタキ。見た目はオジロビタキよりこちらの方が目立ちます。メスもしくは若鳥タイプですが、肩羽から雨覆にかけて若干青みがありますので若鳥でしょうか。
d0099854_19584656.jpg


こちらは、メスタイプでしょう。
d0099854_200422.jpg


亜種ニシオジロビタキに出会えたことは素直にうれしく思います。
他にも舳倉島には、ノビタキ、ノゴマ、ジョウビタキなどがいましたがこれらもひとくくりに「スズメ目ヒタキ科」ですね。
[PR]
by harada5550 | 2013-11-10 19:42
冬の青い鳥と赤い鳥
 今週末日曜はカラっと晴れ渡り、湘南地方では雪をかぶった富士山が間近に眺められました。午前中は海岸線をジョギングし、午後からは用事があったため今日は鳥撮りはできません。昨日は天気がもつだろうと午後からアリスイの公園に行ってみたら本降りになってしまい、アリスイどころかモズやアカハラも撮れませんでした。「今年は冬は野鳥の数が少ないですね。ヤマシギは先週はいったのに今日はダメ。めずらしいのもこのところ見られないし」などと会話をしながら過ごすもシャッターを一回も押さずに撤収。
 最近の掲載するものがなくなりましたので、前回ルリメスを掲載しましたから、まだ掲載していない過去のルリオスを載せさせて頂きます。撮った時期は2月ですが、青色のしっかりした綺麗なルリオスでした。同じ日に撮りましたベニマシコを一緒に載せてみます。

ルリビタキ 西日を体全体に浴びて
d0099854_1945564.jpg

ルリビタキ 岩の上で
d0099854_19454346.jpg

ルリビタキ お気に入りのお立ち台から振り返り
d0099854_19472353.jpg

ルリビタキ 青の綺麗な個体でした。
d0099854_195337100.jpg

ベニマシコ フワフワのセイタカの上で
d0099854_1956177.jpg

ベニマシコ この木は何の木でしょうか?
d0099854_2003040.jpg

ベニマシコ 偶然撮れた飛び出し
d0099854_1959565.jpg


 このごろ、鳥見の傾向が変わってきまして水鳥や珍鳥狙い、飛びモノ狙いになってきました。鳥を見始めたころにカワセミやルリビタキオスに感動していました。「そー言えば、最近撮ってないな~。」なんて思って過去の写真を探してみると、改めてその美しい青さにハッとさせられます。身近にこんな綺麗な鳥がいるのを知ったときの感動を思い出しました。
 
[PR]
by harada5550 | 2009-12-06 13:15
山の泉の冬鳥(ルリビタキ、アトリ、ソウシチョウ)
d0099854_1922237.jpg 今週末は、用事が重なり鳥撮りは休みです。土曜日は天気も良くて気温も穏やかで鳥撮りに行きたかったですね。
 さて、今回は先日載せた「山の泉のカラ類の混群以外の鳥」を載せてみたいと思います。
 混群のカラ類はさすがににぎやかで、エナガなどは一度の10羽近くが一度に水浴びします。それに対してルリビタキは一羽のみで訪れます。アトリも冬場はよく群れで来ますが、今回は単独でした。昨年大きな群れを撮る事ができましたので少し寂しい気もします。
 来週からは暦の上でも冬です。今頃、ここの泉も秋の風景では冬の景色になっていることと思います。


ルリビタキメス 今回、オスはいませんでしたが、久々の再開です。
d0099854_1932172.jpg
 
苔むした倒木の上で
d0099854_1935382.jpg

d0099854_1971032.jpg

メスも尾が青くて綺麗です。
d0099854_1952671.jpg

アトリ これも頭の色の濃いオスではありません。
d0099854_1982686.jpg

アトリが来るようになると冬って感じですね。
d0099854_19921.jpg

アトリは枯れ枝が似合います。
d0099854_1994086.jpg

ソウシチョウ ご存知篭脱けの代表です。本来台湾より南の暖かい場所にに生息しているのですが私は秋から冬にしか見たことがありません。
d0099854_19134330.jpg

色の華やかなソウシチョウは秋の紅葉の中でも少し派手ですね。
d0099854_19145663.jpg


 次回はルリビタキオスにあいたいですね。野鳥を撮り始めたころはよく追っていましたが最近はあまり会わなくなりました。でも興味がなくなったわけではありません。殺風景な冬景色の中に鮮やかな青い鳥を見つけたとき幸せな気分になります。
 ソウシチョウは外来生物法で特定外来生物に指定されており、日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっているそうです。江戸時代から飼われていたそうで随分、昔から知られていた鳥なんですね。でも侵略的外来種ワースト100の指定はかわいそうですね。ソウシチョウには罪がないのですから。
[PR]
by harada5550 | 2009-11-29 19:00
冬の森にて小鳥
 今週末は3連休。皆様、それぞれ有意義におすごしかと思います。山には雪も積もり本格的な冬鳥の撮影シーズンになったと思います。
 私も年末年始に雪の中の小鳥が目的に少し遠出をしました。お目当てはイスカ、オオマシコです。ところが2回でかけましたが、運悪く撮れませんでした。今回はそのときに撮りました森の冬鳥を載せてます。
 イスカは撮るのが難しい鳥ですね。ポイントは広いし、どこに止まるかも運しだい。仮にとまっても松の枝のかなり高いところで背景がぬけません。チャンスはだいたい午前中一回あるかないかで、そのときにとまったところが悪いとその日はそれで終わりです。
 イスカをあきらめた後は、雪の中でウソ、ルリビタキ、アトリ、カシラダカ、コゲラを撮ることができました。ウソはその後、別のところでかなり赤いオスを撮りました。アカウソかも知れませんが、不明です。

ウソ 雪の森で木の芽(実?)を食べていました。こういうときは樹木に詳しくなりたいです。
d0099854_893029.jpg

ウソのオス この個体は胸から腹にかけてかなり赤いように思います。
アカウソであれば、冬鳥として渡来する亜種アカウソです。
d0099854_811868.jpg

光の加減で「目」が出ません。
d0099854_8113960.jpg

目が出るところにとまったときはかなり枝かぶりでした。距離が近いのに残念です。
d0099854_8124313.jpg

ルリビタキ オスの若でしょうか。
d0099854_8155156.jpg

メスは人なつこくて、ほんのすぐソコまで出てきました。雪の上でないのが残念です。
d0099854_817201.jpg

アトリ 私が通りかかると地面から枝の上に上がりました。枝かぶりですが・・・
d0099854_8184368.jpg

カシラダカ 気がつくと遠くにカシラダカがいました。
d0099854_820421.jpg


イスカ
難しい鳥です。これが目的でした。
高い木の上のほうに10数羽の群れで飛んできます。ところが松の枝の中に入ってどこにいるか見えません。光線のあたり具合も厳しいです。
証拠写真を二枚載せてみます。かろうじてくちばしが交差しているのがわかります。
この2枚はそれぞれ別の日ですが、時間はいずれも9時10分ごろです。その後はいるのですがほとんど上空通過です。イスカは飛びながら鳴くのですぐわかるのですがこればかりは仕方ないですね。
d0099854_823526.jpgd0099854_8234271.jpg


このポイントでは今年はイスカの当たり年だそうです。冬の間はいると思いますので、気が向けばまたチャレンジしようと思います。
あんまり気合入れて出かけますと撮れない時がつらいので、撮れたらいいやぐらいの軽い気持ちで行きましょう。
[PR]
by harada5550 | 2009-01-11 23:50
高原の泉にてルリビタキ
d0099854_21462933.jpg
 雨上がりの土曜日。快晴の天気に恵まれ、久々に高原の泉を訪ねてみました。この日の目的はルリビタキとベニマシコです。冬鳥のなかでも憧れの青い鳥と赤い鳥の両方を一日で撮ってしまおうと欲張りな計画と立てました。今年の夏は高山のルリビタキを撮っていません。久しぶりの出会いに期待です。
 今は冬至間近の昼間の短い季節。夜明けも6時半ごろのため、朝はゆっくり出発。泉には8時頃到着です。数名の先客の中にカメラを並べさせていただきました。
 夜明けから来ている方に聞くとこの日は鳥の出があまり出がよくないとのこと。ルリビタキも「カッカッ!」と地鳴きしているのですが、目の前には出てきません。カラ類はひっきりなしに現れるのですが、ルリビタキは近くまで来て、素通りです。
 そんな中、9時半になってやっと姿を見せてくれました。何度も撮っている鳥ですが、久々の出会いにやっぱり感激です。


ルリビタキオス 背景が抜けたいい枝に止まってくれました。
d0099854_21474833.jpg

自然のお立ち台の上で
d0099854_21504313.jpg

山の泉にて飛び出し直前。(飛び出しはSSが上がらず、ブレていて掲載不可能です(笑))
d0099854_21522864.jpg

さあ、これから水浴びです。
d0099854_21531482.jpg

ここでルリビタキが水浴びするのは始めて見ました。
d0099854_21555277.jpg


さて、まずはルリビタキゲットです。
 最初の目的は達成したため早めに次のベニマシコポイントへ移動です。ただし、ここからがよくありませんでした。ベニマシコポイントのアシ原にはカワラヒワ、ホオジロはいるのですが肝心のベニマシコの気配がありません。しばらく待ちましたが、仕方が無いので、以前撮影したことがあるポイントにもいきましたが、カワラヒワのみです。ベニマシコが目的のためカワラヒワは撮りませんでした。今思えば撮っておけばよかったと思います。

ホオジロ、アシ原の代表ですが、今回は目的ではありません。
d0099854_2215447.jpg


結局、この日は最後まで目撃すらできませんでした。
仕方が無いので先週、別の場所で撮ったブログ未公開のベニマシコを載せます。
d0099854_224459.jpg


 今回は目的が達成できずに残念でした。最近、割と「鳥運」が恵まれていたので、まあこんな日もあるでしょう。まあ、ルリビタキに久しぶりに出会えたので「良し」としますか・・・。
[PR]
by harada5550 | 2008-12-07 22:11
ルリビタキ
ルリビタキ撮ってきました。
きれいなブルーの個体です。
今年は暖冬ですので
高山への旅立ちも早いのではないでしょうか。
なるべく、近くで長く撮れるといいですが・・・

水辺で
d0099854_2343597.jpg


杭の上で。
この個体はワカです。
d0099854_2345038.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-03-06 23:17
今回も本命にはふられました。
が、贅沢な代役としてルリビタキが相手をしてくれました。

今日はうちの近所の公園にめずらしい鳥が出ているという噂を聞き
ただし、撮影距離は遠いとのことでデジスコかついでバイクででかけました。
期待して行きましたが、まともに撮れません。
あきらめて帰ろうとすると、ルリビタキの地鳴きが・・・・
ぬけのいい映像や、花とはとれませんでしたが、
オスが相手をしてくれました。
最近は雪の中が多かったのですが、
緑の中もいいですね。

d0099854_18262220.jpg


コケの岩の上
d0099854_18265960.jpg


枝がわずらわしいですが・・・
d0099854_18273975.jpg


シロハラも意外にかわいい!!
d0099854_18292428.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-02-04 18:31
ルリビタキ対ジョウビタキ
今日はジョウビタキとルリビタキの縄張り争いを見ました。

でも、強いのはジョウビタキ。
自分のお気に入りの枝にルリビタキがとまると
それをめがけて突進です。まるで猛禽のようでに一直線。
同じヒタキで泣き声も近い近似種なのでそうなるのかもしれません。

今回はルリビタキとジョウビタキが同じ枝にとまっているのを
別に撮影しました。
d0099854_22315116.jpg
d0099854_2232461.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-01-21 22:41
ルリビタキ三昧
このルリビタキのオスはきれいでした。
3年目以降でしょうか。
いままで少し黒いオスが多かったので
このようなオスがとれて運が良かったです。

d0099854_22385530.jpg
d0099854_22381651.jpg
d0099854_22391186.jpg
d0099854_22393264.jpg
d0099854_22395339.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-01-21 22:16
今日は雪のない公園
今日は雪のない公園で撮影です。

といっても途中で雪が振りました。
気温も日中で5度で寒かったです。
さて、このルリビタキメスは
用心深くてなかなか出てくれませんでした。
遠くからですが撮りました。
d0099854_22161225.jpg

[PR]
by harada5550 | 2007-01-20 22:14