海岸にてキョクアジサシ
 湘南の海岸にまたもや珍鳥出現です。めずらしいアジサシ中のアジサシ。キョクアジサシです。
 その名のとおり、北極から南極まで渡ります。その距離実に2万km。それを往復するのですから1年で4万km。しかも自力で渡るのですからすごいものです。夏は北極で繁殖するそうですが、この個体は迷鳥として日本にやってきたのでしょう。気になるのは滞在時間の長さ。私は23日の金曜日の朝、出勤前の1時間半で観察、撮影したのですが、20日火曜日に発見されてからずうっといるとか。翼の一部で皮脂が少なくなり濡れているようにも見えますので、元気がないかもしれません。日本にくる迷鳥は本来のル渡りのルートからはずれている場合が多く、体力的にも弱っている場合が多く、そのため落鳥するものもあると聞いています。このキョクアジサシもその可能性がありますが、できれば元気に飛び立って再び長距離を渡っていって欲しいものです。
 
キョクアジサシ クチバシと足が赤く、クチバシは短かく、足は極端に短かく、尾が長いのが特長です。
また、雨覆羽がグレーであるのもし識別ポイントです
d0099854_229211.jpg

頭部を中心としたアップ写真。このとき実に」距離10m以下。アジサシ類がこんなに近くで撮れたのは初めてです。
d0099854_22105542.jpg

ベニアジサシ 最近撮った写真です。比較として掲載します。ベニアジサシも足が短く、尾が長いのが特徴ですが、こちらのほうが足は格段に長いです。他の識別ポイントはベニアジサシはお腹が白くほんのりピンク色がかっていることです。
d0099854_22153190.jpg

クロハラアジサシ これも比較のために掲載です。色はこちらのほうが黒っぽいですがよく似ています。やはり足の長さが全く違います。
d0099854_22162367.jpg

再びキョクアジサシ 朝陽をあびた振り返りです。
d0099854_22171916.jpg

キョクアジサシ 飛び出し3枚。翼を伸ばして伸びーの姿勢。
d0099854_22183051.jpg

一気に飛び出し。
d0099854_22193297.jpg

残念! 顔が羽で見えません。燕尾の特長がよくわかります。
d0099854_22205836.jpg


毎年、この季節はアジサシの便りが聞かれます。中にはコアジサシのように日本で営巣してコロニーをつくります。アジサイは夏の強烈な太陽の下、沖縄で一度撮りたいと思ってました。ところが湘南でこの珍鳥出現。湘南の海も油断できないものです。
[PR]
by harada5550 | 2010-07-25 22:02
<< 休耕田にてシベリアオオハシシギ 槍ヶ岳(槍沢から) 梅雨明けの... >>